妊娠しやすい人になるには?妊娠しにくい人から変わる6つの習慣

妊娠を希望して妊活を頑張っているときに、すぐに妊娠できた「妊娠しやすい人」を見ると、「何が違うのだろう」と悩んでしまう女性も多いですよね。妊娠しやすい人と妊娠しにくい人には、どんな違いがあるのでしょうか。今回は、妊娠しやすい人になるための体作りとして、変えるべき6つの生活習慣をご紹介します。

妊娠しやすい人ってどんな人?

女性 発表 仕事

女性が妊娠するために大切なことが、大きく2つあります。1つは、卵巣から卵子が排出される「排卵」が定期的に行われていること。もう1つは、受精卵を受け入れる子宮内膜が着床しやすいように厚くなることです。つまり、妊娠しやすい人は「定期的に生理がきて、月経血がきちんと出る体」といえます。

夫婦ともに健康で、妊娠を希望して性交を行うと、妊娠した人の89%が6周期までに、99%が12周期までに妊娠したという報告があります(※1)。そのため、妊娠を希望して1年以上妊活をしても妊娠できないようであれば、妊娠しにくい人になっている、つまり、不妊症の可能性があります。

体作りだけでは解決できない原因もあるため、早めに婦人科を受診して不妊の原因を調べてくださいね。

妊娠しやすい人と妊娠しにくい人にはどんな違いがあるの?

分岐 違い 道 選択 二股

日本生殖医学会によると、妊娠しやすい人とは違い、妊娠しにくい人には次のような特徴があります(※2)。

月経の周期が長い・短い

妊娠しやすい人は排卵にともなう月経周期が安定していることが多いのですが、妊娠しにくい人の特徴としては、月経の間隔が長い(39日以上)かほとんど来ない(90日以上)、逆に極端に短いことがあります(24日以内)。

月経周期に以上があると、排卵をしていないことも多く、不妊につながってしまいます。極端な肥満や、逆にやせ過ぎで生じることがあり、普段の食生活からの改善が必要です。

月経の量や期間の異常

月経不順の中でも、月経の量が極端に多かったり、期間が長かったり(8日以上)する人は、子宮筋腫といった病気を発症していることがあります。月経の量が極端に少なかったり、短かったり(2日以内)すると、排卵していないことや、子宮内部の癒着が見られることがあります。

月経に関連した症状の異常

月経の際の痛みが以前より強くなっていたり、月経時に下痢を起こしたり、性交時に痛みを感じたり、といった症状があるときには、子宮内膜症を疑う必要があります。

子宮内膜症になったからといって妊娠できないわけではありませんが、妊娠しやすい人に比べると確率が下がってしまうため、婦人科での診察を検討しましょう。

感染症にかかったことがある

クラミジアや淋病といった性感染症に感染したことがある人や、手術後の症状として腹膜炎や腸閉塞を起こしたことがある人は、卵管が原因となって妊娠しにくいといわれています。

年齢が高くなっている

妊娠のしやすさは年齢によって大きく変わります。不妊症になる頻度が、25歳~29歳では8.9%、30~34歳では14.6%、35~39歳21.9%、40~44歳では28.9%ということを考えると、妊娠しやすい人は若い人であり、年齢が高くなるにつれて、妊娠しにくい人になっているといえます。

年齢が高くなることは止められないとはいえ、卵巣の老化をできるだけ防ぎ、妊娠しやすい卵子を保つには生活習慣の見直しが重要です。

妊娠しやすい人になるためにできる6つの習慣とは?

女性 運動 体操 ストレッチ

妊娠しにくい人は、月経に異常を抱えることが多くあります。月経周期は普段の生活習慣でも整えることが可能で、不妊治療を行う前に、生活習慣の改善で妊娠した、という先輩ママも多くいますよ。さっそく妊娠しやすい人になるための習慣に変えていきましょう。

1. ストレスをためない

仕事、家事、人間関係など、女性はたくさんのストレスにさらされています。しかし、ホルモンを分泌する脳の視床下部や脳下垂体はストレスに弱く、女性ホルモンの分泌を妨げてしまい、生理不順や生殖機能の低下を引き起こす原因となってしまいます。

買い物やカラオケ、友達とのおしゃべりなど、自分にぴったりなストレス解消法を見つけ、定期的に解消してくださいね。

2. 栄養バランスのよい食事

人間の体が正常に働くためには、栄養をバランスよく摂り入れることが大切です。特に子宮や卵子は体が酸化することで質が低下してしまいます。1日3色を基本に、メニューに果物を加えてみるなど、できる範囲で食生活を整えていきましょう。

簡単に作れるレシピ本を買って、いつもの食事に一品付け加えるのもおすすめですよ。

3. 適度な運動

体を動かすことで血の巡りがよくなり、新陳代謝が高まり、体全体の機能が向上します。卵巣や子宮の機能を高めるためにも、適度な運動を日常生活に取り入れていくことが大切です。

運動というと、ジョギングやヨガなど時間がとられるものを想像しがちですが、「階段を利用する」「一駅分歩く」「お風呂上りにストレッチをする」など、自分の生活習慣に合った運動を毎日続けて行うことが大切です。

4. 冷えを防止

「冷えは万病のもと」といわれるように、体が冷えることで血行が悪くなり、卵巣機能の低下を招きます。服装に気を使ったり、しっかり湯船につかったりと体を冷やさない工夫をしましょう。

また、体を温めてくれる食べ物を中心に献立を考えるのもおすすめです。ネギやしょうが、とうがらしが入ったキムチ鍋、かぼちゃ・カブ・にんじんが入ったシチューは体を温めてくれますよ。

5. 適正体重のキープ

細い体型に憧れて、体重が気になってしまう女性がたくさんいます。しかし、無理なダイエットは体に大きな負担をかけ、生理不順を引き起こし、妊娠しにくい人になってしまいます。

逆に太りすぎは体重に対してホルモンの分泌が追いつかないため、ホルモンバランスが崩れた状態を作り出します。自分の適正体重を知り、キープしましょう。

6. 禁煙する

たばこには卵子の老化を加速させる作用があります。卵子の老化が進むと、不妊だけでなく、流産のリスクも高まるので、妊娠を考えている方は思い切って卒煙しましょう。ガムをかんだり、散歩をしたりすると気が紛れ、禁煙が成功しやすくなりますよ。

また、禁煙治療をしてくれる病院もあるので、この機会に受診を考えるのもいいですね。

妊娠しやすい人になるには生活習慣の改善から

女性 散歩 花 楽しい 笑顔

妊娠しやすい人になることは決して難しいことではありません。人によって生活習慣はそれぞれですが、まずはできることから始めてみましょう。すぐに効果を実感するのは難しいですが、毎日少しだけでも体に気を配ることで、妊娠しにくい人から妊娠しやすい人へ変わっていけますよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう