赤ちゃん・新生児のしゃっくり、原因と止め方は?多いときは?

新生児の赤ちゃんがしゃっくりをする姿はよくみますが、あまりにも頻繁に、長い時間しゃっくりをしていると、赤ちゃんが苦しかったり、吐いてしまうのではないかと心配になりますよね。そこで今回は、新生児の赤ちゃんのしゃっくりについて、止まらないときはどうすればいいのか、多いときの止め方などをまとめました。

そもそもしゃっくりがでる仕組みとは?

体 内臓 体の仕組み

しゃっくりとは、お腹の中にある「横隔膜」と呼ばれる薄い膜のような筋肉が、けいれんを起こしている状態のことです。大人の場合、食べ過ぎたときや早食いをしたときに、横隔膜が急激に収縮して声帯が閉じてしまい、空気が遮断されたときに「ヒクッ」という音を発することがあります。

新生児や赤ちゃんの場合、基本的には同じ原理でしゃっくりをしますが、体と脳の繋がりがまだ未発達な部分もあり、大人に比べてしゃっくりを起こしやすくなっています。対処しないと止まらないこともありますよ。

新生児や赤ちゃんにしゃっくりがでる原因は?多いのはなぜ?

記号 疑問 クエスチョン はてな

赤ちゃんがしゃっくりをする原因は様々ですが、一番の原因はおっぱいを飲んでいるときに空気を一緒に吸い込んでしまうことです。また、おむつが濡れて寒いと感じただけでも痙攣を起こすことがあります。

おしっこをしたときにも、脳からの膀胱を縮める信号が横隔膜を刺激してしまい、しゃっくりがでることも。しかし、赤ちゃんや新生児のしゃっくりの原因を特定することは難しいといわれています。

赤ちゃんは、実は胎児の頃からしゃっくりをしていて、ママは胎動でピクピク動くのを感じたことがあるかもしれませんね。通常、横隔膜は収縮・弛緩することで呼吸を助ける働きがありますが、胎児の場合は羊水内の異物が体に入ったときに吐き出しているという説があります。

特に新生児~生後6ヶ月頃までの赤ちゃんは横隔膜が未熟なので、ちょっとした刺激でしゃっくりを起こすので、その時期の赤ちゃんはしゃっくりが多いものだと考えて慌てず対処してあげてください。

新生児の赤ちゃんのしゃっくりを止める方法はあるの?

赤ちゃん お腹 マッサージ

赤ちゃんのしゃっくりは大人が考えているほど苦しさは感じていません。放っておいても自然と止まるので心配ありませんが、ずっとしゃっくりしていて眠れなかったり、落ち着かなかったりする場合は、なるべく止めてあげたいですよね。

以下に、赤ちゃんのしゃっくりの止め方をまとめたので、試してみてください。

飲みものを飲ませる

おしっこをした後や、離乳食などを食べてる最中などにしゃっくりが出る場合は、何かを飲み込んだ刺激で治まることがあります。母乳やミルクはもちろん、白湯や麦茶が飲める月齢であれば飲ませてあげましょう。

母乳やミルクの後にげっぷを出す

母乳やルクの後にしゃくりが出る場合は、空気を一緒に飲み込んでしまった可能性もあります。縦抱きにしてげっぷを出してあげると、しゃっくりも一緒に止まることがありますよ。

体を温める

寒さで体が縮こまるときに、しゃっくりが出ることもあります。お湯であたためたガーゼやタオルをお腹に当てて、体を温めてあげましょう。また、冬場やお風呂あがりなど、体が冷えやすい環境には十分気をつけてあげてくださいね。

おむつを替える

濡れたおむつが原因で体が冷えていることもあるので、おむつを替えてあげるのも良いですね。おむつを替えただけでピタっとしゃっくりが治まったという先輩ママの声もあります。濡れたおむつは思っている以上に体温を奪ってしまうので、こまめに替えてあげましょう。

背中を軽くさすったり、トントンする

げっぷを出そうとしても出ず、しゃっくりが止まらないときは、縦抱きをしながらゆっくりと背中をさすってあげましょう。ママの手で体が温まり、安心することでしゃっくりが止まることもあります。

また、大人と同じように背中を軽くトントンするのも効果的。ただし、強く叩いてしまうと母乳やミルクを吐き戻してしまうので、軽めに叩いてあげてください。授乳直後に寝かせながら背中をトントンするのも、吐いてしまう原因になるので、抱っこしながらにしましょう。

新生児や赤ちゃんのしゃっくりが止まらないときの注意点は?

注意

大人と同じ方法でしゃっくりを止めようとするのは禁物です。大人がしゃっくりを止めるときには、

・耳に指を入れる
・ワッと驚かせる
・鼻にこよりを入れてくしゃみをさせる
・コップ一杯の水を飲む

などの方法がありますが、赤ちゃんは体の構造が大人と異なり未発達なので、同じ止め方をするのはやめてくださいね。

特に、しゃっくりを止めてあげたいと思ったときに、大人はよく「驚かせる」という対処をすることがありますが、赤ちゃんにはあまり効果はなく、びっくりして泣き出してしまうこともあるのでやめましょう。

新生児や赤ちゃんのしゃっくりが止まらないのは病気の可能性もある?

病院 診察 受診 検査

新生児や赤ちゃんのしゃっくりには、肺炎やお腹の炎症のせいで横隔膜に膿がたまり、しゃっくりが出ている可能性もあります。

あまりに頻繁で止まらず、「ぐったりして元気がない」「おっぱいやミルクを飲まない・飲む量が減ってきた」などの症状があれば、一度小児科を受診してみましょう。

また、稀に食べ物のアレルギー症状としてしゃっくりが出ていることもあります。小麦やピーナッツなどアレルギー症状を引き起こす食べ物は様々なので、離乳食期の赤ちゃんは注意してください。湿疹、くしゃみ、鼻水、目の充血など他のアレルギー症状が出ていないか、合わせて確認しましょう。

ただし、病気や食物アレルギーが原因でしゃっくりを起こしているというケースは極めて稀なので、しゃっくりが頻繁でも元気そうなら病院にいく必要はありませんよ。

新生児や赤ちゃんのしゃっくりは成長の一環

赤ちゃん おもちゃ 玩具 ねんね 笑顔

生後1歳くらいまでは、しゃっくりが多く出るのは自然な現象です。特に新生児期はうまく母乳やミルクを飲むことができず、げっぷも上手にできないのでしゃっくりが出やすい時期です。成長するにつれて回数も減っていくので、見守ってあげましょう。

ママに余裕があるときは、背中をさすってあげたり、抱っこしてあげたりして、優しく接しながら、様子をみてあげると良いですね。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい