妊娠検査薬はいつから反応する?着床出血後の使える時期は?

妊娠検査薬の使い方はとっても簡単ですが、その分説明書を読まずに使ってしまう方も多いものです。妊娠検査薬は正しいタイミングで使ってこそ役立つもの。そこで今回は妊娠検査薬が使える時期と注意点についてまとめました。

そもそも、妊娠検査薬の仕組みは?

妊娠検査薬

妊娠検査薬は、妊娠すると分泌される「hCG」というホルモンに反応する仕組みとなっています。hCGは受精卵が子宮内膜に着床すると分泌量が増加しますが、市販の妊娠検査薬は尿中のhCG値が50mIU/mL以上の場合に陽性反応が出るものが一般的です。

排卵後10日前後から尿中のhCG濃度が上昇しますが、排卵後12日目頃(着床後約3日)には25mIU/mL、排卵後14日頃(着床後約5日)には50mIU/mL以上に達します。

妊娠検査薬はいつから使用できるの?

生理 判定 診断 妊娠検査薬 カレンダー 生理周期

妊娠検査薬は「生理開始予定日の1週間後以降」が判定可能な時期とされています。

● 尿中のhCG値が50mIU/mLを超えると陽性反応を示す
● 50mIU/mLの濃度まで達するペースには個人差がある

ということを前提に、ほぼ確実に判定ができる「生理開始予定日の1週間後以降」を妊娠検査可能時期としています。人によっては「生理開始予定日頃に妊娠検査薬を使ったら陽性反応があった」ということもありますが、hCG値は個人差があるものですし、蒸発線との見間違いの可能性もあるため、「生理開始予定日の1週間後以降」に試してくださいね。

ただし、早期妊娠検査薬というものもあり、これは尿中のhCG濃度が25mIU/mLで陽性反応を示す仕組みになっています。低い濃度を検出できるということで、早期妊娠検査薬は「生理開始予定日の2~3日前」から使えるものが一般的です。

フライングに注意!妊娠検査薬の目安時期を守って

注意

妊娠を待ち望んでいる人は「早く妊娠しているかどうか知りたい」という一心で、判定可能時期よりも前に検査をしてしまいがちです。人によっては生理予定日頃から妊娠検査薬に反応することもありますが、「実は妊娠しているのに、早く検査した結果が陰性で、飲酒や薬の服用をしてしまった」ということもあります。「生理開始予定日の1週間後」という目安を守って、妊娠検査薬を使ってくださいね。

着床出血後、いつから妊娠検査薬を使えるの?

女性 カレンダー 赤ペン チェック

着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床するときに生じる「出血」のことをいいます。これは妊娠症状の一つといわれていますが、着床出血と思われる出血があると「すぐにでも妊娠検査薬を使って確かめたい」と考える人も多くいます。ただし、着床出血があってもすぐに妊娠検査薬が反応するわけではありません。

着床出血は排卵後7~10日くらいで起きます。これは生理開始予定日の約1週間前ですから、妊娠検査薬が使えるのは「着床出血があってから約2週間後」ということになります。着床直後はhCGの分泌も少なく、検査をしても陰性になるのが普通です。着床出血があっても、焦らず、適切な時期になってから妊娠検査薬を使用しましょう。

妊娠検査薬はどんな時に陽性、陰性になるの?

妊娠検査薬は、「一定以上の濃度のhCGを検出すると陽性反応を示す」という仕組みなので、ある時期に陰性でも、濃度が不足していただけで、再度検査したら陽性だったというケースもあります。また陽性であれば正常な妊娠であるとも言い切れません。下記に妊娠検査薬で陽性と陰性のそれぞれの結果が出た場合に考えられる可能性についてまとめましたので、検査結果を見ながら確認しておきましょう。

陽性

● 正常な妊娠
● 子宮外妊娠
● 閉経期
● 流産、もしくは中絶直後
● 不妊治療で性腺刺激ホルモン剤などの投与を受けている
● 高度の糖尿、蛋白尿、血尿
● 卵巣がん、絨毛がん、肺がんなど悪性腫瘍

陰性

● 妊娠していない
● 妊娠しているが初期のため、まだ検出可能なhCG濃度に達していない
● 水分の摂り過ぎによって一時的に尿のhCG濃度が薄くなっている

妊娠検査薬の判定はかなりの確率ではありますが、絶対ではありません。陽性が出た場合や、陰性だったのに生理がこないという場合には、早めに医師の診断をあおぐようにしましょう。不妊療でhCGの投与を受けている人は特に注意してください。

妊娠検査薬がいつから反応するかを知って、正しく使おう

妊娠検査薬は、hCGの濃度が50mIU/mL以上で反応するのが一般的ですが、早期妊娠検査薬もあります。妊娠検査薬の説明書に書かれている使用時期は、その仕組みと一般的なhCGの分泌量、個人差を考慮して決定されているものですから、きちんと使い方を守って、正しく活用してくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう