生後1ヶ月の赤ちゃんの体重や睡眠時間は?育児のポイントは?

記事監修 助産師 佐藤 裕子
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 続きを読む

生後1ヶ月は赤ちゃんの表情が豊かになり、授乳や睡眠のペースに合わせた生活にも少しずつ慣れてきた頃ではないでしょうか?寝てばかりだった赤ちゃんも起きている時間が徐々に長くなってきましたね。今回は、生後1ヶ月の赤ちゃんの成長や発達、生活や育児のポイントをご紹介します。

生後1ヶ月の赤ちゃんの身長や体重は?

赤ちゃん新生児 お昼寝 すやすや

厚生労働省が母子健康手帳に示している発育曲線によると、生後1ヶ月の赤ちゃんは身長50~59.6cm、体重は3,390~5,960gと個人差があります(※1)。男女差もありますが、出生から1,000グラムほど体重が増えていることが多いようです。生まれたときの身長や体重はそれぞれ異なるので、この1ヶ月間の成長が、発育曲線に添っているかを確認すると良いですよ。

生後2ヶ月にかけて1キロ、1日30グラムほどのペースで体重が増えていくのが標準ペースです。体には皮下脂肪がつきはじめ、ふっくらとして肉づきがよくなっていきます。

また体全体にも筋肉がつきはじめ、手足を伸ばしたり、手を開いたりするようになり、手足をバタバタと動かすこともありますよ。首はすわっておらず、足はM字に開いた状態で寝ていますが、うつ伏せで寝かせると少しあごを持ち上げることができます。

赤ちゃんの身長・体重

● 男の子 身長:50.9~59.6cm 体重:3.53~5.96kg
● 女の子 身長:50.0~58.4cm 体重:3.39~5.54kg

赤ちゃんの主な成長

● 視力が発達し、色のはっきりしたものが見えるようになる
● 20~30センチまで顔を近づけると、目をじっと見るようになる
● 目で物を追いかける「追視」ができるようになる
● 表情が少しずつ豊かになる
● 手のひらや足の裏にものが触れると握り返す「把握反射」などの原始反射が見られる
● 「あー」「うー」などの声が少し出るようになる

生後1ヶ月の授乳間隔・授乳時間・ミルクの量は?

時間 時計 手のひら 

母乳の場合

生後1ヶ月になると起きている時間が長くなりはじめ、授乳間隔が定まりはじめます。しかし、等間隔の授乳ペースができるとは限りません。授乳の目安は3時間おきで、左右それぞれ5~10分飲ませてあげましょう。

生後1ヶ月は、1日10~12回ほどの授乳回数の方もたくさんいます。20分以上の授乳は負担がかかるので、途中できりあげて様子を見ながら行いましょう。授乳するほど母乳は出やすくなるので、赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてあげてください。

ミルクと母乳の混合の場合

ミルクは母乳よりもカロリーが高いため、与えすぎには注意をしましょう。ミルクをあげるときは、3時間は間隔をあけるように心がけ、母乳の量も考えながら調整してください。

完全ミルクの場合

完全ミルクの場合は、ミルク缶に書いてある1日の摂取量を目安にしましょう。生後1ヶ月での1日の目安量は約840mlです。

生後1ヶ月の母乳不足はどう見分ける?

授乳 赤ちゃん 母乳

授乳の回数が少ないと、「母乳不足になっていないかな…栄養は足りているのかな…」と不安になるかもしれません。一般的に、1日8回以上授乳できていれば問題ないとされていますが、上述の回数より少ない日が続くときは、赤ちゃんの体重をチェックしましょう。

およその目安として、生後1ヶ月頃は1日25~30グラムほどのペースで体重が増えていきます。また、母乳不足は、おしっこの回数が減る、うんちが数日出ないなどでも見分けることができます。

生後1ヶ月の睡眠時間は?

赤ちゃん プレゼント 出産祝い

生後1ヶ月頃赤ちゃんは、授乳のとき以外はほとんど寝ています。1日の睡眠時間は20時間前後が目安です。昼夜の区別がしっかりできない時期なので、昼夜逆転して夜中に目が覚めてしまう赤ちゃんや、夕方の薄暗い時間から泣き出す「たそがれ泣き」をする赤ちゃんもいます。

今後、生活リズムを除々に整えていくためにも、起きているときはしっかりと相手をしてあげましょう。生後3~4ヶ月頃からは、寝る時間が自然と定まってくるようになり、夜もまとめて寝るようになってきます。

ぐずってなかなか寝ない赤ちゃんは、快適な眠りを妨げられている可能性があります。おむつが濡れていないか、あせもなどでかゆいところはないか、お腹は空いていないか、部屋は適温かなど、赤ちゃんの環境に気を配ってあげると、よく寝てくれるかもしれませんよ。

生後1ヶ月は視力などの五感が発達する

赤ちゃん 布団

生後すぐの赤ちゃんは、視力0.01~0.02ほどで、20センチ先のものはぼんやりとしか見えません。生後1ヶ月を過ぎると、これまでは匂いや感触をたよりに乳首を探していた赤ちゃんに視力がついて、目で探せるようになっていきます。

また、目を動かしてものを追う「追視」ができるようになることで、少しずつ視野が広がっていきます。この後、生後3ヶ月頃には形を認識できるようになり、生後半年を過ぎると視力が0.1ほどになり、色々なものが認識できるようになっていきます。

視力以外にも、嗅覚や味覚、触覚がママのおっぱいを探し、味の違いを見極めるために敏感になっていきます。

生後1ヶ月は乳幼児突然死症候群に注意

注意

乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)とは、特に病気もなく健康に過ごしていたにも関わらず、赤ちゃんが寝ている間に突然死亡してしまう病気です。生後2~6ヶ月の赤ちゃんに多く見られ、その原因はいまだはっきりしていません。

ただし、厚生労働省によると、早産児や低出生体重児に多く発症するほか、うつぶせ寝や受動喫煙はそのリスクを高める可能性があり、母乳育児はリスク低減が期待できるそうです(※2)。

生後1ヶ月検診を忘れずに

グッズ チェックリスト ポストイット コルクボード メモ

1ヶ月検診では赤ちゃんの成長と健康状態をチェックし、先天性の病気や障害がないかをチェックします。合わせて子宮や悪露の状態など、出産後のママの体も確認します。

育児や自分の体のことで悩みや不安を解消するためにも、忘れずに生後1ヶ月検診を受診し、医師に相談してくださいね。

生後1ヶ月を過ぎたらお風呂デビュー

赤ちゃん お風呂 ベビーバス

1ヶ月検診の後はいよいよベビーバスから普通のお風呂に入れます。沐浴と違い、赤ちゃんと一緒にお風呂に入らなければならないので、最初は手間取ってしまうもの。

お風呂に入れるときは、出た後すぐに服を着せられるように準備しておくようにしましょう。また、お風呂の中も寒くないようにシャワーで温めておくと赤ちゃんも驚きませんよ。

赤ちゃんの体を洗うときや、ママがちょっと体を洗うときにはベビーバスチェアを準備しておくと、落ち着いて赤ちゃんとのお風呂タイムが過ごせます。

お風呂はパパママと赤ちゃんがスキンシップをはかれる大切な時間でもあるので、段取りよく入浴して楽しい時間を過ごせるといいですね。

生後1ヶ月頃は乳児湿疹に注意

赤ちゃん 泣く

生後すぐ~1歳頃までにできる湿疹を「乳児湿疹」と呼びます。生まれたばかりの赤ちゃんは皮脂の分泌が過剰で湿疹ができやすくない状態で、頬や口の周り、あご、頭などに赤い湿疹ができ、じゅくじゅくしたり、かゆみを伴ったりすることがあります。

乳児湿疹には、かさぶた状の湿疹ができる「乳児脂漏性湿疹」、顔の皮脂の分泌が多い部分にできる「新生児にきび」、汗をかきやすいところに発疹ができる「あせも」など様々な症状があります。

赤ちゃんの肌は薄く、機能も未発達で刺激に弱く、様々なトラブルを起こしやすいものです。入浴の際に、赤ちゃん用石けんでよく洗って肌を清潔にすることで症状を緩和することができますよ。症状がひどいときは、早めに皮膚科を受診してくださいね。

生後1ヶ月で便秘になることもある?

赤ちゃん お腹 マッサージ

生後1ヶ月を過ぎると、うんちに水っぽさがなくなっていきます。粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんのうんちは硬め、母乳だけ飲んでいる赤ちゃんのうんちは黄色や緑色っぽく、ゆるめなのが特徴です。

うんちのリズムは赤ちゃんによって様々なので、出るのが2~3日おきであっても、元気で母乳やミルクをよく飲み、うんちがすんなり出ているようであれば、心配ありません。

ただし、3~5日以上うんちが出ない場合は便秘の可能性があります。入浴時にお腹を温める、お腹をマッサージするなど排便を促す手助けをしてあげましょう。長引くようなら小児科の医師に相談してくださいね。

生後1ヶ月は鼻づまりしやすい?

赤ちゃん 泣く

赤ちゃんは新陳代謝が激しく喉や鼻に分泌物が多いことから、鼻くそがたまって詰まりやすい状態です。鼻が詰まっていると授乳のときにうまく呼吸ができず苦しそうで心配になりますよね。

鼻の入り口にある鼻くそは、綿棒の綿をほぐしたもので優しく取り除いてあげましょう。鼻の周りの粘液は傷つきやすいので、頻繁に行わないよう注意してください。

また、奥の方にある鼻くそは、くしゃみやお風呂あがりの粘液が柔らかくなっているときにとるのがおすすめです。鼻水吸引器で一緒に吸ってあげるのも効果的です。

生後1ヶ月頃の咳の原因は?

赤ちゃん 新生児 抱っこ

赤ちゃんは母体や母乳からもらった免疫により、生後3~6ヶ月頃までは風邪などの病気にかかりづらい状態です。ただし、百日咳やRSウイルス、クループ(咽頭炎)、気管支喘息、喘息性気管支炎など命に関わる病気を患っている場合もあります。

咳き込んで吐いてしまう、夜寝つくまで咳き込む、顔色が悪くなるような咳をする、苦しくて泣いてしまうなど、何日も咳が止まらないなど、赤ちゃんが苦しそうな場合は、病院を受診してください。

生後1ヶ月の外出は控えめに

赤ちゃん 女性 お母さん ママ 笑顔

生後1ヶ月の赤ちゃんは体温調節がうまくできず、未熟な時期です。また、数時間おきの授乳で疲れがたまってママも寝不足になりがちで、ホルモンのバランスも崩れているため本調子ではありません。

1ヶ月検診が終わり赤ちゃんの成長を確認できるまでは不要な外出は控えるようにし、赤ちゃんとゆっくりとした時間を過ごすようにしてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう