カレイの離乳食の作り方 初期・中期・後期別レシピ9選

あっさりとして淡白な味わいのカレイは、消化が良く、食べやすいので、離乳食にもおすすめの食材です。離乳食のたんぱく源ともなるので、赤ちゃんにも積極的に食べさせてあげたいですね。今回は、ハンバーグやオムレツなどカレイを使った離乳食レシピを初期・中期・後期別に9つご紹介します。

離乳食のカレイはいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
○ 食べることができます。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。
カレイは、離乳食初期から食べられる白身魚です。低脂肪でクセがなく食感も柔らかいので、赤ちゃんも食べやすいですよ。

ただし、カレイは稀にアレルギー症状を引き起こす場合があります。初めて赤ちゃんに食べさせるときは、ひとさじからはじめましょう。

カレイの離乳食を作るときのコツは?

赤ちゃん 離乳食 笑顔

離乳食でカレイを使用するときは、刺身用の切り身が手に入れば、少量でも調理しやすく骨や皮が少ないので便利ですよ。

カレイのモソモソした食感が苦手で飲み込みにくい赤ちゃんには、片栗粉を加えてとろみをつけたり、おかゆやスープと混ぜ合わせたりすると、食べやすくなりますよ。

カレイの離乳食初期レシピ

カレイペースト

カレイペースト

材料(1食分)

カレイ
10g
適量
  1. 1カレイを茹でる
  2. 21をほぐし、骨があれば取り除く
  3. 32をすりつぶし、水を入れて滑らかにする

初めてカレイをあげるときは、ペーストからはじめてみましょう。水の代わりにだし汁で伸ばしてもいいですね。食べにくいようなら、おかゆと混ぜ合わせてみてくださいね。

カレイ入り野菜スープ

カレイ入り野菜スープ

材料(1食分)

30ml
にんじん
5g
玉ねぎ
5g
カレイペースト(※1)
5g
片栗粉
適量
  1. 1小鍋にだし汁を入れ、にんじんと玉ねぎをすりおろしてひと煮立ちさせる
  2. 21にカレイペーストを加えて煮込む
  3. 32に水溶き片栗粉を加え、ひと煮立ちさせる
  • 1カレイペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

だしの旨みとカレイの味わいがしみじみとおいしい和風スープです。鮮やかなオレンジ色に食欲がわきそうですね

カレイのトマトあえ

カレイのトマトあえ

材料(1食分)

トマト
10g
カレイペースト(※1)
10g
  1. 1トマトを湯むきし、皮と種を取り除き、つぶす
  2. 21とカレイペーストとあえる
  • 1カレイペーストの作り方は、このページの上部を参照してください。

さっぱりと食べられるトマトとカレイのあえものは、食欲がないときにもおすすめ。トマトには体を冷やす効果もあるので、暑い日にもぴったりの一品です。

カレイの離乳食中期レシピ

カレイともやしの煮物

カレイともやしの煮物

材料(1食分)

カレイ
20g
もやし
20g
30ml
青のり
適量
  1. 1カレイを茹でて身をほぐす
  2. 2もやしは豆とヒゲ根を取り除き、茹でてみじん切りする
  3. 3小鍋に1、2、だし汁を入れ煮込む
  4. 43を器に盛り、青のりをかける

青のりの風味が食欲をそそるカレイの煮物。もやしの代わりに大根やカブなどの野菜を使ってもいいですね。食べにくい場合には、片栗粉でとろみをつけてあげましょう。

カレイのほうれん草ソース添え

カレイのほうれん草ソース添え

材料(1食分)

カレイ
15g
ほうれん草
10g
20ml
片栗粉
適量
  1. 1カレイは茹でてほぐす
  2. 2ほうれん草は柔らかく茹でて、細かくみじん切りにする
  3. 3鍋にだし汁と2を入れてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける
  4. 4皿に1を乗せ、上から3をかける

ほぐしたカレイにとろみのあるほうれん草ソースを添えた、おしゃれな一皿。切り身をソテーしてほうれん草ソースをかけ醤油などで味付けすれば、大人用にもおすすめですよ。

カレイ入りさつまいもマッシュ

カレイ入りさつまいもマッシュ

材料(1食分)

さつまいも
20g
小松菜
10g
カレイ
10g
  1. 1さつまいもは茹でて、なめらかにマッシュする
  2. 2小松菜は茹でて、細かくみじん切りにする
  3. 3カレイは茹でてほぐす
  4. 41、2、3を混ぜ合わせる

白身魚のモソモソした食感が苦手な赤ちゃんには、さつまいもやじゃがいもをマッシュして混ぜ合わせてあげましょう。手づかみ食べが始まっているなら、丸めてボール状にしてもいいですね。

カレイの離乳食後期レシピ

カレイ入りオムレツ

カレイ入りオムレツ

材料(2食分)

にんじん
10g
玉ねぎ
10g
カレイ
10g
1個
  1. 1にんじんは茹でてみじん切りにする
  2. 2玉ねぎは茹でてみじん切りにする
  3. 3カレイは茹でて身をほぐす
  4. 4卵を割りほぐし、1、2、3を混ぜ合わせる
  5. 54を耐熱容器に入れ、電子レンジで1分30秒程度加熱する(※1)
  • 1中まで火が通っていない場合は、加熱時間を増やしてください。

野菜とカレイの旨味と栄養がぎゅっと詰まったオムレツは、大人のお弁当にもおすすめ。にんじんのおかげで、切り口も色鮮やかですね。電子レンジで簡単調理できるのも嬉しいポイントです。

カレイバーグ

カレイバーグ

材料(2食分)

カレイ
20g
玉ねぎ
10g
ブロッコリー
5g
豆腐
20g
片栗粉
5g
醤油
3滴
  1. 1カレイを茹でて、身をほぐす
  2. 2玉ねぎとブロッコリーは茹でてみじん切りにする
  3. 3ボウルに1、2、豆腐、片栗粉、醤油を入れて混ぜ合わせる
  4. 4フライパンに油をひいて、3のタネをスプーンで落として両面をこんがりと焼く

豆腐に野菜も入った栄養満点のカレイバーグは、手づかみ食べの練習にぴったりです。ハンバーグのようにすることで、魚が苦手な赤ちゃんでも食べられるかもしれませんよ。

カレイのピカタ

カレイのピカタ

材料(2食分)

カレイ
30g
少々
青のり
適量
小麦粉
適量
1/2個
バター
少量
  1. 1カレイは食べやすい大きさに切って、骨があれば取り除く
  2. 21に塩、青のり、小麦粉をまぶす
  3. 3卵を割りほぐし、2をくぐらせる
  4. 4フライパンでバターを溶かし、3を両面焼く

卵液で包むことでふんわり柔らかく仕上がるピカタは、離乳食後期におすすめのメニュー。食べるときに醤油や塩で味付けすれば、パパもママも大満足のおいしさです。

カレイの離乳食は冷凍保存できる?

冷凍庫

カレイは茹でてから月齢に応じてペースト状にするかほぐした状態で、冷凍保存することができます。製氷器に入れるか、ラップに小分けして包み冷凍用保存バッグに入れて冷凍しましょう。

スーパーなどで売られているカレイは、冷凍された状態で仕入れたものを店舗で解凍している場合があります。カレイを購入するときはパッケージをよく確認し、「解凍」と表示されたものを使うときは、再冷凍を防ぐため自宅での冷凍保存はしないでください。

また、カレイに卵や乳製品などを組み合わせて調理したものや水分が多いものは傷みやすいため、冷凍保存はせず食べ切るようにしましょう。


カレイの離乳食を食べて、たんぱく質を補給しよう

カラスカレイやマガレイなど、カレイは年間を通して様々な種類が流通しています。カレイの切り身を選ぶときは、身が締まっていて透明感があるものがおすすめです。

カレイを上手く離乳食に取り入れて、赤ちゃんが喜ぶ離乳食を作ってあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう