新生児けいれんとは?どんな症状が出る?対処法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

「新生児けいれん」という言葉を聞いたことはありますか?脳の発達が未熟な新生児は、ちょっとしたことがきっかけでけいれんを起こす可能性があるのです。しかし、その原因には病気が関わっている場合があり、早期発見・早期対処が大切です。今回は新生児けいれんにいち早く気づいて対応できるように、原因や症状、対処法などをご紹介します。

新生児けいれんとは?症状は?

赤ちゃん 泣く 泣き顔 

新生児けいれんとは、生後1ヶ月未満の新生児期に起こるけいれんのことです。けいれんというと、体を強張らせて小刻みに震える姿を想像しがちですが、新生児けいれんの場合は、脳の発達がまだ未熟であるため、意識を失う、手足をぴくぴくさせるといった幼児が起こすような発作は少ないです。

まばたきを繰り返したり、もぐもぐ口を動かしたり、自転車をこぐような動きを見せたりなど、一見けいれんとは思えない微細発作が現れます。

新生児にはけいれんが起きやすいの?

OK NG どっち? 疑問

私たちの体は、簡単に言えば、脳内の電気信号をやりとりすることで動いています。しかし、この電気信号がなんらかの理由でショートしてしまうと、電気信号が正しく伝わらずに異常な動き(けいれん)を起こしてしまうと考えられています。特に新生児は生まれたばかりで脳の状態が未熟なので、ちょっとしたきっかけでショートしてしまいます。

新生児けいれんは全新生児の約0.26~0.44%で発症し、赤ちゃんは大人に比べてけいれんが発症しやすいといわれます。特に、生まれたときの体重が2,500g未満である低出生体重児は新生児けいれんが起きやすく、発症率は約0.937~1.35%とされています(※1)。

新生児けいれんの原因は?

発見 電球 注意

新生児けいれんは、病気の症状のひとつとして現れることがほとんどです。たとえば、頭蓋内出血や脳損傷などの頭蓋内疾患、または低血糖や低カルシウム血症、低マグネシウム血症などの代謝異常の病気などが、新生児けいれんの原因として挙げられます。

また、髄膜炎や敗血症などの感染症が原因で新生児けいれんが発症する場合もあります(※1)。

新生児けいれんが起きたときの対処法は?

女性 携帯電話 赤ちゃん

新生児けいれんの症状が長引いてしまうと、神経学的後遺症が残ることもあるので、早期発見・早期治療が大切です。ホームケアで対処することは難しいので、新生児けいれんの症状に気づいたら、できるだけ早く小児科を受診しましょう。

見た目にも容態が悪く、急を要するのであれば、小児救急電話相談(#8000)へ電話をして状況を説明し、救急車を呼ぶべきかなどを相談してください。

受診するときには症状が落ち着いていることも多いので、けいれんの症状をよく観察しておきましょう。具体的には、以下のようなことを観察し、書き留めておくと、その後の治療がスムーズに進みます。

・けいれんは全身に現れていたか、部分的に表れていたか
・どのような状況でけいれんが現れたか(お風呂の後、授乳の後など)
・どのくらいの時間、けいれんが続いたか
・発熱や嘔吐など、けいれん以外の症状が現れていたか

新生児けいれんが現れたら、赤ちゃんの体を締めつけている衣服を緩め、嘔吐でのどをつまらせないように体を左向きにしてください。また、新生児けいれんの様子を医師に伝える方法として、けいれんの様子を動画で撮影し、それを医師に見せるというものもあります。

急なけいれんにも落ち着いて対処できるように、病院の連絡先を携帯に登録しておくことをおすすめします。

新生児けいれんの検査方法や治療法は?予後は?

新生児 ケア ベッド 眠い 寝る 睡眠

新生児けいれんの診断では、体温や呼吸の状態、心拍の管理をしたうえで、血液検査や髄液検査、CTなどの画像検査、必要に応じて脳波検査を行います。

新生児けいれんと診断された場合は、けいれん発作を予防する「抗けいれん薬」の服用を行いながら(※2)、新生児けいれんを引き起こしている病気を探し当て、必要な治療を行います。

新生児けいれんの治療後の経過は人それぞれで、全く問題なく治ることもいれば、最悪の場合死亡してしまうこともあります。しかし、医療の進歩で状況は改善しており、以前は40%近かった死亡率も近年では20%ほどに減少しています(※1)。

運動発達障害や知能発達障害などの後遺症が出る可能性もあるので、治療後はしっかりと様子を見てサポートする必要があります。

新生児けいれんが起きても、慌てず冷静に対処しよう

新生児 赤ちゃん ママ 抱っこ

生まれたばかりの赤ちゃんがけいれんを起こした場合、パニックを起こしてしまうかもしれません。しかし、赤ちゃんのためにも、しっかりと様子を観察し、落ち着いて対処してください。

新生児けいれんは、赤ちゃん特有の原始反射と混同しやすいので注意が必要です。ただ、原始反射だと思って手遅れになるくらいなら、間違っていても小児科を受診する方が安心です。早期発見ができるように、普段から赤ちゃんの行動には気を配ってあげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう