しらすの離乳食の作り方 初期・中期・後期別レシピ

しらすは、骨や内臓を気にすることなく丸ごと食べられるので、調理しやすく栄養価が高い便利な食材です。カルシウムが豊富で、赤ちゃんの骨や歯を丈夫にしてくれますよ。今回は、クリーム煮やサンドイッチなど、しらすを使った離乳食レシピを、初期・中期・後期別に9つご紹介します。離乳食作りの参考にしてくださいね。

離乳食のしらすはいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
○ 食べることができます。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。

しらすは離乳食初期から食べさせることができる食材です。初期は食べられる魚や肉が少ないため、しらすを食べて、たんぱく質やカルシウムなどを摂れるといいですね。

離乳食のしらすの塩抜き方法は?

しらす

しらすは、塩分が多く含まれるため、離乳食期は調理前に塩抜きをしましょう。下記に、しらすの塩抜き方法をご紹介します。

1. 鍋に水を入れて火にかける
2. 沸騰したら、しらすを入れてゆがく
3. ザルにとって湯切りする

少量のときは、深めの容器にしらすを入れて熱湯を注いでしばらくおき、小さいザルや茶こしを使って湯切りをすれば、簡単に塩抜きができますよ。

しらすの離乳食初期レシピ

しらすペースト

しらすペースト

材料(1食分)

しらす
5g
お湯
適量
  1. 1しらすを茶こしにいれ、熱湯をまわしかける(※1)
  2. 2しっかりと水を切り、すり鉢で細かくすりつぶす
  • 1塩気を取ることが目的なので、じっくりとお湯をかけるようにしましょう。

しらすのクリーム煮

しらすのクリーム煮

材料(1食分)

粉ミルク
10g
しらすペースト(※1)
10g
片栗粉
少量
  1. 1粉ミルクは少量の水でとかし、サラサラしたスープ状になるようにしておく
  2. 21としらすペースト、水で溶いた片栗粉を混ぜあわせる
  3. 32を電子レンジで20〜30秒程度加熱する
  • 1しらすペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

しらすがゆ

しらす粥

材料(1食分)

10倍がゆ
50g
しらすペースト(※1)
5g
  1. 1水10に対して、お米1の割合で、おかゆを作っておく
  2. 21にしらすペーストをのせる
  • 1しらすペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

しらすの離乳食中期レシピ

しらすとのりの野菜スープ

しらすとのりの野菜スープ

材料(1食分)

しらすペースト(※1)
5g
焼きのり
適量
  1. 1小鍋にしらすペーストと野菜スープを入れ、軽く煮込む
  2. 2食べる直前に、焼きのりを小さく刻み入れる(※2)
  • 1しらすペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。
  • 2焼きのりは赤ちゃんが飲み込みやすいように、できる限り小さく細かく刻んでください。ハサミで切っても、指でちぎってもいいでしょう。

しらすとほうれん草の白あえ

しらすとほうれん草の白あえ

材料(1食分)

ほうれん草
20g
豆腐(絹ごし)
20g
しらすペースト(※1)
5g
  1. 1ほうれん草は茹でて、しっかりと絞って水気を切り、細かく刻む
  2. 2豆腐は耐熱皿に入れてラップをし、電子レンジで1分加熱し、水切りをする。熱くなっているので冷ましながら、スプーンでつぶす
  3. 31と2、しらすペースト、だし汁をすべて混ぜる
  • 1しらすペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。
  • 2豆腐は電子レンジで加熱すると熱くなるので、赤ちゃんに食べさせるときはもちろんのこと、調理をするママもやけどをしないように気を付けてください。

しらすとねぎ納豆のあえもの

しらすとねぎ納豆のあえもの

材料(1食分)

納豆(ひき割り)
10g
玉ねぎ
10g
しらすペースト(※1)
5g
  1. 1納豆は茶こしに入れ、粘りを取るため熱湯をかける
  2. 2玉ねぎをみじん切りにして、ラップをして電子レンジで1分ほど加熱する
  3. 31と2、しらすペーストを混ぜる(※2)
  • 1しらすペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。
  • 4このままで食べないときは、7倍がゆと混ぜると食べやすくなります。

しらすの離乳食後期レシピ

しらす入りおやき

しらす入りおやき

材料(1食分)

じゃがいも
50g
しらす
15g
にんじん
10g
片栗粉
適量
  1. 1じゃがいもは茹で、舌触りが滑らかになるよう柔らかくつぶす
  2. 2しらすは茶こしに入れ、熱湯をかけ塩抜きをする
  3. 3にんじんをみじん切りにし、ラップをして電子レンジで1分程度加熱する
  4. 41、2、3を混ぜ、片栗粉を入れて小さい円になるように成形する
  5. 5少量の油を引いたフライパンで、両面焼き目を付けるまで焼く(※1)
  • 1味付け用のソースなどをつければ、大人も一緒に食べることができます。

しらすとほうれん草の卵とじ

しらすとほうれん草の卵とじ

材料(1食分)

しらす
15g
ほうれん草
20g
1/2個
15ml
  1. 1しらすは茶こしに入れ、熱湯をかけて塩抜きをする
  2. 2ほうれん草を下茹でし、水気をしっかり切って細かく刻む
  3. 3卵とだし汁をしっかりと混ぜる
  4. 41、2、3をすべて混ぜ、薄く油を引いたフライパンで炒める

しらすサンド

しらすサンド

材料(1食分)

しらす
15g
食パン(8枚切り)
1枚
とろけるチーズ
1枚
  1. 1しらすは茶こしかザルに入れ、熱湯をかけて塩抜きをする
  2. 2食パンの上に、1とかぼちゃペーストをのせ、その上にとろけるチーズをのせる
  3. 3オーブントースターで2分程焼く
  4. 4焼きあがったものを半分に切り、具が中になるように重ねる
  5. 5耳を切り、食べやすい大きさにカットする(※1)
  • 1パンのふちを閉じるように押さえれば中身がこぼれにくくなります。

離乳食のしらすの選び方は?

女性 天秤 疑問 クエスチョン 比較 検討 謎 悩み

「しらす干し」と「ちりめんじゃこ」は、見た目は似ていますが、固さが違います。生のしらすを釜茹でしたものは「釜揚げしらす」、そのあと少し乾燥させたものは「しらす干し」、さらにしっかり乾燥させたものは「ちりめんじゃこ」と区別されています。

離乳食には、「釜揚げしらす」または「しらす干し」を使いましょう。ふっくらとしていて新鮮なしらすがおすすめですよ。

しらすの離乳食でたんぱく質を補おう

カルシウムを多く含むしらすは、離乳食期におすすめのたんぱく質源です。一度にまとめて塩抜きをして冷凍保存しておけば、必要なときにすぐに使うことができますよ。

しらすは、チーズやクリームといった洋風の食材とも相性がいいので、赤ちゃんの成長にあわせてレシピのレパートリーを増やしていってくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう