赤ちゃんの寝汗対策!頭の汗がすごいときは服着せすぎ?布団かけすぎ?

1日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃん。気がつくと、頭も体も汗でびっしょり!なんてことも良くありますよね。赤ちゃんはよく寝汗をかくものですが、着替えさせるべきか、頭の寝汗はどう対処すべきかなど、迷ってしまうことも。そこで今回は、赤ちゃんの寝汗対策について、夏と冬での布団や着替えのポイント、注意点などをご紹介します。

赤ちゃんの寝汗とは?

子供 寝汗 熱 日本人

人は、眠っているときに体温調整を行っており、体温を下げるために汗をかいていると考えられます。

大人でも毎晩コップ1杯程度の汗をかいているといわれますが、赤ちゃんはそれよりも多く寝汗をかくことがあります。

眠ってしばらくすると、夏でも冬でも、髪の毛がぺったんこになるほど頭に汗をかいていたり、背中全体が湿っていたりして、「こんなに汗をかいて大丈夫かな」と思ってしまうママやパパは多いのではないでしょうか。

しかも、赤ちゃんの汗は布団にしみこんでいたり、すでに蒸発してしまっていたりするため、実際には目に見えている以上の寝汗をかいています。

赤ちゃんが寝汗をかく原因は?

赤ちゃん 寝る 日本人

赤ちゃんが寝汗をかきやすいのは、体の機能が未熟で、汗によって体温調節をする必要があるからだといわれています。

また、汗腺の数は大人も赤ちゃんも同じですが、体の表面積が大人よりも少ない分、赤ちゃんは汗腺が密集しています(※1)。そのため汗が溜まりやすく、大人よりも衣類や布団を集中的に湿らせてしまうので、「大量に寝汗をかいている!」と感じるのです。

赤ちゃんの寝汗対策!夏・冬の布団・パジャマはどんなものがいい?

ベビー布団 日本人 赤ちゃん 選び方

寝汗をかくこと自体は体にいいことですが、寝汗をかきすぎると濡れた布団やパジャマで体が冷えてしまったり、あせもができてしまったりする可能性があります。

余計な寝汗をかかないようにするには、汗をかきやすい環境にしないことが大切です。

個人差はありますが、そもそも赤ちゃんの体温は大人よりも高めです(※2)。そのため、夏でも冬でも、パジャマは大人よりも1枚少なくして、布団は大人より薄めのものを選ぶとちょうどいいかもしれませんね。

冬は足先が冷たいからと靴下を履かせたくなってしまいますが、赤ちゃんは足裏でも体温を調節していると考えられるため、就寝時の靴下は控えた方がいいでしょう。足が冷たくなっていても胴体部分が温かいのであれば問題ありません。

快適な室温の目安は、夏場は26~28℃、冬場は22~23℃とされています。エアコンや扇風機などを使って温度調節をしてくださいね。

このような対策をとっても最低限の寝汗はかくので、並行して汗を吸収してくれるアイテムも利用しましょう。

たとえば、敷布団の上に吸水性の高いバスタオルを敷いたり、赤ちゃんの背中に汗取りパッドを入れてあげたりするのもいいですね。こうすれば布団はそのままで、汗取りアイテムを入れ替えるだけで済むので、洗濯の負担が軽減されます。

赤ちゃんが寝汗をかいたら着替えさせるべき?

子供服 ベビー服 タンス 洋服 ダンス

寝汗をかきすぎない環境づくりや便利なアイテムで寝汗対策を行っても、パジャマが濡れてしまうことはありますよね。

もしパジャマが汗でしっとりと濡れているようなら、寝ているときでも着替えさせてあげましょう。濡れたパジャマを着せたままにすると体が冷えて風邪をひいてしまったり、あせもができてしまったりする可能性があるからです。

ただ、寝ている赤ちゃんを起こしたくもないと思うので、できるだけ赤ちゃんが目を覚まさないように素早く着替えさせる工夫をしましょう。

たとえば、新しい着替えを横に広げておいて、濡れたパジャマを脱がした後、すぐにその上に移動させて寝かせるといいかもしれません。あるいは、着替えさせやすい前開きタイプのパジャマを着せてあげる、というのも一つの方法ですよ。

赤ちゃんの頭の寝汗がひどい!どうすればいい?

赤ちゃん 寝る 日本人

体の寝汗は服を着替えさせたり、汗取りパッドを交換したりすればいいのですが、頭にかいた寝汗は放置されがちです。

頭の寝汗対策としては、まずは頭の下にも薄くタオルを敷いてあげることです。このとき、顔にタオルがかかって窒息を引き起こさないように、注意して敷いてくださいね。

また濡らしたガーゼで頭を優しく拭いてあげるのもいいですね。軽く寝汗を拭きとってあげるだけで、赤ちゃんも快適に寝ていられるようになりますよ。

赤ちゃんが頭や背中に寝汗をかいたら、こまめに対処を!

ベビー服 着替え 

赤ちゃんは体温の調節機能が未熟なので、どうしても寝汗をかきやすいものです。そのため寝汗をかきやすいことを前提に、頭や背中に汗をかいたときにはすぐ着替えさせたり、乾いた布団に取り替えたりできるような工夫をしておきたいですね。

寝汗をかくこと自体は、健康な証拠なので心配する必要はありません。

生まれて間もない頃は着替えの回数も多くなって大変かもしれませんが、成長とともに汗の量も次第に落ち着いてくるので、「今だけのこと」と思っておおらかな気持ちで対応しましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう