乳児湿疹とは?赤ちゃんの顔のブツブツをケア!いつまで続くの?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

乳児湿疹は多くの赤ちゃんに見られる症状で、赤ちゃんは肌のバリア機能が弱く、様々な原因ですぐに湿疹ができてしまいます。赤ちゃんや新生児に湿疹が見られると、ママやパパとしては、どうにか症状を和らげてあげたいですよね。そこで今回は、乳児湿疹の原因や症状別のケア方法をご紹介します。

新生児・赤ちゃんの乳児湿疹とは?

赤ちゃん 新生児 乳児 湿疹 乳児湿疹 肌 赤い

乳児湿疹とは、新生児期〜乳児期にかけて現れる湿疹の総称です。生後6ヶ月頃までの湿疹は原因の特定が難しいので、肌トラブルをすべてまとめて「乳児湿疹」と呼んでいます。

カサカサしているもの、ジュクジュクしているもの、ベタベタするものなど種類がいくつかあり、顔や体、手足などあらゆる場所に現れます。それぞれの診断名も違うため、症状による違いから見極める必要があります。

新生児・赤ちゃんの乳児湿疹の原因は?

クエスチョン 矢印 方向 疑問 はてな

大人と比べて、どうして赤ちゃんの肌は湿疹が起こりやすいのでしょうか?その原因は主に3つあります。

皮脂と汗の分泌が盛ん

赤ちゃんの肌は新陳代謝が活発で、特に新生児期から生後3ヶ月頃まではママの女性ホルモンの影響で皮脂が多く分泌されます。一方で、毛穴はまだ小さいため、皮脂が詰まりやすく「乳児脂漏性湿疹」や「新生児ニキビ」を引き起こしてしまうのです。

肌が乾燥しやすい

生後3ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの肌は皮脂の分泌が落ち着くため、乾燥に弱くなります。赤ちゃんの肌が乾燥に耐えられないと、湿疹ができてしまいますが、これを「乾燥性皮膚炎」といいます。特に、生後3ヶ月以降に冬を迎える7~10月生まれの赤ちゃんは注意が必要です。

皮膚の角質層が薄い

肌の角質層は、潤いを保ったり、有害物質の侵入を防いだりする大切な役目があります。

しかし、赤ちゃんは角質層が未熟で薄いために肌がダメージを受けやすく、おむつかぶれやあせも、また寒暖差やハウスダスト・ダニなどのアレルギー反応の一つの症状として湿疹が出やすくなります。

新生児期から乳児期にかけては原因を特定することが難しく、乳児湿疹として扱われますが、成長するにつれて原因がわかりやすくなります。

なかには、乳児湿疹だと思っていたものが、2ヶ月以上ジュクジュクした状態が続き、アトピー性皮膚炎だったと判明するケースもあります。

乳児湿疹はいつからいつまで?新生児でも現れる?

曜日 カレンダー

乳児湿疹は生後2週間を過ぎた頃から現れ始めますが、いつまで続くかは個人差があります。たとえば、乳児湿疹の原因が新生児ニキビであれば、生後1ヶ月を迎える頃には自然と治まります。しかし、それ以外の湿疹だと1歳を過ぎて続くこともあります。

湿疹があらわれた直後は不安になりますが、きちんとケアをしていれば自然と治まる場合がほとんどなので落ち着いて対処してくださいね。

きちんとケアをしているにも関わらず、症状が快復せず、悪化するときは、「アトピー性皮膚炎・アトピー性湿疹」や「食物アレルギーが関与する湿疹」の可能性も考えられます。乳児湿疹が長引くようなら定期的に皮膚科あるいは小児科の受診をおすすめします。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の見分け方は?

湿疹 アレルギー 赤ちゃん 肌荒れ 

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は、症状で見分けることが医師でも難しいといわれています。アトピー皮膚炎の特徴としては、慢性的な湿疹が治ったり悪くなったりを繰り返すため、乳児期では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上湿疹が続いたらアトピー性皮膚炎と診断されます(※1)。

ほかに、かゆみがあることや、湿疹の場所として首・腋・肘・膝などの関節で皮膚がたるみやすいところ、時期に応じて発生しやすい箇所も確認して判断されます。

乳児湿疹の予防・対処法は?

赤ちゃん 乳児 新生児 ママ 一緒 親子

乳児湿疹は多くの赤ちゃんや新生児が経験するもので、完全に予防するのは難しいのですが、基本的には自然と治まっていくものなので過度な心配はいりません。しかし、きちんとケアしておかないと、湿疹をかき壊すなどして症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

乳児湿疹をケアする基本は「清潔に保つこと」と「保湿をすること」の2つ。原因が何であれ、この2つを心がけることが赤ちゃんの肌を守ることにつながります。

最近では、新生児期から生後12ヶ月頃まで1日2回の保湿を心がけることで、アトピー性皮膚炎の発症、食物アレルギーの発症予防が可能であるという研究結果も出ています(※2)。

乳児湿疹の症状別のケアは?新生児の顔のブツブツはどうする?

ベビーローション

乳児湿疹のケアは清潔に保つことと保湿をすることとお伝えしましたが、具体的には症状別に次のようなケアを心がけましょう。

皮脂の分泌が多いときのケア

肌の表面に雑菌がつきやすいので、汗をかいた後はガーゼでやさしく拭き、着替えさせてあげましょう。また、おっぱいを飲んだ後の口元も濡れたままにせず、拭き取ってあげてくださいね。

お風呂では弱酸性の石鹸をしっかり泡立てて、泡でやさしく体を洗います。石鹸のすすぎ残しがないよう、ぬるめのシャワーでしっかりと流してあげてください。

新生児ニキビである顔のブツブツへのケアとして、入浴時に顔まで石鹸の泡で洗ってあげましょう。すすぎのときには、シャワーだけでなくお湯に浸したガーゼで、泡が残らないように拭いてあげることも大切ですよ。

肌が乾燥しているときのケア

肌が乾燥しているときは、低刺激のベビー用ローションや保湿クリームを塗ってあげましょう。お風呂あがりは汗をかいていて乾燥しやすくなるので、きちんと保湿剤をつけてあげます。

クリームやローションを塗る量は、1回1円玉くらいの大きさが目安です。空気が乾燥しないように室内の湿度を調節するのも忘れずに。

乳児湿疹の変化を見逃さないで

赤ちゃん お風呂 沐浴 石鹸

乳児湿疹は、きちんとケアをすることで悪化を防ぐことができます。ただ、原因によっては症状が良くならず、長引くことも。普段から子供の肌の様子を見ながら、どんなときに湿疹が出るのか確認しましょう。肌質や原因を知ることで、防ぎやすくなります。

また、少しでも症状が悪くなるようであれば皮膚科を受診して、早めの対策を取ってあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう