生後4ヶ月の赤ちゃんの体重や授乳間隔は?育児のポイントは?

記事監修 助産師 佐藤 裕子
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 続きを読む

生後4ヶ月頃になると、ミルクや授乳の回数、睡眠時間などが安定してきて、少し楽になったと感じるママが多いようです。その反面、夜泣きがはじまったり、奇声を上げる赤ちゃんもみられ、心配になるママやパパも少なくありません。今回は、生後4ヶ月の赤ちゃんの体重や授乳間隔に加え、育児や成長のポイントについてまとめました。

生後4ヶ月の赤ちゃんの身長や体重は?

男の子 赤ちゃん 自然

生後4ヶ月の赤ちゃんは、厚生労働省の成長曲線によると身長58.2~68.5cm、体重5,350~8,720gで、男女差や個人差があります(※1)。ただ、成長曲線とはあくまでも目安です。それぞれの赤ちゃんの「出生体重から月単位で増えていく身長・体重が、成長曲線のカーブに添っているかどうか」が大切になります。

ミルクや授乳の量や回数も安定し、ママも赤ちゃんが普段どれくらい飲むか、クセがわかってくる頃です。

体重の増加はゆるやかで、体つきがしっかりしてきます。運動機能が発達することで、手足の動きが力強くなり、筋肉もついてきますよ。視野もグンと広がり、目の前や近くのおもちゃに手を伸ばす仕草も見られるでしょう。

赤ちゃんの身長・体重

● 男の子 身長:59.9~68.5cm  体重:5.67~8.72kg
● 女の子 身長:58.2~66.8cm  体重:5.35~8.18kg

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイントは?

疑問 答え アンサー クエスチョン

生後4ヶ月頃になると、首はしっかりとすわり、縦抱きも安定してくるので、外出が楽になってきます。抵抗力がつくことで、少し遠出もできるようになりますよ。

うつぶせ寝も少しの間ならキープできるように。その状態から腕の力を使って、寝返りの動作をしはじめる赤ちゃんもいます。

生後3ヶ月頃に比べると、消化機能が発達し、よだれの量が増えるのも特徴。ママやパパが食事をしているとじっと見つめてよだれを出し、真似をして口を動かす子もいます。

生後4ヶ月の赤ちゃんの主な成長

● 首がすわり安定する
● 興味のあるものに手を伸ばしてつかもうとする
● なんでもなめる
● 唾液の分泌量が増えて、よだれが多くなる
● 感情表現が豊かになる
● 昼と夜の区別がつく
● 夜眠る時間が長くなる
● 昼寝のリズムがついてくる

生後4ヶ月の育児のポイント

生後5~6ヶ月頃からはじめる離乳食に向けて、ママやパパが楽しそうに食事をする様子を見せてあげると、赤ちゃんが食べ物に興味を示すようになりますよ。

また、車での外出も増えてきますが、チャイルドシートの装着が法律で義務づけられています。どのチャイルドシートがいいかわからない人は、レンタルで試してみると安心ですよ。

外出時の服は、普段のコンビ肌着やカバーオールに加え、季節に合わせて帽子や靴下、脱いだり着せたりするのが便利なベストやカーディガンを用意してあげましょう。

生後4ヶ月の赤ちゃんの授乳間隔や時間は?

授乳

生後4ヶ月の赤ちゃんは、吸う力がつき、ミルクや授乳のリズムも整ってきます。授乳は1日5~6回くらい、日中は4時間おき、夜は5時間おきくらいが目安。ミルクは缶に書かれた量を守り、与え過ぎに注意してくださいね。

この時期にピークを迎え、離乳食の開始とともに徐々に減っていきます。母乳は栄養素を分解して消化を助け吸収をよくする酵素が含まれているので、欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

母乳で遊び飲みが目立つ場合は、一度様子をみて再度あげてみてください。それでも積極的に飲まなければ切り上げ、次の授乳を少し早めても良いですね。ミルクの場合、余ったからといって保存すると雑菌が繁殖するので、必ず作り直します。

生後4ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間や生活リズムは?

赤ちゃん 寝る ベッド ベビー ベッドメリー

生後4ヶ月頃の赤ちゃんは、1日に15時間ほど眠るようになり、夜は6~7時間まとめて眠る赤ちゃんもいます。昼と夜の区別がだんだんとついて、日中に起きて遊ぶことが多くなります。夜の授乳やミルクが1回になったというケースも。1日トータルの睡眠時間には個人差があります。

基本的な生活リズムは、お昼寝と睡眠ですが、日中の昼寝や、夜中のミルクや授乳回数が減ってきます。日中の起きている時間は、少し外出もしてみましょう。

ママやパパの朝・昼・夜のご飯の時間を合わせてあげたり、お風呂の時間を決めたり、夜はパジャマ、朝になったら着替えをするなどメリハリをつける意識をし、赤ちゃんのサポートをしてあげてくださいね。

生後4ヶ月の赤ちゃんに合った遊びやおもちゃは?

赤ちゃん 手 腕 新生児

生後4ヶ月頃は、周囲への関心が増して好奇心旺盛になり、興味を引くものがあれば頭を動かしたり目で追いかけたり、手を伸ばすなどの反応を示します。

うつ伏せにすると頭と肩を起こす姿勢ができるようになるので、目線の先にぬいぐるみや音の出るおもちゃを置いて遊んであげましょう。よだれがついても洗えるマットの上で遊ばせれば、清潔に保てるのでおすすめですよ。

手の力もつき、小さいおもちゃなら持ち上げることもできます。仰向けで寝ている状態でおもちゃを手に持ったら、顔や頭の上に落ちないように気をつけたくださいね。硬いおもちゃは持たせないようにしましょう。

なんでも舐めるので、小さすぎないサイズや体に害のない素材を選ぶことも重要です。電化製品のコードやケーブルなど周囲のものにも、ご注意を。

生後4ヶ月の夜泣きや黄昏泣きはどう対処すればいい?

女性 悩む 困る 困惑 ネット 調べる 調査

生後4ヶ月頃になると、夕方に「夕暮れ泣き」又は「黄昏泣き」、夜中には「夜泣き」をします。どちらも明確な原因はありませんが、睡眠サイクルの変化やストレスなど諸説あります。以下を参考に、対処してあげましょう。

夕暮れ泣き・黄昏泣きの対処法

昼夜の区別がつきはじめた反面、自律神経がついていけず、ぐずったり泣いたりしてしまうという説があります。無理に泣きやませようとすると逆効果なので、リラックスさせてあげましょう。

抱っこで体を温めたり、歌で気持ちを落ち着かせたり、少し外を歩いて気分転換させると良いですよ。忙しい時間帯ですが、優しい気持ちで赤ちゃんに向き合ってあげましょう。

夜泣きの対処法

睡眠サイクルを正していくことで、赤ちゃんの生活リズムが整い、夜泣きの頻度が少なくなることも。日中に窓辺で日光浴をさせるだけでも昼と夜の区別がついていきますよ。

即効性があるものではありませんが、毎日コツコツ行うことで、効果が出てきます。夜泣きで困っている方は他の対処法を詳しくご紹介している関連記事も合わせて参考にしてください。

生後4ヶ月の赤ちゃんの奇声はどう対処すればいい?

赤ちゃん 泣く

生後3~4ヶ月の赤ちゃんは、「キャー」「キー」など奇声と間違うような様々な声を出して遊ぶようになります。声を出す練習をはじめ、聴力が発達することで自分の声が認識できるようになり、声を出すことがどんどん楽しくなるからといわれています。

不機嫌な状態になると、奇声を上げながら泣くこともあります。毎日決まった時間に起こることが多いので、おむつや室温で不快感がないかも確認しましょう。

慣れてくると成長とともに回数も減っていきますが、子供は多かれ少なかれみんな奇声を上げます。生後5ヶ月頃にはおさまることがほとんどなので、辛抱強く赤ちゃんの成長を見守りましょう。

生後4ヶ月頃は成長が著しいので、柔軟に対応しましょう

女性 母親 笑顔 赤ちゃん

生後4ヶ月になると、これまでに比べてグンと成長がみられ、ママやパパは思ってもみなかった反応に慌てることもあります。

事前におもちゃの素材や大きさについて調べたり、夜泣きや夕暮れ泣き・黄昏泣きなどを知っておくだけでも、心の準備ができますよね。赤ちゃん自身も理由が分からずに起きていることもあるので、ママやパパが焦らず、柔軟に対応してあげましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう