赤ちゃんの身長と体重の平均は?新生児期からどう成長していくの?

出産をすると、赤ちゃんの成長が日々気になりますよね。しっかり栄養がとれているか、痩せすぎていないか、太りすぎていないか、わずかな数値の違いでもママは気になるもの。そこで今回は、生後0ヶ月(新生児期)から12ヶ月までの赤ちゃんの平均身長と体重を、男女別に、時期ごとの成長の特徴を含めてご紹介します。

赤ちゃんの平均身長と体重の傾向は?

赤ちゃん 体重計

厚生労働省は、約10年ごとに全国の乳幼児(無作為抽出)を対象に集計を行い、赤ちゃんの平均身長と体重を発表しています(※1)。

生後0ヶ月から1歳までの1年弱は、体重が約3倍にもなり、人が成長するなかでもっとも成長が早い時期です(※2)。しかし、平成22年の調査の全体的な数値でいうと、前回の平成12年の結果と比べて体重が若干減少傾向にあり、出生体重が減りつつあります。

この背景には、年々妊婦さんの体重管理への意識が高まっていることや、健康志向の人が増えたことで、体重が多すぎる状態で生まれる赤ちゃんが減ったことなどがあると考えられます。しかしその反面、喫煙者や過度に痩せた体型の妊婦さんが昔よりも増えたことも、低体重児が増えた要因につながっているようです(※3)。

赤ちゃんの平均身長・体重【男の子版】

成長曲線 男児

上記のグラフは厚生労働省が平成22年に行った調査の結果をもとに、男の子の赤ちゃんにおける月齢ごとの身長と体重を示したものです(※1)。身長・体重ともに、同じ色の線で挟まれた範囲内であれば平均的だとみなすことができます。

男の子の赤ちゃんは、平成12年と比較すると、出生児の身長で約0.3cm、出生体重で約0.06kg減少しています(※1,4)。

赤ちゃんの平均身長・体重【女の子版】

成長曲線 女児

上記のグラフは男の子のグラフと同じく、平成22年の調査をもとに作成したものです(※1)。

女の子の赤ちゃんは、平成12年と比較すると、出生児の身長で約0.1cm減少、体重で約0.05kg減少しています(※1,4)。ただ、平成12年との差は男の子よりも小さく、ほぼ変化していないといってもかまわないでしょう。

赤ちゃんの身長・体重は新生児から1歳までにどう変化する?

芽 芽生え 成長 受精 生命 発展 発達 希望

新生児から1歳までの赤ちゃんの身長と体重は、実際にどのように変化するのでしょうか。ここでは、生後0ヶ月の新生児から1歳(12ヶ月)までの赤ちゃんを対象に、月齢ごとに男女別の平均体重と身長を、成長に関する特徴とともにご紹介します(※4)。

生後0ヶ月 一時的に体重が減る

男の子 女の子
身長 44.0~52.6cm 44.0~52.0cm
体重 2,100~3,760g 2,130~3,670g

※上記の身長・体重は出生時のものです。

生後0ヶ月の赤ちゃんは、生まれて3〜4日目くらいまでは母乳やミルクを飲む量よりもうんちや汗の量の方が多いため、体重が3~10%減少します。

これは「生理的体重減少」といわれる自然現象で、生後7〜10日で生まれたときの体重に戻り、その後は1日に35〜45g程度増えていきます(※5)。

生理的体重減少による体重の減りが10%以上の場合は、重い脱水症などの可能性があります(※5)。また、一旦減った体重が増えない場合は母乳やミルクがうまく飲めず栄養が不足している可能性があるので、医師に相談しましょう。

生後1ヶ月 ふっくらと丸い赤ちゃんらしい体型に

男の子 女の子
身長 50.9~59.6cm 50.0~58.4cm
体重 3,530~5,960g 3,390~5,540g

生後1ヶ月になると、体重が増えて皮下脂肪がつくことで、ふっくらとした赤ちゃんらしい体型になることが多く、身長も出生時から6cmほど大きくなります。

体全体に筋肉がつきはじめることで、手足を伸ばしたりバタバタさせたりする赤ちゃんもいます。標準的には、生後0ヶ月から引き続き1日35〜45gのペースで体重が増加していきます(※5)。

生後2ヶ月 ぽっちゃり体型でシワが深くなる

男の子 女の子
身長 54.5~63.2cm 53.3~61.7cm
体重 4,410~7,180g 4,190~6,670g

生後2ヶ月の赤ちゃんは、出生時にくらべて体重が2倍近くなり、ぽっちゃりと丸い体型になる傾向にあります。手足のくびれに大きなシワが目立ってくる子や、手足が発達しはじめ、手を開いたりおもちゃを握ったりするほか、指しゃぶりや、足をバタつかせて遊ぶ子もいます。

体重は1日に25~35gほど増加していきますが、体型に男女差、個人差が出てくるようです(※5)。赤ちゃんの見た目にも個性が出てきますよ。

1ヶ月健診も過ぎて、他の子より大きい、小さいと心配になる時期ですが、医師から特に問題を指摘されなければ、心配する必要はありません。平均身長や体重はあくまでも参考程度にとどめておくようにしてくださいね。

生後3ヶ月 体重増加がゆるやかになる

男の子 女の子
身長 57.5~66.1cm 56.0~64.5cm
体重 5,120~8,070g 4,840~7,530g

生後3ヶ月頃から、これまでハイペースだった体重増加がゆるやかになっていくとされています。授乳やミルクの回数、タイミングが安定してきて、ママと赤ちゃんの生活リズムが少しずつできてくるのもこの頃です。

この時期は、赤ちゃんによっては首がすわりはじめている子もいて、縦抱きでもしっかりと安定するようになってきます。

両手を体の前で合わせたり、軽いおもちゃを持ち上げることができたりと、手先が器用に動かせるようになることが多いようです。自分の手の存在に気づきじっと見つめる「ハンドリガード」も生後3ヶ月頃によく見られます。

生後4ヶ月 成長スピードが落ち着いてくる

男の子 女の子
身長 59.9~68.5cm 58.2~66.8cm
体重 5,670~8,720g 5,350~8,180g

生後4ヶ月の赤ちゃんは、首がすわって運動機能も発達していくことで、体重の増加がゆるやかになり、しっかりとした体つきになっていきます。これまでの著しかった身長の伸びも生後4ヶ月以降は落ち着いていくとされています。

視覚や聴覚と手の運動が少しずつ連動しはじめ、音のする方向を向く、手を伸ばしてつかむといった動きが出て、筋力が自然とついていくころです。泣くこと意外に声を出す場面も増えてくるでしょう。

泣き声にも用途によって差が出てきて、ママも聞き分けられることがあります。

生後5ヶ月 寝返りをしはじめ行動範囲が広がる

男の子 女の子
身長 61.9~70.4cm 60.1~68.7cm
体重 6,100~9,200g 5,740~8,670g

生後5ヶ月頃は、運動量が増加することで体重の増加ペースが落ち着き、ほとんどの赤ちゃんは首がすわって背骨がしっかりする頃だとされています。

まだまだ二の腕や足にはシワが多くぽっちゃりしているかもしれませんが、今後は寝返り、ハイハイ、あんよと体を自由に動かせるようになり、さらに引き締まった体つきになっていきます。

これまでのペースに比べると体重の増加がゆるやかになることから、栄養が足りていないのではと心配するママやパパもいますが、赤ちゃんの機嫌がよく、排便回数も十分で、授乳時に母乳やミルクをよく飲むようであれば心配する必要はないとされています。

生後6ヶ月 寝返りする赤ちゃんが増える

男の子 女の子
身長 63.6~72.1cm 61.7~70.4cm
体重 6,440~9,570g 6,060~9,050g

生後6ヶ月になると、支えてあげると少しの間ならお座りができる赤ちゃんも出てきます。寝返りも上手になり、運動量がグンと増えるので、体重増加は1日8~12gのペースに(※5)。身長は生後5ヶ月の頃から約1cm伸びますが、ほとんど変わらない赤ちゃんもいます。

体型や男女差によって赤ちゃんそれぞれの個性が際立っていく時期だとされていて、ふっくらした子もいれば、ほっそりとした子もいます。この時期から、わずかに乳歯が生えだし、母乳やミルクと並行して離乳食を始める赤ちゃんもいます。

生後7ヶ月 お座りが安定しはじめる

男の子 女の子
身長 65.0~73.6cm 63.1~71.9cm
体重 6,730~9,870g 6,320~9,370g

生後7ヶ月になると、体型が引き締まる赤ちゃんもいます。お座りが上手になり、一人で座れる時間が長くなります。ハイハイやつかまり立ちを始める赤ちゃんもいて、行動範囲がどんどん広がるので、周囲に危ないものがないか確認するようにしましょう。

生後6ヶ月と体重の差がほとんどなく不安に感じるかもしれませんが、1ヶ月で300gほど体重が増加していれば問題ないとされています。

身体的な成長も著しいですが、ここからは情緒面もどんどん発達し、欲求があるときには声を出して注意を引いたり、泣いてアピールしたりすることも増えてくるかもしれません。

生後8ヶ月 ハイハイが上達して行動範囲が広がる

男の子 女の子
身長 66.3~75.0cm 64.4~73.2cm
体重 6,960~10,140g 6,530~9,630g

生後8ヶ月頃になると、ハイハイが上手になり、お座りが安定して両手を使えるようになる赤ちゃんが多く、遊びの幅が広がります。早い子では、つかまり立ちや伝い歩きができるようになり、運動量が増していきます。

また、女の子の方が男の子に比べて小さいことが多いようです。離乳食が3回になる家庭も増え、便の頻度や質が変化しはじめます。

生後9ヶ月 精神面での発達が目立つようになる

男の子 女の子
身長 67.4~76.2cm 65.5~74.5cm
体重 7,160~10,370g 6,710~9,850g

生後9ヶ月の赤ちゃんは、つかまり立ちや伝い歩きも増えますが、まだハイハイの子もいます。ハイハイのスピードが上がったり、様々な部位を駆使して動いたりすることで、より引き締まった体つきになっていきます。

周囲への関心が高まり喃語が増えてくる時期で、「あー」「くー」と言葉を発したり、大人のしぐさを見てバイバイなどの真似をしたりする赤ちゃんもいます。

精神面の発達がめざましい時期でもあるので、赤ちゃんとコミュニケーションをとるときは、返事や相づちを打ってあげましょう。記憶力が発達してママやパパの後追いをするようになる子もいます。

生後10ヶ月 つたい歩きが安定しはじめる

男の子 女の子
身長 68.4~77.4cm 66.5~75.6cm
体重 7,340~10,590g 6,860~10,060g

生後10ヶ月の赤ちゃんは、つかまり立ちから伝い歩きをはじめ、後半になるにつれて、伝い歩きからお座りする動作も安定していく傾向にあります。身長・体重に大きな変化はないので、おおよそ成長曲線にそっているようであれば問題ありません。

伝い歩きが安定することで視野が広がり、興味のあるものに手を伸ばすようになりがちです。

後追いもピークになる時期で、ママやパパの姿が見えなくなると慌ててトイレやお風呂まで探しにくることもあるでしょう。赤ちゃんが後追いをするときは、会話をしたり、スキンシップをとったりしながら安心させてあげましょう。

生後11ヶ月 意思疎通ができはじめる時期

男の子 女の子
身長 69.4~78.5cm 67.4~76.7cm
体重 7,510~10,820g 7,020~10,270g

生後11ヶ月の赤ちゃんは、何かにつかまって一人で立ち上がる動作がスムーズになったり、つたい歩きのスピードが増したり、数秒なら支えなしで立つことができたりするようです。

指先に力がこめられるようになり、マグカップを自分で持って飲む、絵本のページをめくるなど、少しずつ器用になっていきます。

言葉の理解が進み「ちょうだい」というと渡してくれるなど、意思疎通ができはじめます。離乳食は3回食で1日に必要な栄養の70%程度を摂るとされているため、手づかみで食べられるものを増やして食べる意欲を育てていきましょう。

生後12ヶ月 体重は生まれたときの約3倍に

男の子 女の子
身長 70.3~79.6cm 68.3~77.8cm
体重 7,680~11,040g 7,160~10,480g

生後12ヶ月は、満1歳。身長は生まれたときの1.5倍近く、体重は3倍ほどにまで成長します。今後は体重や身長の増加がさらにゆるやかになり、筋肉もしっかりしてくることから、引き締まった幼児体型になっていきます。

1人立ちで2~3歩ほど歩くことができる赤ちゃんもいますが、1歳頃の体型や身体能力、発達状況には個人差があるので、他の子と比べすぎないようにしましょう。

睡眠時に身体機能の成長や脳の発達に影響を与える「メラトニン」というホルモンは、幼児期が一生のうちで最も分泌される時期です(※6)。そのため、日中は日を浴び、夜は暗くして眠るといった生活リズムをきちんと整え、質の高い眠りを心がけることで、赤ちゃんの成長をサポートしてあげましょう。

赤ちゃんの身長・体重の差は個性の一つ

赤ちゃん 夫婦 パパ ママ キス 乳幼児

赤ちゃんには、身長の高い子・低い子、体重の重い子・軽い子など、個性があります。同時期に産まれたからといって、全員が同じペースで成長するわけではありません。

ママやパパは赤ちゃんの発育に対して不安に思ったり焦ったりしてしまいがちですが、成長スピードよりも赤ちゃんが笑顔で元気よく毎日を過ごせているかどうかに注目してみてくださいね。

どうしても気になる点があれば、かかりつけの小児科などに相談してみましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう