妊活とは?何をするの?始めるタイミングの見極め方は?

就活、婚活、終活と「活」のつく言葉はたくさんありますが、その中でも「妊活」は、流行語の第2位に選ばれたこともあるくらい、多くの女性の関心事となっています。テレビや雑誌でも取り上げられることが多い妊活ですが、何をすればいいのか詳しくはわからないという人も多いようです。そこで今回は妊活について、何を、いつから、どのようにすればいいのかまとめました。

妊活とは?

女性 考え事 勉強 眼鏡

妊活とは、「妊娠についての正しい知識をつけ、自分の体の状態を把握し、妊娠するために前向きに活動すること。将来、自然に妊娠しやすくするための体作りや生活スタイルを整えること」です。妊娠を希望している女性だけでなく、今は妊娠を希望していないけれど将来的にしたい女性や、協力するパートナーの男性も対象に含まれます。

子どもが欲しいと望んで夫婦生活をすれば妊娠できるのでは?と思うかもしれませんが、妊娠しやすいタイミングに性交を行っても、20代前半のカップルで約30%、30代で約20%、35歳になると約10%の確率でしか妊娠しません。妊娠を望むなら、しっかり妊娠に向けた行動をとる必要がありますね。

妊活が必要なのはなぜ?

女性 おなか

「妊活」という言葉はジャーナリストで大学教師の白河桃子さんが提唱しました。なぜ、妊活という言葉がこれほど浸透したのでしょうか?実は、妊活ブームは晩婚化と関係しています。

女性の社会進出などの背景により、平均的な結婚年齢が高くなり、妊娠年齢も上がっているのです。35歳以上での出産を「高齢出産」といいますが、現在、第1子を出産した女性の5人に1人が35歳以上だといわれています。

結婚に年齢の制限はありませんが、流産の確率は年齢と共に上がり、高齢出産にはリスクが伴います。例えば、ダウン症などの染色体異常児が生まれる可能性が高くなる、胎児や母体に影響のある病気にかかりやすくなる、などがあります。

高齢出産のリスクを避けるためにも、早くに妊活に取り組む必要がある、と多くの女性が感じているようです。

妊活はまず何をするといいの?

女性 コーヒー 自転車 公園

では、妊活として具体的に妊娠しやすい体を作るためには、どんなことをすると良いのでしょうか。具体的に取り組みたいことは、以下の通りです。

基礎体温をはかる

自分の体の状態を把握するのに最適なのが、基礎体温をつけることです。排卵周期を知ることで妊娠しやすい時期がわかります。

体を冷やさない

「冷えは万病のもと」といわれているように、冷えは妊娠の大敵です。冷えによって血行が悪くなり子宮の機能が下がってしまうなど、妊娠しにくい体になってしまうのです。エアコンで体を冷やさないようにするだけではなく、冷たい飲み物や生ものも体を冷やすので注意しましょう。

食生活の改善

バランスの良い食事から健康的な体がつくられます。朝昼夜ともに栄養バランスのとれた食事を心がけることで、妊娠しやすい健康的な体を保ちましょう。

適度な運動

体を動かすことで血行が促進され、体の内から冷えが改善します。また、体を動かすことでストレスが発散されるので妊活として取り入れる方が多いですよ。

葉酸の摂取

葉酸は赤ちゃんの細胞が分裂するときに大事な役割を果たします。特に妊娠初期は最も活発に細胞分裂をしている時期ですが、妊娠前から葉酸をとり始めることが理想的です。

カナダなどの海外では、葉酸サプリメントの摂取が推奨されています。日本でも厚生労働省が合成葉酸の摂取を推奨していますが、合成葉酸はサプリメントから摂取することができます。葉酸は水で流れてしまうために食品だけからとるのが難しく、サプリメントを上手に活用するのがおすすめです。

良質な睡眠

寝不足が続くと、お肌の調子が悪かったり、化粧ノリがよくなかったりしますよね。夏場はエアコンや除湿機能を使って室内を適温にし、冬場は寝る前に温かいお風呂につかって生姜湯を飲んで体を内側から温めるなどして、快適に眠ることを心がけましょう。

ストレス発散

赤ちゃんがなかなかできないと、不安になったりストレスが溜まったりしてしまうものです。ただ、ストレスが原因で妊娠しにくくなる場合もあるので、ストレス発散も立派な妊活のひとつですよ。

定期的な健診

子宮内膜症や子宮筋腫といった病気が原因で妊娠できない場合があります。産婦人科で定期的に健診をすることで、不調のサインを早期に見つけて病気を防ぎ、治療を受けることができますよ。

妊活で大事な妊娠しやすいタイミングは?

妊娠初期 妊婦

妊活では、妊娠しやすい体づくりはもちろん、基礎体温を記録した上で、妊娠しやすいタイミングに性交を行うことも大切です。妊娠には、卵子と精子の受精が必要で、女性の体の中で生じる、排卵タイミングを把握することが大切です。

卵子の寿命が約24時間、精子が2〜3日ということを考えて、基礎体温や排卵検査薬で予測できる排卵日の1〜2日前から継続して性交を行いましょう。月経周期の中でももっとも妊娠しやすいタイミングになります。

妊活はいつからはじめたらいい?

時間 時計 手のひら 

すぐにでも妊娠したいという方はもちろん、結婚しているかどうかに関係なく、将来的には子どもがほしいと考えている方も、高齢出産のリスクを理解し、いざそのときにスムーズに妊娠できるよう、妊娠のための健康管理は早いうちから準備しておくことが大切です。1日でも早く始めることが、「妊娠しやすい体づくりになる」といえますよ。

妊娠しない理由は?

女性 妊娠検査薬 妊娠

妊活を始めて妊娠しやすいタイミングに性交を行っても、なかなか妊娠できないという場合には、次のような理由が考えられます。

● 排卵日の予測がまちがっている
● 生理不順など、妊娠しにくい体になっている
● 排卵障害や着床障害などの女性特有の病気
● 無精子症や乏精子症などの男性特有の病気

妊活によって生活習慣を改善し、生理周期を整えて排卵日をより正確に予想できるようになると、一歩妊娠に近づきます。しかし、女性・男性側の不妊につながる病気があるときには、体質の改善だけでは妊娠につなげることは難しいといえます。

不妊治療はいつから?

不妊治療 男女 カップル 夫婦 医師 相談 受診 病院 カウンセリング

不妊につながる病気を早い段階で見つけるためにも、不妊治療のスタートとして夫婦一緒に不妊検査を受けることをおすすめします。タイミングとしては、避妊をせずに性交をはじめて1年以上妊娠しないときには不妊症と診断されるため、1年を目安にクリニックを受診しましょう。

また年齢が35歳以上の高齢出産に差し掛かっているときには、半年くらいのタイミングで不妊検査を受けるのがおすすめです。検査結果に合わせて、妊娠・出産に向けたアドバイスや治療が受けられますよ。

二人目以降の妊活はいつから?授乳中は?

赤ちゃん 母乳 授乳

晩婚化が進むことにより、二人目の出産はより高齢出産になる女性が増えています。そのため、一人目を出産した後、できるだけ早く妊娠・出産したいと思う人も多いようです。

ただし、産後の母体はダメージが蓄積しているため、生理が規則的に起こるまでの1年から1年半は期間を空けたほうが良い、とアドバイスする産婦人科が多いようです。ただし、排卵による生理開始時期には個人差もあり、出産後1〜2ヶ月で生理が始まる人もいます。

気をつける点としては、授乳中は子宮の収縮も起きているため、授乳中に妊娠すると流産の可能性が高まるという点です。医師によっては授乳と流産の確率には関係性はないとする意見もありますが、授乳中であれば卒乳を考えるようにしましょう。

妊活は日々の生活習慣から

女性 親子 子供 男の子 おしゃれ 犬 草原

妊活と聞くと、妊娠を希望している女性がするものだと思う方も多いかもしれませんが、妊娠をまだ希望していない女性でも、妊活をしていることで将来的にスムーズな妊娠をすることができます。まずは自分の体のことをよく知り、生理不順を放っておかないなど、ちょっとした体の不調を見逃さず、日々の生活習慣から始めてみてくださいね。

※参考文献を表示する

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう