早く妊娠したい!確実に妊娠するにはどうしたらいいの?

「早く妊娠したい!」と思い、日々、妊活に励んでいる人も多いと思います。しかし、やみくもに妊活をしても妊娠力を高めることはできません。早く確実に妊娠したいと望むなら、いますべきことを考えて効率的な妊活を試みましょう。今回は、早く妊娠したいときに今すぐ始めたいことをまとめました。

早く妊娠したい人が今すぐ始めるべきことって?

赤ちゃん ギフト プレゼント リボン 妊活 ベビ待ち

結婚したから「今すぐ妊娠したい!」、今後のキャリアプランを考えて「1年以内に確実に妊娠したい!」など、人それぞれの思惑があるとは思いますが、妊娠・出産はそう思い通りにいかないものです。赤ちゃんが欲しいと思って、すぐに授かることができるほど簡単ではありません。

周りの友人たちが次々に出産しているからといって、自分もそうできるものとは限りません。すぐに妊娠できる人もいれば、もともとの体質や年齢・生活環境によって、妊娠しにくい人もいます。

しかし、自分で妊娠しやすい体に近づけることは可能です。逆に言うと、そう簡単に妊娠できるものではないので、努力も必要なものなのです。そこで、次からは早く妊娠したい人のために、今すぐ始めたいことを具体的に紹介していきます。

妊娠するには、まず自分の体を知ろう

基礎体温 グラフ 体温計

まず、自分の体が今どんな状態なのか知ることから始めましょう。それを知ることで、自ずと改善点がわかってくるはずですよ。

基礎体温を測る

妊娠を望むならば、明日からすぐに基礎体温をつけましょう。基礎体温を毎日チェックすることで、排卵日を予測することができます。早く妊娠するには、何よりも排卵日を把握すること。自身の排卵日を知ることでタイミング法を実践することができます。

適切な体重を知る

痩せ過ぎや、太り過ぎの人は排卵障害が起こりやすい、といわれています。まずは妊娠しやすい適正な体重を目指します。

妊娠しやすい体重とは、「標準体重」のこと。BMI数値が18.5~25となる標準体重が目安です。以下の計算式で、標準体重を調べることができますよ。

BMIの計算式

BMI=体重kg÷(身長m)×(身長m)

【例】身長165cm、妊娠前の体重55kgの人の場合
55÷(1.65×1.65)=20.20 → 標準

・BMI18.5未満(痩せ気味)
・BMI18.5~25未満(標準)
・BMI25以上(太り気味)

ブライダルチェックを受ける

妊娠したいと思ったら、無事に妊娠できる体であるか検査することも重要です。最近では、ブライダルチェックといって、結婚前にこれらの検査を受ける女性もいます。特に35歳以上での妊娠を望む場合には、まずは婦人科に行くことから始めましょう。

妊娠したいときは、食べ物と栄養素で体を作ろう

りんご

妊娠するには、毎日の食事もとても重要な要素です。食事は毎日3食、バランス良くいろいろな食材をよく噛んで食べましょう。外食やファーストフード、インスタント食品は、できるだけ避けてくださいね。これらによく含まれているトランス脂肪酸や添加物は胎児や染色体、精子に悪影響があるといわれています。また、一方で妊娠しやすい体を作ってくれる食べ物や栄養素も存在します。

卵子の質を上げる食べ物

卵子の質を良くするには活性酸素を除去することが必要です。女性には、抗酸化作用のある大豆、にんじん、トマト、かぼちゃ、ピーマン、りんご、かぶなどの食材がおすすめです。

精子の質を上げる食べ物

精子は、たんぱく質から作られます。また、精子の運動を活発にする亜鉛、たんぱく質の吸収を助けるムチン、精子を生成するセレンも、妊娠には大事な栄養素です。男性には、アナゴ、牡蠣、納豆、オクラ、山芋、かつお、あさり、アーモンドなどの精力アップ食材を積極的に食べてもらいましょう。

葉酸

産まれてくる赤ちゃんの病気を防ぐには、妊娠2ヶ月前から葉酸を摂取しておくと良いといわれています。妊娠を望んでいるなら、今日からでも葉酸を摂取するようにしましょう。

葉酸の効果は、女性だけでなく男性にもあるようです。男女ともに摂取することで、卵子と精子の分裂を促して、染色体異常を回避し、その結果元気な赤ちゃんが産まれることにつながります。

妊娠したいなら、今すぐ生活習慣を見直そう

女性 禁煙 たばこ

妊娠したいと思うのであれば、生活習慣を見直すことも大切です。生活リズムを整えることは、赤ちゃんが産まれてからの生活にもとても役に立ちますよ。

冷えを改善する

体温が、0.2〜0.3度あがると妊娠率が上がるといわれているほど、妊娠にとって冷えは大敵です。冷えを自覚している人は、今すぐ改善に向けて取り組みましょう。

・お風呂にゆっくり浸かる
・体を温める食材を食べる
・衣服で防寒を心がける
・水分の摂り過ぎに注意する

血行を妨げないように締め付けない衣服、卵巣や子宮を温める腹巻を着けることもおすすめです。

タバコやアルコールの多量摂取をやめる

喫煙すると、血行不良になり卵巣機能の低下を引き起します。さらには女性ホルモンの分泌も低下し、排卵がうまくいかなくなることも。また、過度な飲酒も月経障害や排卵障害を起こし、妊娠したとしても流産の確率を上げてしまうともいわれています(※1)。

規則正しい食事&十分な睡眠

規則正しい生活を送ることも、妊娠しやすい体作りの基本です。朝・昼・晩と1日3食バランスの良い食事をし、睡眠もしっかりとりましょう。バランスの良い食事は、冷え性や生理不順なども改善できます。

また質の良い睡眠で成長ホルモンをしっかりと分泌させることは、女性ホルモン分泌にも良い影響を与えるといわれています。

ストレスや不安は早めに解消する

妊活をしていると、なかなか妊娠できないことに対してイライラしてしまったり、ストレスに感じることもあるかもしれません。しかし、ストレスは自律神経を乱し、ホルモンバランスを崩す要因になってしまいます。

「焦っている」「最近やる気が出ない」などと感じたなら、無理をし過ぎているのかもしれません。一度立ち止まって、自分の心と向き合い、自分なりのストレス解消法を見つけ出しましょう。

妊娠するには、適度な運動も大切

運動

妊娠するためには、食べ物で体の基礎を作ることも大事ですが、同時に適度な運動をすることも効果的です。運動をすることで、血行を促進し冷えを改善でき、子宮や卵巣の機能の低下を防ぎます。また筋力がアップすることで代謝が上がり、ホルモンバランスも整いますよ。

妊活中におすすめの無理のない運動としては、家事や仕事の合間のストレッチやヨガがおすすめです。運動が苦手な人は、10〜30分近所を散歩するだけでも良いですよ。慣れてきたら大きく腕を振り、やや大股気味でテンポよく歩くウォーキングを意識してみましょう。

妊娠したい!と思ったら、予防接種を受けることも忘れずに

医療 注射 予防接種

妊娠中にかかってしまうと、胎児に悪影響を起こす病気があります。それらを防ぐために、予防接種を受けておくことも大切です。予防接種を受ける前に、抗体があるか、また性感染症などにかかっていないかの検査をします。性感染症の場合には、治療が必要になり、もちろんパートナーも検査と治療が必要です。

感染症で受けておくべき予防接種

風疹、水ぼうそう、麻しん

検査治療を要する性感染症

クラミジア、梅毒、カンジダ膣炎、HIV

また、予防接種受けることは、妊娠中はもちろんNGです。予防接種後も、胎児への影響を考えて接種後数ヶ月は妊娠できません。妊娠したいと思ったら、予防接種を受ける医療機関にきちんと状況を説明し、適切な指示を受けるようにしましょう。

早く確実に妊娠したいと思うなら、パートナーの協力も必要

カップル 夫婦 妊活 家族

すぐに妊娠したいのであれば、今からすべきことがたくさんありましたね。ご紹介した方法の大部分は、妊娠云々に関わらず、健康的な体を作るためにも良いことばかりなので、すぐに妊娠できないからといって諦めずに、続けていってくださいね。

また女性だけでなく、男性にももちろん妊活は必要です。なかなか授かることができない場合は、2人で病院へ相談に行くことから始めてもいいですね。最初から不妊治療という目的ではなく、専門家である妊娠のプロにアドバイスをもらうつもりで、気軽に病院に行ってみましょう。

元気な赤ちゃんを授かるために、パートナーと協力し合って、妊娠しやすい生活と体を作っていけるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう