新生児が起きない!母乳やミルクのために起こすべき?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

「赤ちゃんが寝てくれない」という悩みはよく聞きますが、その反対に「赤ちゃんが起きない」という悩みも意外と多いんです。寝続けられると授乳やミルクの時間を考えて、起こしたほうがいいのかと迷ってしまいますね。何かの病気なのではないかと不安も感じてしまう人もいるかもしれません。そこで今回は、新生児がなかなか起きないときの対処法をご説明します。母乳やミルクをあげるために起こしたほうがいいのか、病気の危険性はないのかなど、参考にしてくださいね。

新生児はどのくらい起きないもの?

新生児 寝る

生まれたばかりの新生児は、昼と夜の区別がまだなく、おっぱいやミルクを飲んだり、泣いたりする以外の時間はほとんど眠っています。

だいたい2~3時間ごとに寝たり起きたりを繰り返しますが、睡眠のリズムには個人差があるため、一概には言えません。「赤ちゃんが起きない!」と不安になるかもしれませんが、4~5時間ほど寝続けていることも。

夜、まとまって眠るようになるのは、生後3~6ヶ月頃。生後3ヶ月を過ぎたら、夜は部屋の電気を消し、朝はカーテンを開けて朝日を浴びるよう生活習慣を整えていくと、赤ちゃんの昼夜逆転が治ってきますよ。

新生児が起きないときの授乳はどうする?

記号 疑問 クエスチョン はてな

新生児期は母乳なら1~2時間ごと、ミルクなら2~3時間ごとに与えるのが目安です。そのため、赤ちゃんがなかなか起きてくれないと、母乳やミルクをどうしたらよいのか悩んでしまいますね。

このとき、起こしたほうがよいかどうかは、新生児の状態によって異なります。

新生児の体重増加をチェック

日々体重が増えている赤ちゃんなら、栄養が足りている証拠なので、睡眠時間が短くても無理に起こしてあげる必要はありません。新生児の場合、生まれて最初の数日間は一時的に体重が減りますが、1週間ほどで出生体重に戻り、そのあとは1日に30~40gずつ増えていきます。

逆に、体重が増えていないようであれば、授乳間隔が空きすぎて栄養が足りていない可能性もあります。短い間隔で起こしてあげて、ミルクを足してあげましょう。

新生児のおしっこの量や回数をチェック

赤ちゃんのおしっこの量や回数は、母乳やミルクを飲んだ量や汗の量によってもまちまちですが、新生児であれば1日15〜20回が目安です。1〜2時間に一度のペースですが、3〜4時間経ってもおしっこをせず、体重があまり増えていないようであれば、起こして授乳をしたほうが良いかもしれません。

一般的に、夏は汗の量が増えるため、おしっこの回数が減ります。顔色や呼吸を見ながら、少し多めに母乳やミルクをあげてみてください。

新生児を上手に起こす方法は?

赤ちゃん 新生児 おむつ でべそ

新生児を起こすときは、「優しく慎重に」が基本です。体をゆすったりしないようにしてくださいね。

赤ちゃんの口にママの乳首や哺乳瓶を近づけて、くわえさせてあげましょう。足の裏をくすぐる、軽くつねるなどの軽い刺激を与えてみるのも一つの方法です。

もしこれらの刺激を与えても起きないときは、無理に起こさずに様子をみましょう。赤ちゃんにとっては授乳よりも睡眠の方が大事なタイミングだと考え、30分ほど寝かせてからまた同じように起こしてみてください。

新生児が起きないのは病気のサイン?

記号 注意点 空 標識

あまりにも起きないと、病気の可能性を心配するかもしれません。ただ、ほとんどのケースはただ安心してぐっすり眠っているだけなので心配ありませんよ。

ただ、眠っている間ずっと放っておくのではなく、念のため呼吸をしているかどうかは確認してあげてください。というのも、寝ている間に呼吸が止まって「乳幼児突然死症候群(SIDS)」を起こす可能性もゼロではないからです。鼻や口に手をかざしたり、耳をすましたりすれば呼吸しているかどうかわかりますよ。

乳幼児突然死症候群の原因は、いまだにはっきりわかっていませんが、うつぶせ寝だと発症率が高いという報告があり、厚生労働省も1歳を過ぎるまでは仰向けで寝かせるように注意喚起をしています(※1)。また、家族内の喫煙もリスクになります。

赤ちゃんが苦しくならないように、基本的には仰向けか、頭を少し横向きにして寝かせてあげましょう。

新生児が起きないときも、慌てず成長を見守って

新生児 ママ 親子 キス

赤ちゃんの睡眠については、寝すぎても寝なさすぎても、心配になりますよね。ただ、体重が増えて、元気に成長しているのであれば、様子を見ましょう。生活リズムが整うまでは睡眠時間が定まらないものなので、赤ちゃんのリズムに合わせてあげてくださいね。

ただし、赤ちゃんの顔色が悪い、おしっこが半日出ない、むくみがある、呼吸が早いなど、様子が普段と違うことがあれば、なかなか起きない原因があるのかもしれません。

普段から赤ちゃんの様子をしっかりと観察して、気になることがあれば、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう