《鮭の離乳食レシピ》中期・後期別作り方9選!

鮭には良質なタンパク質、カルシウムを骨に吸収しやすくしてくれるビタミンD、脳の細胞を活性化するDHAが豊富に含まれています。鮭は刺身用の切り身を使えば調理しやすく、様々な食材とも組み合わせやすいので、離乳食でも大活躍する食材です。今回は鮭を使ったシチューやグラタンなどの中期・後期別の離乳食を9レシピご紹介します。


生鮭

離乳食の鮭はいつからOK?

初期
生後5・6ヶ月頃
× まだ早いので、食べることをおすすめしません。
中期
生後7・8ヶ月頃
○ 食べることができます。
後期
生後9・10ヶ月頃
○ 食べることができます。
鮭は、離乳食中期頃から食べることができます。

鮭の身はピンク色ですが、赤身魚ではなく白身魚に分類されます。しかし他の白身魚に比べると脂質が多いので、他の白身魚に慣れてきた頃に挑戦しましょう。

離乳食では塩気が多い塩鮭や鮭フレークは避け、生鮭を使用してくださいね。刺身用の切り身を使うと、少量でも調理しやすいですよ。

鮭の離乳食中期レシピ

ほぐし鮭入り粥

ほぐし鮭入り粥

材料(1食分)

10g
7倍粥
30g
  1. 1鮭は茹でて皮と骨を取り除き、細かくほぐしてすりつぶす
  2. 27倍粥に1を加えてよく混ぜあわせる

はじめての鮭レシピにおすすめ。いつものお粥に鮭を加えればコクがアップするので、赤ちゃんの食欲が増しそうですね。他に野菜ペーストがあれば、一緒に混ぜ合わせても。

鮭のとろとろ高野豆腐煮

鮭のとろとろ高野豆腐煮

材料(1食分)

10g
高野豆腐
5g
適量
  1. 1鮭は茹でて皮と骨を取り除き、細かくほぐしてすりつぶす
  2. 2高野豆腐はすりおろす
  3. 3小鍋にだし汁を入れ、1と2を加えてひと煮立ちさせる

たんぱく質を補給したいときにぴったりなメニュー。だし汁を多めに加えて、スープ状にしても食べやすいですよ。赤ちゃんの成長に合わせてアレンジしてくださいね。

鮭入り麩のミルク煮

鮭入り麩のミルク煮

材料(1食分)

10g
2個
粉ミルク(調乳済のもの)
大さじ2
  1. 1鮭は茹でて皮と骨を取り除き、細かくほぐす
  2. 2すりおろした麩と粉ミルクを耐熱容器に入れ、電子レンジで約20秒加熱する
  3. 31と2を混ぜ合わせる

粉ミルクで鮭を煮込んだ、クリーミーな一品。麩をすりおろして入れることで、とろみが増し、赤ちゃんがごっくんと飲み込みやすくなりますよ。

鮭とじゃがいものシチュー

鮭とじゃがいものシチュー

材料(1食分)

15g
じゃがいも
15g
とうもろこし
6粒
牛乳
30ml
片栗粉
小さじ1/2
  1. 1鮭は茹でて皮と骨を取り除き、細かくほぐす
  2. 2じゃがいもは皮をむいてやわらかく茹で、2〜3mm角に切る
  3. 3とうもろこしはみじん切りにする
  4. 4耐熱皿に1、2、3、牛乳、片栗粉を加えてよく混ぜ、電子レンジで約40秒加熱する
  5. 54をよく混ぜ合わせ、電子レンジでさらに約40秒加熱する

とうもろこしの黄色が目に鮮やかな、鮭とじゃがいものシチュー。とろんとした食感で食べやすく、野菜もたんぱく質も一緒に摂れる、栄養満点のレシピです。

鮭フレーク

鮭フレーク

材料(製氷皿1枚分くらい)

1切れ
お湯
少量
  1. 1鮭は茹でて皮と骨を取り除き、細かくほぐす
  2. 21を少量のお湯で伸ばし、製氷皿などに小分けして冷凍する

鮭フレークをたくさん作って冷凍しておけば、おかゆやうどん、パスタなどのトッピングに便利ですよ。使いたいときは、必要な分だけ電子レンジで解凍して使いましょう。

鮭とブロッコリーの豆腐グラタン

鮭とブロッコリーの豆腐グラタン

材料(1食分)

15g
ブロッコリー
15g
豆腐(絹ごし)
30g
とろけるチーズ
1/2枚
  1. 1鮭は茹でて皮と骨を取り除き、細かくほぐす
  2. 2ブロッコリーは柔らかく茹でて、みじん切りにする
  3. 3豆腐は泡立て器でなめらかになるまで混ぜる
  4. 41、2、3を混ぜ合わせ、耐熱皿に入れ、チーズを乗せてオーブントースターで3分程度焼く

鮭とチーズの味で、食が進むレシピです。ホワイトソースの代わりに豆腐を使っているので、あっさりとした味が特徴です。塩・コショウを加えれば大人も美味しく食べられますよ。

鮭の離乳食後期レシピ

鮭と豆腐のハンバーグ

鮭と豆腐のハンバーグ

材料(1食分)

15g
玉ねぎ
10g
小松菜
5g
豆腐(絹ごし)
20g
片栗粉
大さじ1
  1. 1鮭は茹でて皮と骨を取り除き、細かくほぐす
  2. 2玉ねぎと小松菜は柔らかく茹でて、みじん切りにする
  3. 31、2、豆腐、片栗粉を混ぜ合わせ、小判型に成形する
  4. 4フライパンに薄く油をひき、3を並べ、両面を弱火で焼く

鮭と豆腐で作ったヘルシーなハンバーグ。手づかみしやすく、口当たりも柔らかで、赤ちゃんにおすすめの一品です。大人が食べるときには醤油をつけると良いですね。

鮭のソテー トマトソース仕立て

鮭のソテー トマトソース仕立て

材料(1食分)

トマト
1/4個
30g
バター
小さじ1/4
青のり
適量
  1. 1トマトは湯むきして皮と種を取り除き、ざく切りにする
  2. 2鮭は骨と皮を取り除き、食べやすい大きさに切る
  3. 3フライパンにバターを溶かし、中まで火が通るよう2の両面を焼く
  4. 4フライパンから3を取り出してトマトを入れ、ソース状に形が崩れるまで煮込む
  5. 5皿に3を盛り付け、上から4と青のりをかける

鮭のピンク、トマトの赤、青のりの緑が美しい、目に鮮やかなレシピです。塩・コショウをプラスすればパパやママも赤ちゃんと同じメニューが楽しめますね。

鮭と野菜のチャーハン

鮭と野菜のチャーハン

材料(1食分)

10g
にんじん
10g
50ml
溶き卵
1/2個分
軟飯
80g
醤油
1〜2滴
  1. 1鮭は茹でて皮と骨を取り除き、細かくほぐす
  2. 2にんじんは、細かくみじん切りにする
  3. 3フライパンに油をひいて1と2を炒め、水を加えて水気がなくなるまで炒り煮する
  4. 43に溶き卵を加えて全体を混ぜ、軟飯を加えてさらに炒める
  5. 54に醤油を加え、味をととのえる

材料が揃っていなくても大丈夫。冷蔵庫にある野菜を活用して、サッとチャーハンを作りましょう。ほうれん草や小松菜など、緑の野菜を加えると彩りがさらに良くなりますね。

鮭の離乳食は冷凍保存できる?

離乳食 冷凍

鮭の離乳食は冷凍保存することが可能です。鮭を茹でてから、すりつぶす、細かくほぐすなど、それぞれの時期に合った大きさに加工して、製氷皿などに入れて冷凍保存しましょう。

フレーク状にしたものをラップに板状で保存して、必要な分だけ折って使う方法もおすすめです。

鮭を使って栄養満点の離乳食を作ろう

鮭を選ぶときには、身が崩れておらず透明感があるもの、パックの中で魚から汁が出ていないもの、身に弾力があるものを選びましょう。

刺身用の切り身のほか、外国産のトラウトサーモンは脂が少なくあっさりとした味わいなので、離乳食におすすめです。

鮭には赤ちゃんの成長に欠かせない栄養がたくさん詰まっています。鮭を使って栄養満点のおいしい離乳食を作って、赤ちゃんの健やかな成長をサポートしていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう