生後0ヶ月・新生児の赤ちゃんの身長や体重、育児のポイントは?

生まれた日から生後4週間までの赤ちゃんを「新生児」と呼び、生命の危機が特に高い生後1週間までの期間を「早期新生児」といいます。生後0ヶ月の新生児期は、全く違う環境に慣れて発育していくための大切な時期ですが、どのように成長や変化をするのでしょうか?今回は、生後0ヶ月の赤ちゃんの身長や体重、育児のポイントをご紹介します。

生後0ヶ月・新生児の赤ちゃんの身長や体重は?

赤ちゃん 新生児 体重 泣く 測定 秤 体重計

厚生労働省が今母子健康手帳で示している発育曲線に従うと、新生児の赤ちゃんは、身長44~57センチ、体重は2.1~5.2キログラムで、男女差や個人差があります。

新生児の体重増加の目安は1日20~30グラム程度で、1ヶ月検診で700~1,000グラム増えていれば、おっぱいやミルクを十分に飲めていることになります。ちゃんと体重が増えているか不安な場合は、ベビースケール(体重計)をレンタルするママもいますよ。

新生児の赤ちゃんの身長・体重の目安

● 男の子 身長:44.0~57.4センチ 体重:2.10~5.17キログラム
● 女の子 身長:44.0~56.4センチ 体重:2.13~4.84キログラム

生後0ヶ月・新生児の赤ちゃんの体重は1週間で変化する

グラフ 低下 減少 はてな クエスチョン ?

生後0ヶ月・新生児の赤ちゃんは、5日目位までに体重が3~10%ほど減少します。これは「生理的体重減少」といわれるもので、母乳やミルクを飲む量よりも赤ちゃんの尿や胎便、老廃物、汗など体外に出ていくものが多いことで体重が減ります。自然現象なので心配する必要はなく、生後1~2週間後には元の体重に戻っていきます。

体重の減りが10%以上の場合は、脱水や黄疸、低血糖などの異常が疑われます。また、体重が全く減らないもしくは減りが少ない場合もヒルシュスプリング病といった腸や内臓の異常が起こっている可能性があります。

出生後7日を過ぎても体重が増えない場合や減り続けている場合は、母乳やミルクをうまく飲めていない可能性があるので、産婦人科の医師に相談しましょう。

生後0ヶ月・新生児は黄疸になりやすい

赤ちゃん 泣く あやす ママ 奮闘 夜泣き 黄昏泣き

生後0ヶ月・新生児は、約90%が新生児黄疸や、母乳性黄疸という生理現象が現れるといわれています。医師とともに赤ちゃんの状態を観察しながら、落ち着いて対応するようにしたいですね。以下に、それぞれの症状をご紹介します。

新生児黄疸

全身の肌や白眼の部分が薄い黄色になる症状です。胎内ではたくさんの赤血球が必要だったことから、新生児の血液には赤血球が多く含まれています。しかし、体外では赤血球が不要になるため大量に分解され、ビリルビンという黄色い色素をもった物質が過剰に分泌されてしまいます。

赤ちゃんの体が一時的に黄色くなりますが、1~2週間ほどで自然に治ることがほとんどです。

母乳性黄疸

母乳が肝臓の酵素の働きを弱める女性ホルモンを多く含むことから、ビリルビンの処理を遅らせてしまい、黄疸が現れます。母乳性黄疸の症状は2週間以上続くことも珍しくありませんが、いずれ消えていきます。

ただし、血中のビリルビンの値が15mg/dlを超えている場合は、核黄疸のおそれがあるため、光療法などの治療が必要です。

生後0ヶ月・新生児の赤ちゃんはどんな生活?

新生児

生後0ヶ月・新生児の赤ちゃんは、寝ること、ミルクを飲むこと、おしっこやうんちをすること、泣いて知らせることが仕事です。赤ちゃんの生活リズムは定まっておらず、ミルクや授乳の予定時間に寝ていることがありますが、無理やり起こして飲ませなくても大丈夫ですよ。

以下に、主な1日の過ごし方と、気にしてあげると良い点をまとめました。

1日の7割は寝て過ごす

睡眠時間は1日16時間程度で、2~3時間に1度起きてミルクを飲み、おしっこやうんちをして、お腹がすいたら泣くという生活を繰り返します。気温の変化に体が対応できないので、基本的にはお部屋の中で過ごしましょう。

2~3時間おきに母乳・ミルクを飲む

母乳育児の場合は1~2時間おき、ミルクを混ぜると2~3時間おきに左右5~10分ずつ飲ませます。完全ミルク育児の場合は、母乳と消化時間や栄養が違うので、間隔を3時間以上あけるようにします。量は、生後0日で10ml、以降は1日ごとに10mlずつ追加し、3時間ごとに1日8回ほど与えます。

うんちやおしっこを頻繁にする

消化器官が未発達なので、おしっこやうんちは頻繁です。肌が弱くかぶれやすいので、ミルクや授乳ごとや、汚れに気づいときにはすぐに替えてあげましょう。新生児は通常1日に2回~10回の排便があるといわれていますが、なかには、2~3日に一度しか排便が見られない赤ちゃんもいます。

母乳育児の場合は初乳を飲ませよう

赤ちゃん ママ 母乳

生後0ヶ月・新生児の赤ちゃんには、母乳育児の場合は「初乳」を飲ませてあげましょう。「初乳」とは、産後5~10日に分泌されるクリーム色のドロッとした母乳のことで、タンパク質やビタミン、抗体、ラクトフェリンを多く含み、乳糖や脂質が少ないことが特徴です。

生まれたばかりの赤ちゃんのために、栄養価が高く、免疫力を高める働きがあることから、母乳の量に関わらず、できるだけ多く飲ませてあげるのが良いでしょう。

生後0ヶ月・新生児の原子反射とは?

赤ちゃん 新生児 把握反射 手 

生後0ヶ月・新生児の赤ちゃんには、原子反射という、外の世界で生き残るために人間に備わっている動きがみられるのが特徴です。特定の刺激に対して、自然と反応しますが、生後2~3ヶ月で消滅します。新生児から見られる主な反射の種類は以下の6つです。

吸啜反射

口の中に入ったものを吸おうとする動作で、ミルクや授乳に不可欠

把握反射

手足の指に触れたものを咄嗟に握り返すような動作

モロー反射

大きな音や急な物音に反応し、両腕を伸ばし抱きつくような動作

足踏反射

両足で立たせようとしたときに足を左右交互に出す動作

緊張性迷路反射

うつぶせにすると手足が曲がり、仰向けにすると手足が伸びて背中が反る動作

非対称性緊張性頸反射

寝ている赤ちゃんの顔が向いたほうの手足が伸び、反対側は曲がる動作

生後0ヶ月・新生児の赤ちゃんのお世話で注意すること

赤ちゃん ストップ 止める 静止 デンジャー 危険 防止 予防 注意

生後0ヶ月・新生児の赤ちゃんは、外の世界に慣れるまで、体に様々な不調が現れます。普段の状態をよく把握し、変化があった場合は対処してあげましょう。方法が分からなかったり、急を要するときは、小児科や出産した病院に問い合わせてみましょう。

黄色~緑色をした膿のような目やにが出る

黄色~緑色をした膿のような目やにを出しているときは、逆さまつげなど目に直接刺激を受けているか、鼻涙管が詰まって起こる「先天性鼻涙管閉塞」の可能性があります。

逆さまつげの場合は、医師に相談し、目薬を処方してもらうなどの治療が必要です。重症のときは入院して手術を受けることも。自宅の毛抜きで赤ちゃんのまつげを抜かないようにしてください。

先天性鼻涙管閉塞の場合は、目薬を処方してもらって様子を見ますが、改善されない場合は鼻涙管を開通させる手術を行います。

いずれの場合も1歳までに自然に治ることがほとんどなので、医師に相談しながら様子を見るようにしてくださいね。

何日も排便がなくお腹が張っている・便が硬くて出すのが辛そう

何日も排便がなくお腹が張っている、便が固くて出すのが辛そうな場合は、便秘の可能性があります。

原因は様々ですが、季節や腸の長さ、母乳の不足、ミルクの消化に時間がかかることなどが原因。お腹や足のマッサージを試して、あまりにも辛そうな場合は医師に相談しましょう。

赤ちゃんの顔や体に湿疹ができている

赤ちゃんの顔や体にできる湿疹を「乳児湿疹」と呼び、「脂漏性湿疹」「新生児ニキビ」などがあります。ママの体から出るホルモンの影響で皮脂が毛穴に詰まることや不潔な環境が主な原因です。

入浴時にしっかり洗って肌を清潔に保ち、赤ちゃんが触れるものを清潔にすることで乳児湿疹を予防や対処ができます。症状が変わらない場合は、小児科や皮膚科で診てもらいましょう。

生後0ヶ月はママの体調もしっかり管理しよう

新生児 赤ちゃん

生後0ヶ月の新生児期は、赤ちゃんの体調が変わりやすいだけでなく、お世話や授乳がはじまったママにも、日々多くの変化がある時期です。病院を退院すると、家事と育児で慌ただしい毎日になりますが、出産という一大イベントを終えたママの体を休めることも大切です。

産後6~8週の「産褥期」は、無理せず赤ちゃんが寝ているときは一緒に横になって休み、体の回復に努めることも大切です。うまく育児のペースをつかんで、ストレスや負担を溜めないようにしましょう。

また、授乳やおむつ替え、赤ちゃんの体重や身長などを育児日記帳に残すのもおすすめです。排泄リズムや授乳頻度、体重などの変化をパッと見てわかるようにしておくと、見返したときに赤ちゃんの成長を感じることができますよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう