新生児の赤ちゃんのミルクの量は?飲みすぎたらどうする?

生まれたばかりの赤ちゃんがゴクゴクとおいしそうにミルクを飲む姿を見ていると、幸せな気持ちになりますよね。でも、ママになったばかりだと、「もしかして、ミルクを飲ませ過ぎたかも…」と心配になることも多いようです。そこで今回は、新生児のミルクの適切な量と回数、ミルクを飲み過ぎてしまったときの対処法についてご紹介します。

新生児に与えるミルクの量と回数の目安は?

粉ミルク

新生児期(生後0日から28日未満)は、生後経過日数に応じて、適正な1回分のミルクの目安量が段階的に変化します。それぞれの段階で、1回分の目安量を3時間おきに与えるのがミルクの適正量です。

1日の回数は、8回が目安。ミルクは母乳に比べて腹持ちが良く、間隔を空けずに与えてしまうと赤ちゃんのお腹がミルクでいっぱいになって吐いてしまうので注意してくださいね。

生後1週間のミルクの目安量

生後0日~7日の1回分の目安量は、下記の計算式が目安となります。まだ産院にいる頃なので助産師さんに相談しながら進めていけるので安心ですね。

10ml+生後日数×10ml

例)生後5日目の場合、10ml+5×10ml=60ml

生後2週間のミルクの目安量

生後2週間になると、退院して初めての自宅での育児になります。ミルクの追加量は緩やかに落ち着き、1回分の目安量は、80ml~100mlになります。

生後3・4週間のミルクの目安量

生後3・4週間になると、赤ちゃんもママもミルク育児に慣れてきた頃でしょうか。1回の目安量は、100ml~120mlになります。

混合育児の場合、新生児のミルクの目安量・回数は?

グッズ メモ ノート 携帯 手帳 予定

前述したミルクの目安量や回数は、ミルクだけで育てる完全ミルクの場合なので、母乳と混合にする場合は赤ちゃんの様子をみながら調整する必要があります。

混合育児の場合のミルクの量は、母乳の出により個人差が出るものなので、日々赤ちゃんの体重を計りながら目安量を決めていきましょう。

新生児の体重を計るには、ベビースケール(赤ちゃん用の体重計)を使うのが一番いいですが、ない場合はママが抱っこして体重計に乗り、ママの体重を引いて計算するのもいいですね。

新生児の赤ちゃんのミルク飲みすぎサインは?

ミルク 新生児 病院

赤ちゃんの体の大きさや消化器の発達具合は十人十色なので、適正な量でも多すぎる、あるいは少なすぎるという場合もあります。そこでミルクの飲みすぎや飲ませすぎが気になる場合には、以下の点を参考に、赤ちゃんの様子を確認してください。

・1日数回少しずつミルクを吐く
・ダラダラと口の端からミルクをこぼす
・お腹がパンパンに膨れて苦しそうに泣いている
・便秘や下痢になっている
・1日あたり25~40g以上の体重増加が見られる
・機嫌が悪い

こうしたサインはミルクを飲ませすぎている可能性があります。一度ミルクの量を減らして、様子を見ましょう。逆をいえば、上記のようなサインがなければ、飲みすぎということではありませんので安心してくださいね。

新生児の赤ちゃんがミルクをたくさん欲しがるときは?

ママ 歯磨き 赤ちゃん3か月 やりかた 

ミルクの飲み過ぎを心配するママは、赤ちゃんが哺乳瓶を離さない、あるいは口をちゅぱちゅぱさせてくる姿を見て、欲しがるだけあげたいと感じている人が多いのではないでしょうか?

ただしこうしたしぐさは、口に入ってきたものを無意識に吸ってしまう赤ちゃんの原始反射「吸啜反射」かもしれません。必ずしもお腹が減っているからではなく、ただ単に口が寂しいだけということもあります。飲ませすぎたと思っても、赤ちゃんが口をちゅぱちゅぱさせている場合には、おしゃぶりや哺乳瓶の乳首部分だけを吸わせると落ち着く場合もありますよ。

ミルクの量・回数を減らしたら大泣きした…おしゃぶりや哺乳瓶の乳首を使ってもダメ…というときは、次のミルクを薄めて水分量を多めに飲ませれば、栄養過多にもならずお腹も膨れて肥満のリスクを抑えられます。

どちらにせよ、適正体重を大幅に超えて増減していなければさほど心配する必要もないでしょう。

新生児の赤ちゃんが泣く原因は、ミルク以外のことも

赤ちゃん 新生児 泣く 涙

赤ちゃんにミルクを飲ませすぎてしまう原因の一つに、「泣き止ませるため」というのもあると思います。赤ちゃんが泣くと、ついお腹が空いたんだなと思ってしまいがち。しかし、新生児の赤ちゃんが泣く原因は、他にもたくさん考えられます。

もし、ミルクを飲んだばかりであったり、体重が増えすぎている場合に赤ちゃんが泣いてしまったら、以下のようなミルク以外の原因から探ってみましょう。

・眠い
・抱っこしてほしい
・おむつが濡れて不快
・暑い、寒い
・お腹が張ってげっぷがしたい
・肌がかゆい

新生児はミルクを飲みすぎないように調整しましょう

ミルク 哺乳瓶 こぼれる

初めての育児はわからないことだらけですが、2人目以降でも上の子との違いに戸惑うものです。

特に新生児は意思表示もほとんどできませんし、「これでいいのかな?」と不安になるのが普通ですよ。目安量などを把握したうえで、赤ちゃんの様子をしっかりと観察しながら臨機応変に対応することが大切です。

体重に増減に問題があったり、吐くようであったりすれば調整をすればいいんだと、あまり神経質にならずにミルク育児に取り組んでください。

どうしても不安がある場合は、1ヶ月健診などで助産師さんやお医者さんに相談するといいでしょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう