生後2ヶ月の赤ちゃんの体重や睡眠時間は?育児のポイントは?

記事監修 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 続きを読む

生後2ヶ月頃の赤ちゃんは、起きている時間が長くなり、笑顔を見せてくれる回数も増える時期です。昼と夜の区別も徐々についてくるので、天気のいい日はお散歩に出かけるなど、生活リズムを整えてあげる工夫をしていくといいですね。今回は、生後2ヶ月の赤ちゃんの体重や睡眠時間、生活やリズムなど育児のポイントをまとめました。

生後2ヶ月の赤ちゃんの身長や体重は?

乳児 ママ 赤ちゃん 添い寝

生後2ヶ月の赤ちゃんの身長や体重は、母子健康手帳に記載されている厚生労働省の発育曲線によると、身長53.3~63.2cm、体重4,190~7,180gで、男女差や個人差があります(※1)。

ただし、発育曲線の枠はあくまでも目安なので、発育曲線の傾斜にそって身長や体重が増えているかどうかを確認しておくことが大切です。1日25g、1ヶ月で1kg前後のペースで成長していれば問題ないでしょう。

骨が目立たないほどぽっちゃりと丸い体型になり、手首や足首のくびれに大きなシワが目立ってきます。成長するにしたがって筋肉が少しずつついてくるので、首を左右に動かしたり、手足をあげたりできるようになり、寝かせると手足をバタバタさせる子もいます。

赤ちゃんの身長・体重

● 男の子 身長:54.5~63.2cm 体重:4.41~7.18kg
● 女の子 身長:53.3~61.7cm 体重:4.19~6.67kg

ただし発育曲線とはあくまでも目安で、赤ちゃんの出生時の身長・体重には個人差があります。「発育曲線の中に収まっているかどうか」というよりは、それぞれの赤ちゃんの「出生体重から月単位で増えていく身長・体重が、発育曲線のカーブに添っているかどうか」が大切です。

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長や生活リズムは?

時間 時計 文字盤

生後2ヶ月の赤ちゃんは、1ヶ月の頃と比べると、声や笑顔がでるようになってきます。動きが安定してくるので、ママも少し安心できますね。首の筋肉がつき、縦抱っこをすると自力で支えようとしますが、首すわりはまだ少し先なので、手で首まわりを支えてあげましょう。

睡眠時間は少し減り、起きている時間が長くなることや、昼夜の区別がつきはじめるのが特徴です。

生後2ヶ月の赤ちゃんの主な成長

● 追視ができるようになる
● 表情が豊かになる
● 首が少ししっかりとして、うつぶせにすると頭を持ち上げようとする
● 大脳の排便中枢や腸が発達し、腸内にうんちが溜められ回数が減る
● 「アー」「ウー」などの喃語(なんご)が出てくる
● 欲求によって違う泣き方をするようになる
● よだれの量が増えてくる

生後2ヶ月の生活リズム

● 基本的には、ミルクや授乳・睡眠を繰り返す
● 朝はカーテンを開けて日光を浴びる
● 午前中に、外気浴や家の近くを軽く散歩する
● 起きているときは、あやしたり、話しかけたりする
● お風呂の時間を決めて、夕方には入るようにする
● 夜は部屋を暗くし、遅くても20時までには寝る体制を作る

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は?

赤ちゃん 寝る 夜

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は、1日14~15時間です。睡眠の時間帯には個人差があり、午前中と午後に2回ずつ昼寝している場合は、回数が減ったり、午前か午後のどちらかしか眠らない赤ちゃんも出てきますよ。

昼夜が逆転しているようであれば、生活にメリハリをつけてリズムが整うよう促してあげましょう。難しく考えず、朝や日中は日差しを浴びて、夜は部屋を暗くしてあげるだけでも、自然と生活リズムが整っていきます。

あまり神経質にならず、赤ちゃんのペースに寄り添いながら行ってくださいね。

生後2ヶ月の赤ちゃんとの遊び方は?外出してもいいの?

ママ ベビーカー 散歩 公園 秋 紅葉

生後2ヶ月の赤ちゃんは、ママやパパにあやしてもらう感覚がわかってきます。自分のことや周囲に対して興味も示してくるので、遊びやお散歩を積極的に取り入れましょう。

赤ちゃんとの遊び方

生後2ヶ月頃は音や動きに反応しやすくなるので、遊ぶときはベッドメリーや目の前で動く玩具を用意してあげると良いですね。赤・黄・青など、鮮やかでカラフルな薄手のスカーフなどを、目の前でひらひらと遊ばせると喜びます。

この時期は、顔の前に手を持ってきてじっと見つめる「ハンドリガード」という動作や、指しゃぶりをよく行うようになりますが、自分の体の一部ということを実感する大事な動作であり、赤ちゃんにとっては絶好の玩具。無理に引きはがさないようにしましょう。

外気浴やお散歩のコツ

外気浴をするときは、最初は5分くらいからはじめましょう。2ヶ月の終わり頃には30分くらいかけて散歩するのが外出時間の目安です。外気浴は体温調節機能を高め、肌も丈夫にしてくれるだけでなく、外の世界を知ってわくわくすることで心の発達にもよい影響を与えてくれますよ。

ママの免疫はありますが、病気がうつる可能性もあるので、人込みを避けたり、混雑しない時間帯を選んだりしましょう。

生後2ヶ月の赤ちゃんの授乳・ミルクの回数や量は?

ミルク

生後2ヶ月の赤ちゃんは、口の周りの筋肉が発達してきたことで、母乳を上手に飲めるようになり、授乳時間がだんだん短くなります。体の大きさによって飲む量は異なりますが、体重が1日25g以上増加していれば、栄養は足りていると考えて大丈夫です。

母乳の場合

昼間の授乳間隔は2~3時間おき、授乳回数は1日7~9回ほどと、生後1ヶ月のときより授乳間隔が開きはじめます。1回の授乳時間は左右10分ずつが目安です。

夜の授乳間隔は、4〜5時間おきになる子もいます。母乳をまとめて飲めることで長時間眠ってくれるようになるので、赤ちゃんを無理に起こして授乳する必要はありません。

ミルクと母乳の混合の場合

完全母乳に移行したい人は、徐々にミルクの量を減らしていきましょう。母乳量によって個人差はありますが、赤ちゃんの体重に気をつけながら生後1~2ヶ月間は1日のミルク回数を1~2回ほどにして様子を見ます。

完全ミルクの場合

食欲が旺盛なので、ミルクをたくさんほしがります。ほしがるだけミルクを与えると栄養を摂り過ぎてしまい、不必要な脂肪が体につき、肝臓や腎臓に負担がかかってしまいます。ミルクの量は、1日1000ml以下にとどめましょう。

1日6回授乳なら1回160ml、1日7回授乳なら1回140ml、1日8回授乳なら1回120ml、1日9回授乳なら1回100~110mlを目安にしてくださいね。

生後2ヶ月の赤ちゃんも咳をする?風邪・便秘など体の不調に注意

赤ちゃん 体温 体温計 平熱 測定

生後6ヶ月頃までは病気になりにくいといわれていますが、些細な環境の変化や外出時に風邪にかかってしまい、熱や鼻水、鼻づまりを起こすことがあります。特に鼻づまりは息が苦しくなると、機嫌が悪くなったり、うまく哺乳できなくなったりすることも。

部屋を加湿し、鼻水吸引器を活用しながら、赤ちゃんの鼻づまりをケアしてあげましょう。母乳を与えるときは、こまめに息つぎをさせるとうまくいきますよ。

母乳を飲む量が減り、高熱や嘔吐、寝ないなどの症状がある場合は、自己判断で市販の薬を与えず、小児科を受診しましょう。

生後2ヶ月目から予防接種のスケジュールをしっかり立てよう

医療 注射 カレンダー 予防接種

生後2ヶ月目から予防接種が受けられます。生後6ヶ月までに受けておきたいワクチンもあるので、内容やスケジュール、順番などをしっかり把握しておきましょう。

予防接種自体は、任意を含め11種類ありますが、2ヶ月で打てるのは、定期ではHib(インフルエンザ菌b型)、小児肺炎球菌、B型肝炎、任意ではロタウィルスです。1度に何種類か同時接種することもできます。

スケジュールの立て方がわからないときは、小児科の医師に相談すると、個人用にスケジュールを立ててくれることもあります。スケジュール管理用のアプリもあるので活用しましょう。

生後2ヶ月の赤ちゃんとコミュニケーションを楽しもう

赤ちゃん 乳児 新生児 ママ 一緒 親子

生後2ヶ月は、少しずつ表情や反応を見せてくれるのが一番楽しいですよね。毎日違った表情を見せてくれるので、コミュニケーションを大切にしながら遊んであげましょう。

生後2ヶ月頃になると、ママはこれまでに蓄積された産後や育児の疲れが出て、体調を崩しやすくなります。育児はマラソンのようなものなので、適度に休憩をとりながら、じっくり進めていけるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう