にんじんの離乳食の作り方 初期・中期・後期別レシピ9選

にんじんは、免疫力を高め、風邪予防や便秘、冷えにもいいといわれる健康食材です。大人も積極的に摂りたいカロテンや食物繊維が豊富に含まれています。1年中手に入りやすく、赤ちゃんの好きな甘い味なので、にんじんは離乳食におすすめですよ。今回は、栄養たっぷりのにんじんの離乳食レシピを9種ご紹介します。

離乳食のにんじんはいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
○ 食べることができます。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。

にんじんは、離乳食初期から食べられます。しかも、栄養価も高いうえに、1年を通して手に入れやすいので、離乳食には最適な野菜の一つと言えます。

ただし、ごく稀に、にんじんを食べて野菜アレルギーを起こす赤ちゃんもいるため、初めは赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ与えるようにしましょう。

離乳食のにんじんの下ごしらえは?

にんじん 離乳食

にんじんの離乳食は、あらかじめ下ごしらえしておくと、簡単に作ることができますよ。にんじんの下ごしらえとしては、次のような方法が一般的です。

水から茹でる

にんじんの皮をむいて輪切りにし、水を張った鍋に重曹をひとつまみ入れてから茹でると、短時間で仕上がります。

電子レンジで加熱する

電子レンジ調理はにんじんの栄養成分が水に溶け出すのを防いでくれ、火を使わないので安全です。

耐熱容器ににんじんと水少々を入れてラップをかけ、電子レンジで2〜3分加熱します。にんじんを細かく同じ大きさに切っておくと、火の通りが早く、すりつぶすのも簡単ですよ。

炊飯器で炊く

お米と水をいつも通りの分量でセットし、そのままにんじんを上に置いたり、アルミホイルに包んだりして、お米とにんじんを一緒に炊きあげます。にんじんはじっくり加熱すると甘みがより引き立つので、おいしく仕上がりますよ。

上記いずれかの方法でにんじんの下ごしらえができたら、離乳食の進み具合に合わせて潰したり、裏ごししたり、小さくカットしたりします。ブレンダーを利用するのもにんじんの離乳食作りにおすすめです。

にんじんの離乳食初期レシピ

にんじんペースト

にんじんペースト

材料(1食分)

にんじん
15g
大さじ2
  1. 1にんじんの皮をむき、小さく切って茹でる(シリコンスチーマーを使って電子レンジで柔らかくしたり、アルミホイルに包んで炊飯器に入れ、お米と一緒に炊いても可)
  2. 2柔らかくなったにんじんを、すり鉢やブレンダー、ミキサーなどを使ってペースト状にする
  3. 32に野菜スープを入れてのばす

にんじんと豆腐の白あえ

にんじんと豆腐の白あえ

材料(1食分)

にんじんペースト(※1)
15g
豆腐(絹ごし)
20g
  1. 1豆腐さっと茹でる、または電子レンジで30秒ほど加熱する
  2. 21と、にんじんペーストを混ぜる
  • 1にんじんペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

にんじんポテトサラダ

にんじんポテトサラダ

材料(1食分)

にんじんペースト(※1)
15g
じゃがいも
20g
  1. 1じゃがいもの皮をむき、小さくきって茹でる(シリコンスチーマーを使って電子レンジで柔らかくしたり、アルミホイルに包んで炊飯器に入れ、お米と一緒に炊いても可)
  2. 21と、にんじんペーストを混ぜる
  • 1にんじんペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

にんじんの離乳食中期レシピ

にんじん納豆あえ

にんじん納豆あえ

材料(1食分)

にんじん
20g
納豆(ひき割り)
大さじ1
大さじ1
  1. 1にんじんの皮をむき、小さく切って茹でる(シリコンスチーマーを使って電子レンジで柔らかくしたり、アルミホイルに包んで炊飯器に入れ、お米と一緒に炊いても可)
  2. 2納豆は、茶こしやざるに入れ、湯通しして粘りをとる
  3. 31と2を混ぜ、だし汁であえる

にんじんと高野豆腐の煮物

にんじんと高野豆腐の煮物

材料(1食分)

にんじん
10g
高野豆腐(すりおろしたもの)
5g
大根
10g
50ml
  1. 1高野豆腐を、おろし金ですりおろす
  2. 2にんじんと大根は皮をむき、みじん切りにする
  3. 3鍋に、1と2、だし汁を入れ、にんじんと大根が軟らかくなるまで煮詰める

にんじんポタージュスープ

にんじんポタージュスープ

材料(1食分)

にんじん
10g
玉ねぎ
10g
さつまいも
5g
ごはん
5g
100ml
  1. 1にんじん、玉ねぎ、さつまいもを細かくカットし、水から茹でる
  2. 21の具材が柔らかくなったら、火をとめ、ごはんを入れ、ひと煮立ちさせる
  3. 32をブレンダーやミキサー、または裏ごししてなめらかにする

にんじんの離乳食後期レシピ

にんじんホットケーキ

にんじんホットケーキ

材料(直径約6cmのもの12枚分)

にんじんペースト(※1)
40g
ホットケーキミックス
100g
豆乳
65cc
1個
  1. 1ボウルにホットケーキミックス、卵、豆乳を入れ、泡立て器でかき混ぜる
  2. 21に、にんじんペーストを入れ、さらに混ぜる
  3. 3フライパンに薄く油をひき、小判型にして焼いていく
  4. 4表面にプツプツと泡が立ってきたら、ひっくり返して裏面も焼く
  • 1にんじんペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

にんじんとしらすの炊き込みごはん

にんじんとしらすの炊き込みごはん

材料(5食分)

にんじん
1/4本
1合
しらす
40g
玉ねぎ
1/4個
みりん
小さじ1
しょうゆ
小さじ1
400ml
  1. 1にんじん、玉ねぎは、皮をむいて、みじん切りにする
  2. 2研いだお米に水を入れ、みりんとしょうゆを加える
  3. 32に、1としらすを入れ、炊飯器の標準モードで炊く

にんじん豆乳グラタン

にんじん豆乳グラタン

材料(1食分)

にんじん
10g
ブロッコリー
10g
じゃがいも
10g
とろけるチーズ
1/2枚
  1. 1皮をむいたにんじんとじゃがいも、ブロッコリーをみじん切りにする
  2. 2耐熱皿に、1とホワイトソースを入れ、とろけるチーズをのせ、オーブントースターで5分ほど焼き色がつくまで焼く

にんじんの離乳食の冷凍方法は?

冷凍庫

にんじんの離乳食を保存するときは、冷凍がおすすめです。火を通して調理したにんじんを十分に冷ましてから冷凍しましょう。

離乳食初期のレシピは水分を多く含むので、製氷皿や小分け用パックに1食分ずつ分けて冷凍すると便利です。ホットケーキや炊き込みご飯は、1食分ずつラップに包んでから、ファスナー付きのビニール袋に入れて冷凍しましょう。

冷凍のひき肉や魚に、にんじんを組み合わせて調理したものを冷凍すると、肉や魚を再び冷凍することになってしまうため注意してください。

にんじんの離乳食を食べさせるときは、電子レンジや小鍋を使ってしっかり解凍し、軽く冷ましてから食べさせるようにしましょう。

にんじん離乳食の時短レシピをうまく活用しよう

笑顔で離乳食を食べさせるママ

大人のご飯を作りながら、一から離乳食を手作りするのは大変なこと。にんじんの離乳食はメニューのバリエーションが豊富なので、時間のあるときに下ごしらえを済ませておけば、実際に作るときの時間を短くすることができますよ。

栄養たっぷりのにんじんを使った離乳食を与えて、赤ちゃんが食べることを楽しんでくれるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう