離乳食初期の進め方!生後5・6ヶ月の量や献立は?

赤ちゃんが生後5ヶ月を迎える頃になると、離乳食を開始しようと考えるママも多いですよね。離乳食を作るための道具やベビー食器を揃えて準備はできたものの、いざスタートしようとすると、どのステップから始めたらいいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。今回は、離乳食初期の進め方について、食べさせる量やコツ、注意点をご紹介します。

離乳食初期とはいつのこと?

赤ちゃん 笑顔 離乳食

 

離乳食は、初期、中期、後期、そして完了期の4つに分けられます。

口に入れたものをただ飲み込む「初期」、歯は使えないものの食べ物をかみ始めようとする「中期」、実際に歯を使って食べ物を噛むようになる「後期」、そしてもう大人と同じように咀嚼し食事ができるようになる「完了期」と、それぞれ食べ方も、食べる内容も異なります。そのため、離乳食は段階を踏んで、一歩ずつ進めていかなければならないのです。

離乳食初期の時期は、生後5、6ヶ月前後です。大人の食事を見てよだれを垂らすようになったり、口をパクパクと動かして真似をしようとしたり、赤ちゃんが「母乳やミルク以外の食事があるんだ!」という興味を自発的に持つようになる頃です。

この頃になると、補助があれば座ることができるようになってくるので、赤ちゃんの体と心の準備が整ったら離乳食を始めましょう。

離乳食初期(生後5・6ヶ月頃)の進め方は?

階段 ステップ 進行 スケジュール 段取り 

離乳食初期では、まずは口に食べ物を入れて飲み込むことに慣れさせます。その後、少しずつ食べさせる食材を増やしていきます。

離乳食初期:ステップ1

水とお米の比が10:1の10倍粥をあげることからスタートします。

離乳食の記念すべき初日は、10倍粥を1さじだけ与えます。離乳食の赤ちゃん用のスプーンはとても小さいので、1さじだと少なすぎるのではと思うかもしれませんが、赤ちゃんの胃腸は未発達なので、一度にたくさんあげると体がびっくりしてしまいます。

初日が順調にスタートしたら、2日目と3日目は2さじ、4日目に3さじとゆっくり進めていってください。最初のステップでは、おかゆのみを続けます。慣れるまで、1週間以上続けましょう。

離乳食初期:ステップ2

おかゆに慣れたら、それに加えて、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草といった野菜を1種類ずつ増やしてみましょう。野菜にあった調理法で、すりつぶしたり、裏ごししたり、舌触りを滑らかにしたりして、飲み込みやすさを重視してあげましょう。

進め方は、おかゆと同様にしましょう。1さじからスタートし、2さじ、3さじと増やしていってください。

離乳食初期:ステップ3

おかゆと野菜に慣れたら、たんぱく質に挑戦してみましょう。つぶしてなめらかにした豆腐や白身の魚が、あっさりとしていて消化しやすいのでおすすめです。

こちらも、おかゆや野菜と同じように、まずは1さじから与えていきましょう。

ひとつのステップが完了したら、次へ進むようにしましょう。赤ちゃんにとって初めての食材が続くので、様子を見ながら少しずつ進めていくことがポイントです。

離乳食初期に与える量の目安は?

離乳食 スプーン 

離乳食を与える時間帯は、初期のうちは1日1回です。一日の授乳のうちの1回分を離乳食に変えてみましょう。授乳して時間が経った空腹なときの方が食いつきがよくなります。

1回の離乳食で与える量の目安は、おかゆで小さじ6杯程度、他の食材(野菜やたんぱく質)で小さじ4~6杯ほどです。ただし、先述したとおり、始めたばかりの頃は徐々に量を増やしていってくださいね。また、初めての食材を与えるときも、ひとさじから始めましょう。

しかし、これはあくまでも目安で、完食しなければいけないというわけではありません。そもそも離乳食初期の目的は「母乳やミルク以外の食事を覚えさせる」ことです。すべて完食しなくても、少しずつ食べていくことができれば問題ありません。

食事の楽しさを知るという「食育」がおろそかになってしまわないように、笑顔でにこにこ食事ができるといいですね。

離乳食初期の進め方の注意点は?

赤ちゃん 離乳食 いや ママ 嫌がる

離乳食を食べるのを嫌がったとき

離乳食の開始時期には個人差があるので、生後5〜6ヶ月になっても、食べることに興味を示さない赤ちゃんもいます。

せっかく離乳食を準備したのに赤ちゃんが食べてくれないと、ママは心配になってしまいますが、まだ食べることに興味を持っていない時期なんだと理解して、焦らずにゆっくり進めるようにしましょう。

離乳食初期のアレルギー対策

赤ちゃんがどんな食材に対してアレルギーを持っているのかは、実際に食べさせたり血液検査をしたりしないとわかりません。初めての食材を与えるときは、ほんの1さじから試して、赤ちゃんの様子を見ながら食べさせましょう。

どの食材でアレルギー反応を起こしたのか特定できるように、新しい食材はひとつずつ食べさせるようにしましょう。「今日は新しい食材の○○と●●に挑戦させてみよう」と同時に初めての食材を複数あげないようにしてくださいね。

前述の通り、初めての食材を食べさせるときは、平日の午前中に試すようにしましょう。万が一、湿疹や発作が出た場合に病院にすぐに行くことができるので安心です。

離乳食初期の進め方のコツは?

料理 食材 はてな クエスチョン 疑問

離乳食は、大人の食事と違うものを作らなくてはいけないので大変ですが、コツさえつかんでしまえば意外と簡単なもの。ここでは、離乳食初期を楽しく進めるコツをご紹介します。

おかゆに混ぜてみる

赤ちゃんが野菜やたんぱく質をなかなか食べてくれないときは、おかゆに混ぜてみましょう。赤ちゃんにとって不思議な匂いや食感も、慣れたおかゆに混ぜてしまえば気にならないことも。

おかゆのとろとろとした食感に他の食材もなじんでくれるので、スムーズに飲み込むことができますよ。

冷凍してストックを作る

離乳食の度に1から作ると手間がかかって大変ですよね。そこで、赤ちゃんが寝ているときや、パパが赤ちゃんの面倒を見てくれているときに、多めにストックを作り冷凍保存しておくようにしましょう。

ストックを作るときは製氷皿を使うのがおすすめ。製氷皿の1ブロックがちょうど離乳食1回分くらいの量なので、食事の度に1ブロックずつ出してレンジで加熱するだけ簡単に用意ができますよ。

離乳食初期の進め方には個人差があるもの

赤ちゃん 笑顔

離乳食を始めてしばらくは、慣れないことの連続であたふたしてしまうこともありますよね。煮て裏ごしして、手を尽くして用意した離乳食を赤ちゃんが全く食べてくれなかったり、ひっくり返されてしまったりすることもあるかもしれません。

ついイライラして、悲しい気持ちになりがちですが、赤ちゃんも食べたくない気分のときがあったり、初めての食材に戸惑ったりするもの。離乳食初期は、コツコツ根気よく続けて、赤ちゃんに食事の楽しさ、食材そのもののおいしさを教えてあげることが大切です。

離乳食初期の赤ちゃんとの食事の時間を楽しみながら、少しずつ次のステップに向けて進んでいけるといいですね。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう