【赤ちゃん・新生児の鼻くそ】つまりを解消するためのテクニックは?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

風邪を引いているわけでもないのに、赤ちゃんが鼻をつまらせて苦しそうにしていることがありますよね。鼻の中をのぞくと、立派な鼻くそが…。取ってあげたくても、奥に詰まっていて、なかなかうまく取り出せず、困っているママも多いのではないでしょうか。そこで今回は、新生児・赤ちゃんの鼻くその取り方やコツ、注意点をご紹介します。

新生児や赤ちゃんは鼻くそがつまりやすいの?

赤ちゃん 新生児 鼻づまり 鼻くそ

そもそも、鼻くそとは、鼻水や鼻の粘膜から出た分泌物、空気中のホコリが集まって固まったものです。赤ちゃんの鼻の中に鼻くそがつまりやすい理由は、主に2つあります。

  • 鼻の粘膜が特に温度や湿度の変化に敏感で、鼻水が出やすい
  • 鼻の穴が小さく、分泌物やゴミが溜まりやすい

このような理由から、赤ちゃんや新生児は風邪を引いていないときでも鼻くそができやすく、取ってあげても、すぐにまた新しい鼻くそが出てきてしまうのです。

新生児や赤ちゃんの鼻くその取り方は?

綿棒 瓶

鼻の穴の入り口付近にある鼻くそは、無理のない範囲で、綿棒やガーゼを使って優しく取ってあげましょう。このとき、赤ちゃんが動くと鼻を傷つけてしまう可能性があるので、頭をしっかり押さえてくださいね。

ここからは、赤ちゃんの鼻くそを取るときのポイントをいくつかご紹介します。

1. お風呂あがりに取る

赤ちゃんの鼻くそを取るベストタイミングは、お風呂あがりです。鼻くそがふやけているので、ベビー用綿棒や濡れタオルで鼻の穴の入り口をぬぐってあげると、スルっと取れますよ。

2. 蒸しタオルで鼻を温める

鼻を温めると、鼻くそがふやけて取りやすくなります。鼻くそを取る前に、蒸しタオルで少し赤ちゃんの鼻を温めてみてください。

3. うつぶせにして取る

赤ちゃんが綿棒を嫌がってなかなか鼻くそが取れないときは、赤ちゃんをうつぶせにして、首を上げるような姿勢にさせてみましょう。

赤ちゃんが首を上げようとして踏ん張るときに、力んで鼻から息を吐き出すことで、勢いで鼻くそが出てくることがあります。

ただし、赤ちゃんをうつぶせにするときは、窒息しないように絶対に目を離さず、固めの布団やマットの上でやるようにしてくださいね。

4. 鼻水吸引器を使って取る

鼻くその大きさが小さく、鼻の穴の周りにこびりついていなければ、鼻水吸引器で吸い取れることもあります。ただし、やりすぎてしまうと、鼻の粘膜を傷つけてしまうので、気をつけてくださいね。

上記の方法を試しても、鼻くそがうまく取れないときは、無理に取ろうとはせず、自然に出てくるのを待ちましょう。

赤ちゃんの鼻の奥にある鼻くその取り方は?ピンセットを使ってもいい?

疑問 女性 クエスチョン 謎 はてな

鼻の中の奥のほうに鼻くそが見えると、取ってあげるべきか悩んでしまうときもありますよね。

新生児や月齢が低い赤ちゃんの奥にある鼻くそを取ることは、おすすめできません。大人用のピンセットで取ろうと考える人もいるかもしれませんが、鼻の粘膜を傷つける恐れがあるのでやめましょう。

奥につまっている鼻くそは、時間が経てば自然と出てきますが、あまりにも長い間、奥につまっていて、赤ちゃんが息苦しそうにしているときは、小児科や耳鼻科を受診してください。

それほど奥につまっていないものであれば、以下のような先が丸い赤ちゃん用のピンセットを使って取るのも一つの方法ですよ。

ピジョン ベビーピンセット

要出典 ピジョン ベビーピンセット
出典: products.pigeon.co.jp

新生児から使えるプラスチック製のピンセット。先が丸く、つまみやすいので鼻の中を傷つける心配もありません。さらに煮沸消毒ができるのも嬉しいポイント。鼻の奥に入れすぎないように気をつけて使ってくださいね。

赤ちゃんの鼻くそつまりを予防する方法は?

加湿 子供 室内 保湿

新生児や赤ちゃんの鼻くそつまりを予防するには、鼻くそができにくい環境を作ることがポイントです。

部屋を乾燥させない

部屋の空気が乾燥していると、鼻水が乾燥して、鼻くそができやすくなります。乾燥する冬場は、部屋に加湿器を置いて、湿度を50~60%程度に保ちましょう。

鼻水をこまめに吸引する

鼻水が出ているときは、こまめに吸引してあげることで、鼻くそができにくくなります。鼻が詰まった状態を放っておくと中耳炎を引き起こす恐れがあるので、気をつけてあげてくださいね。

新生児・赤ちゃんの鼻くそは様子を見てあげましょう

赤ちゃん ママ 抱っこ 笑顔 親子

新生児や赤ちゃんは鼻くそができやすいので、鼻の中につまっていたとしても、あまり気にし過ぎる必要はありません。無理に鼻くそを取ろうとすると、鼻の中の粘膜を傷つけてしまう恐れもあります。

大きい鼻くそが詰まっていて、息苦しそう、寝苦しそうというときや、鼻づまりが続くときは、小児科や耳鼻科を受診してくださいね。

部屋の乾燥や鼻水のつまりにも気を使いながら、鼻くそができにくいようにしてあげることが大切です。鼻の中をこまめにチェックしてあげながら、赤ちゃんが快適に過ごせるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう