離乳食の量ってどのくらいがいいの?月齢別の食べる量を紹介!

生後5ヶ月頃の赤ちゃんは、テーブルの食べ物に手を出したり、ママやパパが食事をしている様子をじっと見たりして、食事に興味を持ち始めます。離乳食をスタートするときは、どのように進めていくのか、どのくらいの量を与えたらいいのかを事前に知っておくと、スムーズに始められますよ。今回は離乳食の量について、初期・中期・後期・完了期別にご紹介します。

赤ちゃんの離乳食を始めるタイミングは?

出産予定日 カレンダー

赤ちゃんは生まれてからしばらくは、母乳やミルクを飲んで栄養を摂ります。乳首のような突起物が口に入ると吸い付く動き(哺乳反射)をするので、おっぱいや哺乳瓶の乳首を上手に吸うことができます。

しかし、生後5~6ヶ月頃になると哺乳反射が減ってきて、スプーンなどを口に入れても舌を突き出さなくなります(※1)。体の発達面では、首がしっかりすわり、支えてあげればお座りができるようになってきます。

このような発達が見られる生後5~6ヶ月頃が、離乳食のスタートに適しています。大人の食事を見ながらよだれを垂らす、口をパクパク動かす、という赤ちゃんの行動も離乳食を開始するサインです。

ただし、赤ちゃんの発達や興味には個人差があるため、赤ちゃんの様子をみながら決めましょう。

離乳食の量は?1回に食べる量はどれくらい?

離乳食 赤ちゃん 笑顔 スタイ
離乳食は、「初期」「中期」「後期」「完了期」の4つの時期に分けられます。離乳食初期に初めて赤ちゃんに食べ物を与えるときは、ごく少量から試しましょう。ここでは、時期別の離乳食の量を具体的にご紹介します(※2)。

離乳食初期(生後5~6ヶ月頃)の量

初めて離乳食を与えるときは、10倍粥からスタートします。初日は、離乳食スプーン1さじ程度だけ与えます。2日目と3日目は2さじ、4日目に3さじとゆっくり進めていってください。

1週間ほど経って慣れてきたら、にんじん、かぼちゃ、じゃがいもといった野菜を試します。おかゆと同様、最初は離乳食スプーン1さじからスタートして、徐々に2さじ、3さじと増やしていきます。

おかゆと野菜に慣れたら、たんぱく質を与えてみましょう。つぶしてなめらかにした豆腐や白身の魚を、まずは離乳食スプーン1さじから与えて、少しずつ増やしていきます。

離乳食初期が終わる頃の食事1回の量は、10倍粥小さじ6杯程度、他の食材(野菜やたんぱく質)小さじ4~6杯ほどです。

離乳食中期(生後7~8ヶ月頃)の量

初期のステップが順調に進んだら、中期に入ります。食材の種類を増やし、いろいろな野菜やたんぱく質を食べさせてあげましょう。

1回の量は、7倍粥を50~80g、野菜や果物を20~30gにたんぱく質をプラスします。たんぱく質は以下の量を目安にしましょう。

● 魚…10〜15g
● 肉…10〜15g
● 豆腐…30〜40g
● 卵…卵黄1個〜全卵1/3個
● 乳製品…50〜70g
※どれか1品を選んだ場合

母乳やミルクの量によって変わりますが、大人の食事の1/4~1/3くらいが目安です。

離乳食後期(生後9~11ヶ月頃)の量

後期では、さらに量を増やしていきます。1回の量は、おかゆや軟飯80~90g、野菜や果物30~40gにたんぱく質をプラスします。たんぱく質は以下の量を目安にしましょう。

● 魚…15g
● 肉…15g
● 豆腐…45g
● 全卵…1/2個
● 乳製品…80g
※どれか1品を選んだ場合

離乳食完了期(生後12~18ヶ月頃)の量

完了期になると、大人の食事に近いものが食べられるようになります。1回の量は、おかゆや軟飯は後期と変わらず80~90g、野菜や果物は40~50gです。たんぱく質は以下の量を目安にしましょう。

● 魚…15~20g
● 肉…15~20g
● 豆腐…50~55g
● 全卵…1/2~2/3個
● 乳製品…100g
※どれか1品を選んだ場合

離乳食をあげる回数は?1日に何回あげたらいいの?

数字 1・2・3 ステップ

離乳食をあげる回数は、1日1回からスタートして、徐々に増やしていきます。ここでは、時期別に1日あたりの離乳食の回数と時間帯をご紹介します(※2)。初めての食材を食べさせるときは、アレルギーのリスクを考えて、平日の午前中にしましょう。

離乳食初期(生後5~6ヶ月頃)の回数

初期では、1日1回のみ与えます。時間帯は、赤ちゃんの機嫌がよく、ママの家事がひと段落する午前10時頃がおすすめです。

母乳やミルクは、それまでと同じように欲しいだけ飲ませます。

離乳食中期(生後7~8ヶ月頃)の回数

離乳食中期に入ったら、回数は1日2回に増やしましょう。午前10時頃と午後6時頃、赤ちゃんとママがゆったり過ごせる時間帯がおすすめです。

母乳の場合は欲しがるだけ、ミルクなら1日3回程度が目安となります。

離乳食後期(生後9~11ヶ月頃)の回数

後期からは、1日3回食になります。時間帯は、午前10時、午後2時、午後6時頃がおすすめです。食事と食事の間は4時間ほど空けるようにしましょう。

3回食になっても母乳やミルクは飲ませます。母乳の場合は欲しがるだけ、ミルクなら1日2回程度を与えましょう。

離乳食完了期(生後12~18ヶ月頃)の回数

完了期では、1日3回の食事を、ほぼ大人と同じ時間帯に食べさせます。夕食の時間は遅くなると就寝時刻に影響が出てしまうので、午後7時までには食べ終えるのが理想的です。

1日3回の食事をしっかり食べられていれば、おやつを1回ほど与えてもいいでしょう。ただし、次の食事に影響が出ない程度の量にとどめてくださいね。

この時期になると、母乳やミルクを卒業する赤ちゃんもいます。離乳食の進行具合をみながら、欲しがるようであれば適度に飲ませましょう。

離乳食の量は赤ちゃんの成長にあわせながら

夫婦 カップル 親子 赤ちゃん 遊ぶ 外 笑顔

離乳食の時期別の量は、あくまでも目安です。赤ちゃんも大人と同じように、気分や体調が優れない日があったり、食の好みが変わったりするもの。

用意した量を全部食べないことや、午前中は食べたのに午後は食べないことがあっても、赤ちゃんの体重が順調に増えていれば、心配はいりません。その日の赤ちゃんの様子を見ながら、離乳食の量や回数を調整していきましょう。

ゆっくりと離乳食のステップを進めて量を増やしていきながら、「食事は楽しい」ということを赤ちゃんに教えてあげられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう