おかゆ離乳食の作り方!初期・中期・後期レシピ!アレンジや時短の方法は?

「離乳食デビューはおかゆ!」というくらい、おかゆは離乳食の定番メニューですよね。日本人が古くから慣れ親しんでいるお米で作ったおかゆは、赤ちゃんも大好き。月齢や離乳食の進み具合に合わせてトロトロ具合を変えたり、野菜やタンパク源を混ぜ合わせたりすることで、栄養満点の離乳食になりますよ。今回は、基本のおかゆからアレンジ粥まで、おかゆの離乳食を11レシピご紹介します。

離乳食のおかゆはいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
○ 食べることができます。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。

初めての食べる離乳食といえば、おかゆ。もちろん離乳食初期から食べることができます。

最初は10倍粥からはじめ、慣れてきたら7倍粥、離乳食中期から後期にかけては5倍粥というように、月齢や離乳食の進み具合に応じて赤ちゃんが食べやすい柔らかさにしていきましょう。

おかゆの離乳食初期レシピ

10倍粥

10倍粥

材料(1食分)

ごはん
10g
50ml
  1. 1小鍋にご飯と水を入れて弱火にかけ、フタをして30分ほど加熱する
  2. 2ふっくらしたら火を止め、蓋をして7〜8分ほど蒸らす
  3. 3粗熱がとれたら、全体を裏ごしする
  • 1焦げ付かないよう、少しずつ底から混ぜながら加熱しましょう。
  • 2電子レンジを使う場合は、ラップをかけ、端を少し開けて約1分加熱します。そのまま数分蒸らして、裏ごししましょう。
  • 31週間分くらいをまとめて作って、製氷皿などに入れて冷凍するのがおすすめです。

きゅうりのおかゆ

きゅうりのおかゆ

材料(1食分)

10倍粥
大さじ1
大さじ2
  1. 1耐熱皿に10倍粥とだし汁を入れて、電子レンジで20秒加熱する
  2. 21の上にきゅうりペーストをのせる

キャベツしらす粥

キャベツしらす粥

材料(1食分)

10倍粥
5g
  1. 1通常の10倍の水で米を炊き、10倍粥を作っておく
  2. 21の上に、キャベツペースト、しらすペーストを盛り付ける

米粉とトマトのおかゆ

米粉とトマトのおかゆ

材料(1食分)

玉ねぎ
10g
米粉
5g
トマトジュース(※1)
15ml
50ml
  1. 1玉ねぎを薄切りにして柔らかく茹でる
  2. 21をみじん切りにし、すりつぶして裏ごしする
  3. 32に米粉、トマトジュース、水を混ぜ、電子レンジで1分30秒ほど加熱する
  • トマトジュースは砂糖や塩分を使っていない無添加のものを使用しましょう。

おかゆの離乳食中期レシピ

離乳食中期に入ったら、7倍粥に挑戦しましょう。中期の後半になって慣れてきたら5倍粥を食べさせることもできます。赤ちゃんの様子をみながら少しずつステップアップしていってくださいね。

7倍粥

7倍粥

材料(1食分)

ごはん
15g
50ml
  1. 1小鍋にご飯と水を入れて弱火にかけ、フタをして20分ほど加熱する
  2. 2ふっくらしたら火を止め、蓋をして7〜8分ほど蒸らす
  3. 3粗熱がとれたら、すり鉢でつぶす
  • 1焦げ付かないよう、少しずつ底から混ぜながら加熱しましょう。
  • 2電子レンジを使う場合は、ラップをかけ、端を少し開けて約1分加熱します。そのまま数分蒸らして、裏ごしましょう。
  • 31週間分くらいをまとめて作って、製氷皿などに入れて冷凍するのがおすすめです。

納豆粥

納豆粥

材料(1食分)

7倍粥
50g
20ml
納豆(ひき割り)
10g
大さじ1
  1. 1米1に対して7倍の水を入れて、7倍粥を作る
  2. 2鍋に水と納豆を入れ、納豆がふやけて柔らかくなるまで煮て、すり鉢でつぶす
  3. 32にだし汁を加えてのばし、1のおかゆに混ぜる

ほうれん草と豆腐のおかゆ

ほうれん草と豆腐のおかゆ

材料(1食分)

豆腐(絹ごし)
10g
5倍粥
30g
  1. 1豆腐をお湯で茹でて、すり鉢でつぶす
  2. 21とほうれん草ペースト、だし汁を混ぜ、5倍がゆの上にのせる
  • 1だし汁やペーストと混ぜ合わせることで、ゆるくなるので5倍粥を使います
  • 2「5倍粥」の作り方は後期レシピを参照してください

レタスと鯛のチーズ粥

レタスと鯛のチーズ粥

材料(1食分)

15g
レタス
1/2枚(葉先のやわらかい部分)
5倍粥
大さじ3
粉チーズ
少々
  1. 1鯛はラップをかけて電子レンジで30秒程加熱し、ほぐす
  2. 2レタスは細かくちぎる
  3. 3耐熱容器に、1、2と、5倍粥、粉チーズを入れて電子レンジで1分程加熱する
  • 「5倍粥」の作り方は後期レシピを参照してください

おかゆの離乳食後期レシピ

5倍粥

5倍粥

材料(1食分)

ごはん
30g
75ml
  1. 1小鍋にご飯と水を入れて弱火にかけ、フタをして20分ほど加熱する
  2. 2ふっくらしたら火を止め、蓋をして7〜8分ほど蒸らす
  • 1焦げ付かないよう、少しずつ底から混ぜながら加熱しましょう。
  • 2電子レンジを使う場合は、ラップをかけ、端を少し開けて約1分加熱します。そのまま数分蒸らして、裏ごしましょう。
  • 31週間分くらいをまとめて作って、製氷皿などに入れて冷凍するのがおすすめです。

メカジキ粥

メカジキ粥

材料(1食分)

メカジキ
10g
5倍粥
50g
  1. 1メカジキは茹でて皮を取り除き、細かくほぐす
  2. 21と5倍粥をよく混ぜ合わせる

玉ねぎとニラのおかゆ

玉ねぎとニラのおかゆ

材料(1食分)

玉ねぎ
10g
ニラ
10g
にんじん
10g
200ml
ごはん
70g
醤油
数滴
  1. 1玉ねぎ、ニラ、にんじんをそれぞれ5mm角に切る
  2. 2鍋に1とだし汁を入れて、柔らかくなるまで煮る
  3. 32にごはんを入れ、ひと煮立ちさせる
  4. 43に醤油を垂らし、風味をつける

おかゆの離乳食1回分の目安量は?

計量カップ グッズ 料理

離乳食初期では10倍粥を滑らかにすりつぶした状態にします。初めて食べさせるときは、ひとさじから与え、慣れてきたら少しずつ食べさせる量を増やしていきましょう。離乳食初期が終わる時期の目安量は、1回に10倍粥小さじ6杯程度です。

離乳食中期では1食につき7倍粥または5倍粥を50〜80g、後期では5倍粥を90g、軟飯の場合は80g程度が目安です。離乳食の進み具合や赤ちゃんの食欲をみながら進めてくださいね。

おかゆの離乳食を作るときのコツは?

鍋 ホーロー鍋

炊いたご飯からおかゆの離乳食を作る場合は、あらかじめ米を包丁で細かく刻んでおくと、時短調理が可能です。包丁を少し濡らした状態にすると、刃に米がつきにくく調理しやすいですよ。

米からおかゆを作るときは、ホーロー鍋や土鍋を使うと、ふっくら美味しいおかゆができますよ。分量の米と水を鍋に入れ、蓋をして15〜30分程度加熱し、10分程度蒸らします。分量と加熱時間は下記の通りです。

おかゆの種類 10倍粥 7倍粥 5倍粥
分量 米1:水10 米1:水7 米1:水5
加熱時間 20~30分 15~20分 15~20分

離乳食初期は一度に食べる量が少ないので、小さめの鍋でも十分な量のお粥が作れますよ。

おかゆをアレンジして赤ちゃんが喜ぶ離乳食を作ろう

離乳食には欠かせないおかゆ。今回ご紹介したレシピを参考に、おかゆの離乳食をアレンジして赤ちゃんを楽しませてあげましょう。

赤ちゃんの食欲がないときや好き嫌いをするときは、おかゆを入れる器をいつもとは別のものに変えてみるのも一つの方法です。赤ちゃんにとっては食器が違うだけでも新鮮で、食が進むこともありますよ。

おかゆのアレンジレシピで素敵な離乳食タイムが過ごせるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう