離乳食の2回食はいつから?時間や量、進め方のコツは?

監修専門家 管理栄養士 安蒜 ゆい
安蒜 ゆい 病院・保育園にて管理栄養士として献立作成・衛生管理や食育活動に携わり、現在は独立しフリーランス管理栄養士・彩り時短食プランナーとして活動しています。「季節や行事を通して食事・家族の時間の大切さを伝えて... 監修記事一覧へ

離乳食をスタートして慣れてきたら、次は2回食へとステップアップしていきます。食事の回数が増えることで、赤ちゃんも食べることへの興味がより一層増してきます。でも、離乳食を2回食にするのはいつからがいいのか、あげる時間や量はどう変わるのか、迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。今回は、離乳食の2回食について、いつから始めたらいいのか、時間や量など進め方のコツ、注意点についてご紹介します。

離乳食の2回食とは?

2 数字

離乳食でよく聞く「2回食」とは、1日に2回、赤ちゃんに離乳食をあげることを意味します。離乳食を始めてようやく食事のリズムにも慣れてきた頃なので、回数を増やすことに不安を感じるママもいるかもしれません。

しかし、2回食は、離乳食を進めていくうえで大切なステップです。赤ちゃんの成長に合わせながら、タイミングをみて始めてくださいね。

2回食で得られること

生活リズムをつける

1日に2回、決まった時間に食事をすることで、規則正しい生活リズムが身につくようになります。

いろいろな食材を楽しむ

2回食にすることで、1日に食べる食材の種類が増えます。口の中でいろいろな味や食感を学ぶこともできるようになります。

3回食への準備期間

2回食は、大人と同じように1日3回食事をするための準備期間です。赤ちゃんは、食事の回数や量を急に増やすことはできないので、少しずつステップアップすることが大切です。

離乳食の2回食はいつから?タイミングは?

赤ちゃん ごはん 離乳食 スプーン

離乳食の2回食をいつから始めるかには、目安となるタイミングがあります。

2回食に進めるタイミング

● 離乳食開始から1ヶ月以上が経過した頃
● スプーンで食べることに慣れ、1回の量をしっかり食べきり飲み込めるようになった頃

生後5〜6ヶ月で離乳食をスタートした場合、生後7〜8ヶ月頃の離乳食中期が2回食の時期です。ただし、離乳食の進行には個人差があります。初期のスタートが順調でも、途中で食べなくなることも少なくありません。

月齢だけを目安にせず、上記の2つのタイミングを満たしていたら、2回食へ進みましょう。

2回食になると、赤ちゃんは1日に必要とする栄養素の30~40%を離乳食から摂取するようになります。

離乳食の2回食を与える時間は?量はどのくらい?

離乳食 ママ 赤ちゃん 食事

2回食に移行するときは、食事の時間帯や、1回に与える量をしっかり把握しておきましょう。

2回食の食事の時間

2回食になったら、基本的に午前と午後にそれぞれ食事を与えます。食事と食事の間は、3~4時間はあけましょう。

ママやパパの生活リズムや赤ちゃんがどのくらい母乳・ミルクを飲むかによって、離乳食を与える時間帯は変わってきますが、下記のタイムスケジュールをひとつの目安にしてみてくださいね。

午前6時
母乳またはミルク
午前10時
離乳食+母乳またはミルク
午後2時
母乳またはミルク
午後6時
離乳食+母乳またはミルク
午後10時
母乳またはミルク

母乳やミルクは、それぞれの離乳食の後に飲ませます。離乳食後とは別に、母乳の場合は赤ちゃんが欲しがるだけ、ミルクは1日に3回ほど飲ませましょう(※1)。

2回食の時期になると、1回食のときには食べられなかった食材も食べられるようになります。アレルギー反応が起こる可能性も考えて、初めての食材は必ず午前中に与えましょう。午後の食事では、普段から食べ慣れている食材を食べさせてくださいね。

2回食の量は?

1食目の食事では、1回食のときに与えていた量と同じ量を与えます。2食目では、まずは、1食目の1/3ほどの量から与え、徐々に増やしていきましょう。

離乳食の2回食の進め方のコツは?

食事 料理 野菜 調理 女性 主婦

ようやく離乳食を作って与えることに慣れてきたと思ったら2回食になるので、忙しいママにとっては大変ですよね。楽しく2回食を進めていくために、ちょっとしたコツを掴んでおきましょう。

調理方法を工夫

2回食になる離乳食中期の頃には、7倍粥が食べられるようになります。食材の固さや大きさは舌と上あごで潰せるぐらいが目安です。フードプロセッサーや電子レンジを使うと、時間が短縮できますよ。

おかゆや食材は、1度にまとめて作り、1食分ずつ冷凍保存しておくと便利です。忙しいときは、市販のベビーフードや調味料を上手に利用して、息抜きしながら進めていきましょう。

レパートリーを増やす

赤ちゃんに美味しく2回食を食べてもらうには、レパートリーを増やすことがポイントです。同じ食材でも調理方法や味付けを変えるだけで、レシピのレパートリーが増えます。

大人用に調理したスープやみそ汁の上澄みを少しだけとって、味付けに使うのもおすすめです。

栄養バランスを考える

2回食になると食べられる食材も増えてくるので、少しずつ栄養バランスについても考えていきましょう。穀類、たんぱく質性食品、野菜・果物類、油脂類の中から、毎食それぞれ1~2種類を選ぶとバランスの良い食事を作ることができますよ。

2回食を赤ちゃんと一緒に楽しもう

赤ちゃん ママ ごはん 食事 離乳食 ぐちゃぐちゃ

2回食に進むと、赤ちゃんも食べることを楽しむようになってきます。ママは、一段と忙しくなりますが、赤ちゃんと一緒に楽しむ気持ちを忘れずに、いろいろな食材を与えてあげましょう。

日によって、食べる量にムラがあったり、好き嫌いをしたりすることもあります。ついつい心配になってしまいますが、大人と同じように、赤ちゃんもその日の気分によって食欲が増したり減ったりするものです。あまり気にし過ぎず、ゆっくり進めていきましょう。

2回食のステップが終わると、いよいよ3回食に進みます。離乳食の進行とともに、赤ちゃんの新たな成長がみられるので楽しみですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう