スープ離乳食の作り方 初期・中期・後期別レシピ!凍らせて保存するコツ

食材の旨味がぎゅっと詰まったスープは、赤ちゃんも飲みやすいので離乳食で大活躍します。だし汁や野菜スープをあらかじめたくさん作っておいて、冷蔵庫にある野菜などを加えてひと煮立ちさせれば簡単に美味しいスープのできあがり。今回は、スープの離乳食レシピを初期・中期・後期別に9つご紹介します。

離乳食のスープはいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
○ 食べることができます。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。

スープは離乳食初期から食べることができます。慣れるまでは、食材をなめらかに撹拌したり、とろみをつけたりして、赤ちゃんが飲み込みやすいようにしてあげましょう。

スープ離乳食作りにはブレンダーが便利

ハンディブレンダー スティックブレンダー

スープの離乳食を作るときは、ブレンダーがあると時短調理ができて便利です。食材をすりつぶしたり裏ごしたりする手間が省け、簡単に滑らかなスープを作ることができますよ。

チョッパーが付属しているタイプのブレンダーは野菜をみじん切りすることもできるので、離乳食中期以降も活躍します。生クリームや卵白の泡立てにも使えるので、赤ちゃんが大きくなったら一緒にお菓子作りも楽しめますね。

スープの離乳食初期レシピ

ブロッコリーとさつまいもの豆乳スープ

ブロッコリーとさつまいもの豆乳スープ

材料(1食分)

豆乳
15g
  1. 1ブロッコリーペーストとさつまいもペースト、温めた豆乳を混ぜ合わせる

玉ねぎのポタージュスープ

玉ねぎのポタージュスープ

材料(1食分)

じゃがいも
10g
にんじん
10g
粉ミルク(調乳したもの)
20ml
  1. 1じゃがいも、にんじんは小さく切って茹でて、なめらかにマッシュしておく
  2. 2小鍋に、1と玉ねぎペースト、粉ミルクを入れて、ひと煮立ちさせる(※1)
  • 1じゃがいものとろみで食べやすいので、赤ちゃんの食欲がないときにもおすすめ。さつまいもやかぼちゃでも代用できます。

カレイ入り野菜スープ

カレイ入り野菜スープ

材料(1食分)

30ml
にんじん
5g
玉ねぎ
5g
片栗粉
適量
  1. 1小鍋にだし汁を入れ、にんじんと玉ねぎをすりおろしてひと煮立ちさせる
  2. 21にカレイペーストを加えて煮込む
  3. 32に水溶き片栗粉を加え、ひと煮立ちさせる

スープの離乳食中期レシピ

にんじんポタージュスープ

にんじんポタージュスープ

材料(1食分)

にんじん
50g
玉ねぎ
50g
さつまいも
20g
ごはん
20g
  1. 1にんじん、玉ねぎ、さつまいもを細かくカットし、ひたひたの水で茹でる。
  2. 2水がなくなってきたら、火をとめ、ごはんを入れ、ひと煮立ちさせる。
  3. 32をブレンダーやミキサー、または裏ごしてなめらかにする。

オートミールの野菜スープ風味

オートミールの野菜スープ風味

材料(1食分)

トマト
5g
ブロッコリー
5g
オートミール
5g
鶏ひき肉
10g
  1. 1トマトは湯むきして、皮と種を取り除く
  2. 21とブロッコリーは、細かくみじん切りする
  3. 3耐熱皿に2とオートミール、鶏ひき肉、野菜スープを入れ、ラップをかけて電子レンジで約1分30秒加熱する(※1)
  4. 4電子レンジから取り出し、スプーンでかき混ぜ、再び電子レンジに入れて30秒加熱する
  5. 5電子レンジから取り出し、もう一度かき混ぜる
  • 1電子レンジに合わせて、加熱時間は調節してください。

白菜と納豆のスープ

白菜と納豆のスープ

材料(1食分)

白菜
10g
玉ねぎ
10g
納豆(ひき割り)
10g
  1. 1白菜と玉ねぎは薄くスライスして、柔らかく茹で、みじん切りにする
  2. 2納豆は茶こしに入れ、お湯をかけて、ぬめりを取っておく
  3. 31と2と野菜スープを混ぜ、ひと煮立ちさせる

スープの離乳食後期レシピ

ほうれん草とかぼちゃの豆乳スープ

ほうれん草とかぼちゃの豆乳スープ

材料(1食分)

ほうれん草
20g
かぼちゃ
15g
豆乳
30ml
片栗粉
5g
  1. 1ほうれん草を柔らかく茹でて、水気を切り、5mm程度に切る
  2. 2かぼちゃを5mm角に切って柔らかく茹でる
  3. 3鍋の中に、1と2と豆乳、野菜スープ、片栗粉を入れる
  4. 4沸騰しないように気をつけながら弱火で加熱する

ささみときのこのスープ

ささみときのこのスープ

材料(1食分)

ささみ
10g
しめじ
10g
えのき
10g
インゲン
3g
片栗粉
適量
少々
  1. 1筋を取ったささみ、しめじ、えのき、インゲンを細かくみじん切りする
  2. 2野菜スープに1を入れ、柔らかく煮込む
  3. 32に水溶き片栗粉を入れてとろみをつける
  4. 4塩を入れて味をととのえる

レンコンと小松菜のスープ

レンコンと小松菜のスープ

材料(1食分)

にんじん
10g
小松菜
10g
100ml
  1. 1にんじんと小松菜をみじん切りにする
  2. 2小鍋にだし汁、1、レンコンペーストを入れてひと煮立ちさせる

スープの離乳食を冷凍保存するコツは?

冷凍庫

スープの離乳食は、まとめて作って冷凍しておくと便利です。ただし、離乳食中期以降に食べられるようになる野菜や肉を細かく切って入れたスープは冷凍保存に向きません。野菜スープやだし汁のみを冷凍保存して、調理するときに野菜や肉を加えるようにしましょう。

スープを冷凍保存するときは、家庭で使っている製氷器を使用してもいいですが、離乳食に使いやすい容量で保存できる製氷器がおすすめです。凍ったら製氷器から取り出して、冷凍用保存パックにブロックの状態で保存しておきましょう。

わけわけフリージングブロックトレー

要出典 わけわけフリージングブロックトレー 25ml
出典: www.richell.co.jp

リッチェルの「わけわけフリージングブロックトレー」は、フタ付きの冷凍用トレー。スープやおかゆ、野菜ペーストといった離乳食を1ブロックに1食分ずつ入れて、まとめて冷凍できます。ブロックの容量は15ml、25ml、50mlと3タイプあるので、離乳食の進み具合にあわせて選んでくださいね。

税込価格
312円
容量
25ml 8ブロック
枚数
2枚

スープの離乳食で野菜をしっかり摂ろう

スープは様々な野菜を使うので、旨味が凝縮されていて栄養満点です。赤ちゃんが苦手な野菜があっても、細かく刻んだりペースト状にしたりしてスープにすれば、美味しく食べてくれますよ。

野菜たっぷりのスープに柔らかく茹でたパスタやうどん、小さくちぎったパンを加えれば、1皿で栄養満点のメニューが完成します。

また、離乳食用に作ったスープに塩・胡椒を加えればパパやママも一緒に食べることができるので、赤ちゃん用、大人用と分けて作る必要がないのも嬉しいですよね。

スープレシピのレパートリーを増やして、栄養満点の離乳食を赤ちゃんに作ってあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう