まぐろの離乳食の作り方 中期・後期別レシピ10選

刺身だけではなく、煮ても焼いても美味しく食べることができるまぐろは、子供から大人まで多くの人に愛されています。高たんぱく・低脂肪で鉄分が多く、離乳食にも積極的に取り入れたい食材です。今回は、まぐろを使ったまぜご飯やスープなどの離乳食レシピを中期・後期別に10個ご紹介します。

離乳食のまぐろはいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
× まだ早いので、食べることをおすすめしません。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。

まぐろはしっかり火を通せば、離乳食中期頃から食べることができます。赤ちゃんが白身魚を食べるのに慣れてきたら、まぐろにチャレンジしてみましょう。

まぐろの離乳食を作るときのコツは?刺身用が便利?

赤ちゃん 離乳食 笑顔

離乳食に使うまぐろは、骨がなくて鮮度が良い刺身用の切り身を使うと便利です。大人がまぐろの刺身を食べるときに、赤ちゃん用に数切れ残しておけば調理しやすいですよ。

生のまぐろを食べられるのは早くても2歳以降なので、必ず加熱してから与えてくださいね。

まぐろの離乳食中期レシピ

まぐろのトマトソース

まぐろのトマトソース

材料(1食分)

まぐろ(刺身)
1切れ
  1. 1まぐろを茹でて、身をほぐす
  2. 21にトマトペーストをあえてすりつぶす

トマトの酸味で、さっぱりと食べやすいレシピです。マカロニやスパゲティを柔らかく茹でてあえれば、ボリューム満点の一品に。

そうめんとまぐろのだし煮

そうめんとまぐろのだし煮

材料(1食分)

まぐろ(刺身)
1切れ
小松菜
10g
そうめん
5g
30ml
  1. 1まぐろを茹で、すり鉢で細かくつぶす
  2. 2小松菜を茹で、みじん切りにする
  3. 3そうめんは乾燥した状態で細かく折り、柔らかく茹で、水にさらし塩抜きをする
  4. 41、2、3をだし汁で煮る

まぐろのコクとだし汁の旨みで、食が進むレシピです。そうめんの量は、赤ちゃんの食欲や離乳食の進み具合に応じて調節してくださいね。

まぐろと大根のだし煮

まぐろと大根のだし煮

材料(3食分)

まぐろ(刺身)
1切れ
大根
10g
50ml
片栗粉
適量
  1. 1まぐろは茹でて、身をほぐす
  2. 2大根は薄切りにし、柔らかく茹で、食べやすい大きさに切る
  3. 3小鍋に1、2、だし汁を入れて3分程煮込み、水溶き片栗粉でとろみを付ける

トロンとして喉ごしの良い煮物は、野菜を柔らかくとろとろに煮るのがコツです。大根の代わりにかぶや白菜を使っても美味しいですよ。食べやすいので、まぐろデビューにもおすすめです。

まぐろと納豆のスープ

まぐろと納豆のスープ

材料(1食分)

まぐろ(刺身)
2切れ
白菜
10g
納豆(ひき割り)
10g
60ml
醤油
3滴
片栗粉
少々
  1. 1まぐろは柔らかく茹でて、身をほぐす
  2. 2白菜はみじん切りにする
  3. 3小鍋に1、2と納豆、だし汁を入れ、柔らかく煮込む
  4. 43に醤油を垂らして風味をつける
  5. 54に水溶き片栗粉を加え、とろみをつける

納豆とまぐろの味わい深いスープ。とろみがついて食べやすいので、魚のモソモソ感が苦手な赤ちゃんも、きっと喜んでくれますよ。

まぐろの離乳食後期レシピ

まぐろスティック

まぐろスティック

材料(1食分)

醤油
数滴
小さじ1
まぐろ(刺身)
20g
片栗粉
適量
  1. 1醤油とだし汁を合わせる
  2. 2まぐろは1cm幅に切り、1のタレに5分程つけておく
  3. 32に片栗粉をまぶし、油をひいたフライパンで弱火から中火で両面を焼く

スティック状にするときは、まぐろの繊維に沿ってカットしましょう。繊維を断ち切ると、赤ちゃんが手づかみしたときにポキッと折れやすくなってしまいます。

まぐろとわかめのまぜご飯

まぐろとわかめのまぜご飯

材料(1食分)

まぐろ(刺身)
2切れ
わかめ
ひとつまみ
ご飯
60g
70ml
  1. 1まぐろは茹でて、身をほぐす
  2. 2わかめは水で戻し、みじん切りにする
  3. 31、2とすべての材料を小鍋に入れ、ご飯が柔らかくなるまで煮込む

まぐろとわかめの風味で食が進むレシピです。大人用に作るときには、茹でたまぐろとわかめをご飯に混ぜ合わせたあと、塩をひとつまみ入れると味が引き締まりますよ。

まぐろハンバーグ

まぐろハンバーグ

材料(1食分)

パン粉
10g
牛乳
大さじ1
まぐろ(刺身)
3切れ
片栗粉
小さじ1
少々
  1. 1パン粉は牛乳に浸しておく
  2. 2まぐろは包丁でたたき、ミンチ状にしておく
  3. 31、2と片栗粉、塩を合わせてよく混ぜる
  4. 43を食べやすい大きさに丸め、中央に少しくぼみをつける
  5. 5熱したフライパンに薄く油をひき、両面をさっと焼き軽く焦げ目をつける
  6. 65に水を少量加え、蓋をして全体に火が通るまで蒸し焼きにする

手づかみで食べやすいまぐろハンバーグは、魚が苦手な赤ちゃんにもおすすめ。味に変化が欲しいときは、タネに細かく刻んだプロセスチーズを加えても美味しいですよ。

まぐろのじゃがチーズ

まぐろのじゃがチーズ

材料(1食分)

まぐろ(刺身)
1切れ
じゃがいも
15g
玉ねぎ
5g
粉チーズ
少々
  1. 1まぐろは茹でて、身をほぐす
  2. 2じゃがいもと玉ねぎは茹でて、2、3mmの角切りにする
  3. 3耐熱皿に1、2を入れ、上に粉チーズをかけて、トースターで3分程度焼く

こんがり焼けたチーズが香ばしい「まぐろのじゃがチーズ」。塩・胡椒をプラスすれば、パパやママも同じメニューを楽しめますよ。トッピングに青のりをプラスしても◎。

まぐろ入りおにぎり

まぐろ入りおにぎり

材料(1食分)

まぐろ(刺身)
1切れ
軟飯
80g
少々
のり
全形1/2枚
  1. 1まぐろはさっと茹でて身をほぐす
  2. 2軟飯に1と塩を混ぜ込む
  3. 3のりを横長に置き、下半分にご飯を薄く敷き、残ったのりの半量を折り込む
  4. 44がひと口サイズになるよう、包丁で手早くカットする

のりにご飯を乗せるときには、ご飯がはみださないように端に少し余裕を持たせると、キレイに仕上がります。包丁でカットするときには刃にくっつかないように素早く切るのがポイントです。

まぐろと豆腐のおやき

まぐろと豆腐のおやき

材料(3食分)

まぐろ(刺身)
3切れ
豆腐(絹ごし)
100g
鰹節
2g
青のり
小さじ2
片栗粉
大さじ2
  1. 1まぐろはさっと茹で、身をほぐす
  2. 2ボウルに1、豆腐、鰹節、青のりを入れ、よく混ぜ合わせる
  3. 32に片栗粉を少しずつ加えながらさらに混ぜ、スプーンですくえる固さになるよう調節する
  4. 4熱したフライパンに薄く油をひき、3のタネをスプーンですくって落とす
  5. 54の両面を弱火で焼く

磯の香り満点のおやき。柔らかくて食べやすく、手づかみ食べが好きな赤ちゃんにぴったり。まとめて作ったらラップでくるみ、冷凍用保存パックに入れて冷凍保存するのがおすすめです。

まぐろの離乳食は冷凍保存できる?

冷凍庫

まぐろの離乳食は冷凍保存することができます。まぐろを茹でてほぐしたものを製氷皿に入れるか、冷凍用保存パックに板状に伸ばして冷凍しましょう。

また、生の状態のままラップに包み、冷凍用保存パックに入れて、冷凍保存することもできます。サイコロ状にカットして使用したい場合にはこちらの方法が便利です。

ただし、解凍品のまぐろを購入した場合は再冷凍になるため、冷凍保存することは避けてくださいね。

まぐろで栄養たっぷりの離乳食を作ろう

離乳食でまぐろを使用するときは、できるだけ新鮮な赤身を選び、十分に火を通しましょう。

まぐろの白い繊維部分は食べにくいので、細かくするか、取り除いてあげてくださいね。スーパーでは様々な種類のまぐろがありますが、トロのように脂肪分が多いものは避け、赤身のものを選びましょう。

栄養がたっぷり詰まったまぐろを使って、赤ちゃんに美味しい離乳食を作ってあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう