基礎体温の表グラフの見方は?正しい測り方も教えて!

妊活中の夫婦にとって、基礎体温表から排卵日を予測することはとても大切です。でも、正しく測れていなかったり、グラフを読み取れなかったりするとせっかくの努力が水の泡。そこで今回は、基礎体温の正しい測り方や、基礎体温表のグラフの見方、グラフの形からわかる妊娠力についてご説明します。

基礎体温とは?

女性 めがね 本 読書 草原

基礎体温とは、人間が生きていく上で必要最低限のエネルギーを使っているときの体温です。寝起き直後で体が一番安静な状態にあるときの基礎代謝だけが反映された体温で、一般的な体温とは異なります。

女性の基礎体温は、約1ヶ月の周期の中で、排卵時期を境として低温期と高温期の二相にわかれます。そのため、日々基礎体温を測り、表グラフに記録することで低温期と高温期が切り替わるタイミングがわかるようになり、生理周期や排卵日が予測できます。

基礎体温の正しい測り方は?

女性 体温計 ベッド

基礎体温はちょっとした動きでもすぐに上がってしまうので、寝起きのタイミングですぐに測ることが大切です。以下のポイントを守り、正しく計測しましょう。基礎体温表に体温を記録すると同時に、体調も記録すると変化をとらえやすくなりますよ。

1. 基礎体温計を用意する

基礎体温を測るには、通常の体温計ではなく、小数点第2位まで表示できる基礎体温計が必要です。基礎体温は低温期と高温期で0.3~0.5度の違いしかないため、小数点第1位までしか表示できない通常の体温計では正確に記録することができないからです。

2. 毎朝、起きたらすぐに測る

本来、基礎体温は寝ているときの体温ですが、眠ったまま体温を測ることはできないので、寝起きで体がまだ休んでいるタイミングに測ります。毎日同じ時間に測ることも大切なポイント。二度寝などで起床時間がずれても、起きたときにすぐ測ってください。

3. 舌の裏側中央にあるすじの根元に体温計を当てる

基礎体温計は、舌の裏側にある筋の根本に当てて測ります。もし舌の上で測ると0.04~0.1度ほどの誤差が出てしまい、正確な記録ができなくなってしまうからです。舌の裏に当て、口を閉じて空気に触れないようにするのが正しい測り方です。

4. 安静な状態で測る

起き上がったり、飲食や寝返り、あくびをするだけでも体温は上がってしまいます。できるだけ体を動かさず、布団の中で寝たままの状態で測りましょう。検温中も動かないようにしてくださいね。

5. 飲酒や睡眠不足に注意

お酒を飲んだ次の日や睡眠不足のときは基礎体温を正しく測れないことがあります。排卵日を正しく知りたいという人はできるだけ飲酒を控え、睡眠をたっぷりとるようにしましょう。

基礎体温表とは?低温期と高温期って?

排卵周期

基礎体温を毎日記録すると、上図のように、折れ線グラフが描かれた基礎体温表ができます。理想的な基礎体温表は、0.3~0.5度ほどの差で、体温が低い期間と高い期間の二相に分かれます。これが低温期と高温期と呼ばれるものです。体質的な個人差はありますが、36.7度以下を低温期、それ以上を高温期と考えるのが一般的です。

基礎体温は上の図のように生理周期に対応して低温期と高温期にわかれています。生理周期は、生理期間の「月経期」、卵巣の中で卵子が成長する「卵胞期」、排卵が起こる「排卵期」、排卵後に妊娠しやすい状態を作る「黄体期」の4つに分類できますが、このうち月経期から排卵期が始まる頃までが低温期、排卵期から黄体期が高温期にあたります。

基礎体温表のグラフの見方は?妊娠しやすいタイミングは?

基礎体温 表 グラフ

基礎体温表のグラフからは様々なことが見て取れます。例えば、低温期の中で最も基礎体温が下がる日がありますが、これは排卵直前のホルモンバランスの変化を示していて、この数日以内に排卵が起こることが読み取れます。つまり、その前後がもっとも妊娠しやすい日、ということですね。

また、生理周期が正常なら、高温期が14日ほど続いたら低温期に入るので、生理が来る日もだいたい予測できます。

ほかにも、下記のようなことがわかります。また、基礎体温表・グラフから情報を読み取るときの見方のポイントも押さえておきましょう。

基礎体温表・グラフからわかること

1. 妊娠しやすい日
2. 次の生理日
3. 健康状態
4. 妊娠しているかどうか

基礎体温表・グラフの見方・ポイント

1. 最も基礎体温が下がる日
2. 高温期の長さ
3. 低温期の長さ
4. 低温期と高温期の体温差
5. 低温期の体温

基礎体温表のグラフから妊娠しやすいカラダかわかるの?

注意点

生理周期が25~38日で、低温期と高温期が二相に分かれているときには、妊娠しやすいカラダだといえます。逆に、低温期や高温期がそれぞれ長い・短いときや、低温期と高温期の体温差がないときなどは、体内でなんらかの異変が起こっている可能性があります。具体的に、基礎体温表のグラフからわかる体の異変を見ていきましょう。

高温期が長いときは?

高温期は長くても17日ほどなので、それ以上続く場合は妊娠している可能性があります。生理予定日を過ぎても高温期が続いているときには、生理予定日から1週間後に妊娠検査薬を使って調べてみてください。陽性反応があれば産婦人科を受診しましょう。

ただ、いくら検査しても陽性反応がない場合、「黄体依存症」かもしれません。はっきりした原因はわかっていませんが、女性ホルモンが過剰に分泌されて高温期が長くなっていると考えられます。症状としては頭痛、倦怠感、胸が張る、情緒不安定などが生じるようです。体調がすぐれないときには婦人科を受診するようにしましょう。

高温期が短いときは?

高温期が10日以下で終わってしまうと「短い」と判断できます。このときには、高温期を維持するために必要な女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」がきちんと分泌されていないことを意味しており、「黄体機能不全」を起こしている可能性があります。

黄体機能不全を発症すると、妊娠しにくい、受精しても着床できないといった不妊の原因になるので注意が必要です。

低温期が長いときは?

高温期はだいたい14日で一定ですが、低温期は個人差があります。生理周期が28日周期なら低温期は14日、生理周期が38日なら低温期は24日ほどに。

ただ、低温期がそれ以上長くなって生理周期が39日以上になったときには「稀発月経」などの月経異常を起こしている可能性があり、多嚢胞性卵巣症候群や早期閉経も疑われるので注意が必要です。排卵が遅いのは「遅延性排卵」ともいわれ、不妊の原因になることもあるので一度婦人科に相談してみましょう。

低温期が短いときは?

低温期が10日以下と短い場合は、頻発月経の可能性があります。このときには、無排卵月経や排卵障害、黄体機能不全、更年期障害などが原因として考えられます。また、卵胞期短縮症の可能性もあり、十分に卵子が育っていない状態で排卵が起きているかもしれません。

低温期が長いときと同様に、放っておくと不妊の原因にもなるので早めに婦人科で検査を受けることが大切です。

高温期と低温期の温度差がなく、低温期だけが続くときは?

低温期と高温期の温度差がほとんどなく、低温期だけが続いていると無排卵月経の可能性があります。無排卵月経でも生理での出血は見られるので、基礎体温を測っていないと気づかないケースもあります。月経があっても低体温がずっと続いているときは、無排卵月経を疑って婦人科を受診しましょう。

低温期と高温期がガタガタのときは?

高温期や低温期の差はあるものの、きれいな二相に分かれずガタガタになることもあります。この場合は、ストレスによる自律神経の乱れや体の冷えでホルモンバランスが乱れていると考えられます。

また、卵巣機能不全や多嚢胞性卵巣、高プロラクチン血症などの病気が隠れている可能性もあるので注意が必要です。

高温期の途中で突然、体温が下がるときは?

高温期の途中で一時的に体温が下がって1~2日ほどで高温期に戻った場合は、妊娠兆候の「インプランテーションディップ」の可能性があります。そのまま高温期が2週間以上続いた場合は妊娠している可能性があるので、妊娠検査薬で調べてみるのをおすすめしますよ。

低温期の体温が36度を下回るときは?

低温期の体温が36度を下回っている場合は、低体温の可能性があります。主に生活習慣が原因で冷え症になっていると、低体温になりやすく、妊娠しにくいカラダになってしまいます。運動や食生活で低体温の改善をはかりましょう。

妊娠中に高温期から低温期に入ったときは?

胎盤が完成する妊娠20週くらいまでは、妊娠したあと高温期が続くのですが、妊娠12週までに低温期に入ったときには流産を起こした可能性があります。赤ちゃんの様子を把握する意味でも、妊娠中もしばらくは基礎体温をつけておくようにしましょう。

基礎体温表・グラフを妊娠しやすい理想の形にするには?

女性 夫婦 旦那 食事

基礎体温表・グラフから妊娠しやすいカラダかどうか分かった段階で、次は基礎体温表を理想の形にしていきたいですよね。例えば次のようなことに実践してみることをおすすめしますよ。

● 身体を温める食材を食べる
● 足湯や半身浴などで冷えを改善する
● 適度な運動で基礎代謝を上げる
● 就寝前はリラックスし、質の良い睡眠でストレスを解消する

基本的には食事・運動・睡眠といった日々の生活習慣で改善できます。詳しくは関連記事も合わせて参考にしてください。

基礎体温表のグラフを正しくつけましょう

基礎体温 体温計

基礎体温表のグラフからは、排卵のタイミングだけでなく、ちゃんと排卵が起きているか、婦人科系の病気にかかっていないかなど女性にとって欠かせない情報を得ることができます。毎日基礎体温を記録しておけば、早く異変に気づけるかもしれません。

健康状態を知って快適な生活を送るため、妊娠しやすい日を知るためにも、できるだけ毎日基礎体温をつけていきましょうね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう