基礎体温の測り方!コツや注意点は?普通の体温計でも測れるの?

妊活中の夫婦にとって、基礎体温表から排卵日を予測することはとても大切です。しかし、基礎体温が正しく測れていないと、せっかくの努力が水の泡。そこで今回は、基礎体温の正しい測り方や、測る時の注意点をご紹介します。

そもそも基礎体温とは?

【740px】基礎体温表(低温期・高温期のみ)

基礎体温とは、人間が生きていく上で必要最低限のエネルギーを使っているときの体温です。寝起き直後で体が一番安静な状態にあるときの基礎代謝だけが反映された体温で、一般的な体温とは異なります(※1)。

女性の理想的な基礎体温は、生理周期に合わせて、体温が低い期間と高い期間の二相に分かれます。これが「低温期」と「高温期」と呼ばれるものです。

生理が始まってから排卵頃までが低温期で、排卵頃から生理前までが高温期にあたり、低温期から高温期に移り変わる数日の間に排卵が起こるとされています。

毎日基礎体温を測って記録することで排卵のタイミングがある程度わかり、1番妊娠しやすいタイミングで性行為を持つことができるので、基礎体温の測定は、妊娠を目指すうえで欠かせないことなのです。

基礎体温はどの時間に測るのが正しい?

グッズ ノート 時計 時間

前述のとおり、基礎体温は体が一番安静な状態にあるときの体温です。そのため基本的には、起きてすぐ、布団のなかで測るようにしましょう(※1)。

ポイントは、起きて「すぐ」という点です。伸びをしたり、寝返りをうったり、飲み物を飲んだりせず、目が覚めたらそのままの状態で測りましょう。

また、毎日できるだけ同じ時間に測ることも大切です。休日は平日より遅くまで寝ていたいと思うかもしれませんが、一旦平日と同じ時間に起きて、基礎体温を測ることが望ましいでしょう。

基礎体温は普通の体温計でも測れる?

女性 体温計 ベッド

基礎体温は、高温期と低温期の差が0.3~0.6度しかないため(※1)、0.1度単位までしか測定できない普通の体温計だと、細かな変化がわかりにくく、リズムをうまく掴むことができません。

そのため基礎体温を測るときは、「婦人体温計」を使用するようにしましょう。

婦人体温計は基礎体温を測ることに特化した体温計で、体温を0.01℃単位まで測定することが可能です。最近は、持ち運びやすいものや、アプリと連携して自動でグラフ化してくれるものなど、様々な種類が販売されています。

下記の関連記事を参考に、自分に合う婦人体温計を一つ持っておくといいでしょう。

基礎体温の正しい測り方やコツは?

基礎体温 表 グラフ

それでは、基礎体温の正しい測り方について見ていきましょう。慣れるまでは戸惑うこともあるかもしれませんが、コツをつかめば正しく測れるようになりますよ。

1. 基礎体温計を枕元に置いておく

基礎体温は朝起きてすぐに測定する必要があります。婦人体温計は、前日のうちに、枕元の手がすぐ届く場所に置いておきましょう。

2. 婦人体温計を舌の下にいれてくわえる

基礎体温 測り方
朝起きて婦人体温計を手にしたら、口を開け、上図のように、舌の下側にある筋の根本に当てるようにして口の中に入れ込みます。正しい位置に入れ込んだら、口を閉じて空気に触れないようにしましょう。

舌の上で測ると誤差が出てしまい、正確な記録ができなくなってしまうので、必ず舌の下側にいれるようにしてくださいね。

3. 測定が終わるまでじっとして待つ

体温計を口にくわえたら、測定が終わるまで動かず、じっとしたまま待ちましょう。

ここで注意したいのは、一般的な婦人体温計には、「予測検温」と「実測検温」があるということです。

数十秒後に「ピピピッ」と音がして出る値は、あくまで予測値です。予測値が実測値と大きく異なることはありませんが、より厳密に基礎体温を測定するためには、数十秒後に音が鳴ってもそのままくわえ続け、数分間の実測検温を行うことをおすすめします。

測定にかかる時間や精度は製品によって異なるので、詳しくは購入した婦人体温計の説明書を確認してくださいね。

4. 基礎体温をグラフや表に記録する

基礎体温を測ったら、アプリや紙などに記録を残し、グラフを作りましょう。グラフを作ることで高温期と低温期の境(排卵期)がわかりやすくなりますよ。



基礎体温の測り方の注意点は?二度寝をしてしまったら?

注意 発見 びっくり

基礎体温を測るには、少なくとも4~5時間以上の睡眠が必要とされています(※1)。そのため睡眠不足のときは、正しい基礎体温が測れない可能性もあることを覚えておきましょう。

他にも、お酒を飲んだ次の日や、体調が悪い日、測定せずに二度寝をしてしまい、測定時間がずれた日なども、正確に測れないことがあります。

そのような日は、基礎体温表やグラフにその旨も記載しておき、次の日からは再び正しい測定方法で測定するようにしてください。

基礎体温は、継続して測り続けることが大切です。多少の誤差があってもしっかり記録を続けていれば、段々と自分のリズムがわかるようになってきますよ。

基礎体温は正しい測り方を守ろう

基礎体温 体温計

基礎体温からは、排卵のタイミングだけでなく、体の不調や生理のタイミングなど、女性にとって欠かせない情報を得ることができます。毎日基礎体温を記録しておけば、自分の体の異変にも早く気づけるようになりますよ。

きちんと排卵がされていれば、グラフは一般的に二相に分かれますが、もし、何周期か続けてみてもグラフが二相に分かれないときや、ガタガタするときなどは、基礎体温の記録を持って婦人科を受診しましょう。

妊活中の人も、そうでない人も、基礎体温を正しく測って、自分の体調をしっかりと把握していきたいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう