妊娠39週!胎児の体重は?どんな出産兆候が現れる?

妊娠39週になると、出産予定日まであと1週間です。出産のことで頭がいっぱいになり、毎日そわそわしてしまうという人も多いのではないでしょうか?赤ちゃんは生まれる前に必要な成長をすべて終え、生まれてくるタイミングを見計らっています。ママと同じように、会える日を楽しみにしているはずですよ。今回は妊娠39週の妊婦さんと赤ちゃんの状態、出産兆候や陣痛の現れる時期などについてご説明します。

妊娠39週のお腹の大きさは?

女性 腰痛 妊婦

妊娠39週のお腹の大きさは、子宮底長で33cmほどです(※1)。妊娠中で最もお腹が大きい状態になり、恥骨痛や尿漏れなど様々なマイナートラブルが続きます。

赤ちゃんが出産に向けて下に降りてくるので、妊娠39週の終わり頃には、お腹の高さがみぞおちとおへその真ん中くらいまで下がります。胃の周りの圧迫感が少なくなり、消化管トラブルが減る人も多いかもしれません。

また、予定日が目前に迫ってくると、安静にしていたほうがいいのではないかと考えがちですが、妊娠39週は積極的に体を動かしたいタイミングです。ウォーキングやスクワットのような軽めの運動を続け、出産に向けて体力作りを行いましょう。

妊娠39週は睡眠が不安定になりがち

妊婦 睡眠 不快

臨月に入ると睡眠サイクルが不安定になり、睡眠不足で日中に頭がぼーっとする人も増えます。これは睡眠を抑える作用のある「エストロゲン」というホルモンが増加することに加え、胎動やお腹の張り、恥骨痛によって寝つきが悪くなることが原因です。

眠たいときは、日中でも横になったり昼寝をしたりして体を休めることが大切です。眠さのあまり注意散漫になっていると、転んだりお腹をぶつけたりする危険もあるので、眠気を感じたら無理をしないように心がけましょう。

眠れないからといってあまり思いつめずに、好きなことをしてリラックスをしたり、ちょっとした運動をしたりと、気分転換ができるといいですね。「シムスの体位」など、楽に眠れる姿勢をみつけるのも不眠に効果的です。

妊娠39週の赤ちゃんの大きさや体重は?

妊娠39週 エコー写真

妊娠39週の胎児は、身長約50cm、体重約3,000gまで成長します(※1)。体を覆っていた胎脂がとれ、肉や骨が硬くなり、生まれる準備はできました。

ただし、赤ちゃんは生まれてくるときに自分の頭より狭い産道を通り抜ける必要があるため、頭蓋骨は完全には固まっていません。

赤ちゃんの頭蓋骨は薄い5枚の骨からできていて、産道を通るときにはこれらを重なりあわせることで頭を小さくします。生まれた後にはこの5枚の骨がくっついて頑丈な頭蓋骨へと成長するので、安心してくださいね。

妊娠39週に現れる出産兆候は?

妊婦 陣痛 腹痛 入院

妊娠39週になると、ちょっとした体の変化にも「出産兆候かも?」と敏感になってしまいますよね。

お腹が下がってくる、胎動が弱くなる、おりものが増えるなど、出産が近づいてくることで起こる変化はいろいろありますが、妊娠39週の出産兆候として覚えておきたいのは、「おしるし」「本陣痛」「破水」の3つです。これらが起これば、出産が始まる合図と考えてください。

おしるし

おしるしは、血の混じった、ピンク色のおりもののことです。出産が近づいている証で、一般的に、おしるしがあってから1週間以内には陣痛が始まるといわれています。

ただし、おしるしには個人差があり、おしるしがないまま本陣痛を迎える人も、陣痛が始まってからおしるしが見られる人もいます。

本陣痛

本陣痛は、規則性のあるお腹の張りや痛みのことをいいます。痛みの感覚が短くなればなるほど、お産に近づいている証です。

病院の方針や妊婦さんの状態にもよりますが、痛みの間隔が、初産婦の場合は10分、経産婦は15分ほどになったら、病院に連絡することが多いようです。

破水

赤ちゃんを包んでいた卵膜が破れ、なかから羊水が出てくることを「破水」といいます。破水は多くの場合、本陣痛が起こり、子宮口が全開になったあとに起こります。

ただしなかには、本陣痛が来る前に破水することもあります。その場合はすぐ病院に連絡し、指示を仰ぎましょう。破水したからといってすぐにお産が始まるわけではないので、焦らずに対処してくださいね。

妊娠39週に子宮口が開いていなくても大丈夫?

時計

出産するためには、赤ちゃんの出口となる「子宮口」が柔らかくなって、開く必要があります。子宮口が3~4cmほど開くと本陣痛が始まり、10cmまで開くと赤ちゃんが外に出てき始めます(※1)。

妊娠39週頃は、子宮口がすでに少し開いている人もいれば、まだあまり開いていない人もいます。時期が来れば子宮口は自然と開いてくるものなので、焦らず赤ちゃんのタイミングを待っていてくださいね。

妊娠39週の胎動が激しいとお産が来ない?

リスク 危険

妊娠39週になると、赤ちゃんが子宮内で動けるスペースが少なくなるので、胎動はだんだんと減ってきます。しかし、臨月に入ると赤ちゃんの力が強くなっていることもあり、子宮をぐっと押されるような激しさを感じるという妊婦さんもいるようです。

「胎動が激しい間はお産が来ない」というジンクスを聞いたことがある人もいるかと思いますが、これは医学的根拠がないものです。胎動の強さや痛みの感じ方は人それぞれなので、胎動が強くても心配しすぎる必要はありません。

逆に、1日に1度も胎動が感じられない場合は、病院に連絡しましょう。残念ながら臨月でも死産は起こりうるので、それを防ぐためにも、普段から胎動を意識し、異変が合ったときに気がつけるようにしておくことが大切です。

妊娠39週には出産の流れを再確認しよう

妊婦 スケジュールペン

妊娠39週には、出産の流れをしっかりと確認しておきましょう。出産は、分娩第1~3期の大きく3つに分けられ、陣痛の間隔や時間、子宮口の開き具合によって区別されます。

第1期

第1期は、陣痛が始まって、子宮口が10cmに全開するまでの間のことをいいます。陣痛が来たらすぐに生まれると思いがちですが、実はここに一番時間がかかります。

陣痛を感じたら間隔を計り、10~15分程で規則的に来るようになった病院に連絡しましょう。病院に到着したら、陣痛の痛みに耐えてうまくいきみを逃がしながら、子宮口が全開になるのを待ちます。

第2期

子宮口が全開になり、赤ちゃんが外に出てくるまでが第2期です。陣痛はさらに頻度が増し、痛さも強くなります。妊婦さんにとって最もつらい段階といえますが、かかる時間は初産婦さんで2~3時間、経産婦さんで1~1.5時間ほどです(※1)。

第3期

赤ちゃんが外に出てくると、子宮に残った胎盤などを娩出し、分娩が終了します。

初産の場合、出産は10時間以上かかる長丁場です。気持ちの面でも乗り越えられるように、痛みを和らげるためのいきみ逃しの方法や呼吸法もしっかりと覚えておきたいですね。

妊娠39週になったら陣痛を促したほうがいい?

道路 自転車 道 マーク

妊娠39週で陣痛が来ないと、本当に出産できるのだろうかと不安になり、陣痛を促したほうがいいのかなと考えるかもしれません。

しかし、正期産の時期は妊娠37週0日~41週6日までで、この間に生まれれば問題はありません。妊娠39週で陣痛が来ないからといって、慌てないでくださいね。

出産予定日を過ぎて、妊娠41週に入っても陣痛が来ない場合は、医師から陣痛促進剤などの利用を勧められることがあります。それまでは軽めの運動をしながら、自然に陣痛が来るのを待ちましょう。

妊娠39週が終わると赤ちゃんとの対面まであと少し!

妊婦 笑顔

新しい命と対面する日を目前にして、落ち着かない日が続いていると思います。体が重い、寝つきが悪いなどの不快な症状が続きますが、それもあと少しの辛抱ですよ。

赤ちゃんと対面した瞬間、どんな言葉をかけるかはもう決めましたか?大きくなったら一緒に行きたい場所や、見せてあげたい景色もあるかもしれません。赤ちゃんが生まれたら何をしてあげたいかを想像しながら、会える日を楽しみに待っていてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう