新生児が泣く!泣き止まない原因と対処法は?病気の可能性もあるの?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

「新生児は泣くのが仕事」といいますが、いつまでも泣き止まないと心配になってしまいますよね。終わりがないようにも思える泣き声に「なんで泣き止んでくれないのだろう…」と、落ち込んでしまうしまうことも。今回は新生児が泣きやまない原因と対処法、病気の可能性があるかどうかについてご説明します。

新生児が泣く!泣き止まない原因は?

赤ちゃん 泣く

生まれたばかりの新生児は、自分がしてほしいことを言葉や態度で表現することができません。赤ちゃんは泣くことで、周囲に対して自分の欲求や不快感を伝えています。

身体的・心理的な原因

赤ちゃんが思いきり大声で泣く場合は、空腹や眠気など身体的・生理的な理由があると考えられます。この場合、パパやママが抱っこしてあやしても泣き止むことはなく、原因が取り除かれるまで泣き続けます。

精神的な原因

一方で、精神的な原因で泣くこともあります。赤ちゃんは10ヶ月間、ママのお腹の中で、ママの心音を聞きながら羊水の中でゆらゆらと過ごしていました。そんな赤ちゃんが胎外に出ると、今までの環境との違いに適応できず、不安に感じることがあります。

抱っこしたら泣き止み、機嫌が良くなったり眠ったりする場合は、精神的な原因で泣いていると考えられます。

新生児が泣き止まない原因と対処法は?

新生児 泣く 泣き止まない

それでは、新生児が泣き止まないとき、具体的にどのような原因があるのでしょうか?

赤ちゃんの様子を観察してみて、次のような原因が考えられる場合、それぞれに合った対処法を試してみましょう。

お腹が空いている

産院などでは一般的に、3時間おきの授乳をすすめられますが、赤ちゃんの体調や機嫌によって、授乳サイクルは変化します。新生児期はおっぱいやミルクを上手に飲めないため、ママは授乳したつもりでも、実はあまり飲めていなかった…ということも。

特に母乳の場合は、1回の授乳で赤ちゃんがどのくらい飲めたかどうかは計りにくいですよね。新生児は1~2時間おきの授乳になることも珍しくないということを認識しておきましょう。

対処法

赤ちゃんの唇に指を軽く当ててみると吸いついてくる、おっぱいを飲んでいるようなもぐもぐとした口の動きをする場合は授乳のサインです。

泣き止まないときは、まず声をかけて赤ちゃんを抱っこし、おっぱいやミルクを飲ませてあげてくださいね。

おしっこ、うんちをして気持ち悪い

おむつの中は湿気がこもりがち。おしっこやうんちをするとさらに湿気が増して、赤ちゃんは不快な状態になって泣くことがあります。

赤ちゃんの肌はデリケートで、バリア機能も未熟なため、おむつかぶれがかゆくて泣いている可能性もありますよ。

赤ちゃんは1日に5〜6回うんちをして、お尻が赤くなることがあります。この場合は、おしりふきできれいに汚れを拭き取り、外用薬を塗ってあげてもよいでしょう。

対処法

長時間使用できるタイプのおむつだからといっておむつが濡れたままの状態にしておくと、蒸れておむつかぶれの原因になってしまいます。

おむつは、「汚れたら替える」のが基本です。おしっこサインが出ているかをこまめにチェックして、早めに交換してあげましょう。最初のうちは、授乳のたびにおむつの状態を確認してもいいですね。

うまく眠れない

赤ちゃんがぐずぐずと泣き続けながら、布団や抱っこしているママの胸などに顔をこすりつける動作をしはじめたら眠い証拠です。

新生児期は睡眠のサイクルが整っていないため、上手に眠れないこともあります。また、寝るときの姿勢が安定せず、なかなか泣き止まないことも。

対処法

部屋を暗くする、ゆったりとした音楽をかける、抱っこをしながら優しくトントンするなどの方法で、新生児が安心して眠れる環境を整えてあげましょう。

暑くて汗をかいている

赤ちゃんは体温調節機能が未熟です。部屋の温度が高すぎたりして暑いと、汗ばんで不快感を抱き、泣くことで表現します。

対処法

汗をかいたらこまめに着替えをすることが大切です。季節に合わせた肌着とウエアの2枚がベースですが、夏の暑い日は1枚だけ、冬の寒い日はもう1枚肌着を追加する(短肌着+長肌着)など、工夫してあげてください。

基本的には大人と同じか、1枚薄着にするイメージでよいでしょう。

ただし、これはあくまで目安なので、赤ちゃんの背中が少し汗ばんでいるようであれば薄手のものを着せたり、掛け布団で調節したりしてあげてくださいね。

室温は、夏は25~27度、冬は20~23度程度を目安に調節しましょう。

お腹が張って気持ち悪い/h3>
新生児は、自分でげっぷやおならを上手に出すことができません。授乳後に毎回げっぷをさせているつもりでも、うまく出ていないことはよくあること。腸の動きもまだ弱いので、ガスがお腹にたまってしまい、気持ち悪くなって泣くこともあります。

対処法

授乳前や入浴後に、赤ちゃんのお腹に「の」の字を書くようにマッサージをしたり、足首を握ってお腹にひざを引き寄せる要領で曲げ伸ばしをしてあげたりしましょう。お腹に溜まったガスが出てスッキリすることがありますよ。

不安、寂しい

ママのお腹の中にいるときは、暗くて静かで子宮の壁に密着して過ごしていた赤ちゃん。生まれてからは、抱っこしてほしい、不安を取り除いてほしい、と無意識に感じています。

そのため、お腹が空いていなくても、おむつが汚れていなくても、寂しくて泣いてしまうことがあります。

対処法

赤ちゃんが寂しくて泣いているときは、ママやパパが抱っこしてあげると、安心して泣き止むこともよくあります。すぐに抱っこできないときも、「ここにいるから大丈夫だよ」と優しく声を掛けてあげてくださいね。

おくるみでくるんで両腕を固定してあげると、胎内にいたときのような安心感を覚えて泣き止むこともありますよ。

新生児が泣き止まない場合、病気の可能性はある?

救急 病院 緊急

様々な方法を試しても激しく泣き続け、泣き止まない場合には、赤ちゃんが何らかの体の異変を訴えている可能性があります。

そのような場合には、以下の症状が出ていないか赤ちゃんの様子を観察し、少しでも気になることがあれば小児科で診察してもらいましょう。

・38度以上の発熱
・咳で眠れない、横になれない
・鼻づまり
・嘔吐をくり返す
・顔色や唇の色がいつもと違う
・ずっと機嫌が悪い
・泣きながら耳を触る
・血が混ざったうんちが出る

新生児が泣くときは、落ち着いて対処しましょう

新生児 寝る

新生児にとっては、ママやパパが頼りです。「赤ちゃんは泣くという行為でしか自分の欲求を伝えられないもの」と認識して、赤ちゃんが泣き止まないときにも自分を責めずに、落ち着いて対処しましょう。ママやパパが落ち着いていると赤ちゃんも安心してくれますよ。

また、いつも一緒にいるパパやママだからこそ、「いつもと様子が違うな」とピンと来ることもあるかもしれません。赤ちゃんからの様々なサインを見逃さないように、普段からしっかりと様子を見ていてあげてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう