陣痛から出産までの時間は?お産の流れまとめ

臨月に入ると、これから迎える出産に不安を感じる人も少なくありません。経産婦さんも一度経験しているとはいえ、前回と同じとは限りませんし、お産の痛みを知っているぶん、怖くなることもあるかもしれませんね。事前に出産の流れを把握・おさらいしておくことで、心の準備をしておきましょう。今回は、陣痛から出産までの時間や進み方など、お産の流れをご説明します。

陣痛が来たらどうする?

ステップ 流れ

陣痛には「前駆陣痛」と「本陣痛」の2種類あります。出産前の準備運動として起こる不規則な子宮収縮が「前駆陣痛」で、すぐ出産にはつながりません。その前駆陣痛の次に起こる、規則的な子宮収縮が「本陣痛」で、分娩開始の合図になります。

前駆陣痛もお産が近づいている証ではありますが、そのあと本陣痛が始まるまでの長さには個人差があるので、すぐに病院に連絡する必要はありません。

痛みが規則正しく、徐々に間隔が短くなり、痛みも強くなってきたら本陣痛です。まずは安静になれる場所に移動して、陣痛間隔を記録しましょう。痛みが現れた時間となくなった時間をメモします。最近では陣痛の間隔を記録できるアプリがあるので、そちらを使うのも便利です。

痛みが現れてから次の痛みが現れるまでの間隔の目安として、初産婦の場合は10分、経産婦は15分ほどになったら、病院に連絡しましょう。ただし、医師から事前に別の指示があれば、それに従ってください。

陣痛から出産までの流れと時間は?初産婦と経産婦で違う?

陣痛 出産 

陣痛から出産までの分娩の流れは、大きく3段階に分けられます。

本陣痛が10分間隔になってから子宮口が全開になるまでが「第一期(開口期)」、子宮口が全開になってから赤ちゃんを生み出すまでが「第二期(娩出期)」、赤ちゃんが生まれてから胎盤などをすべて排出し終えるまでを「第三期(後産期)」と呼びます。

第一期にかかる時間がもっとも長く、子宮口が全開になれば、赤ちゃんに会えるまであと一息です。

3_陣痛開始から分娩までかかった時間

上の円グラフは、こそだてハックの読者アンケート(※)の結果ですが、陣痛から分娩までにかかる時間は個人差があり、4時間未満で終わった人もいれば、18時間以上かかった人もいます。

陣痛から出産までの時間は、初産婦の方が長い?

7_陣痛開始から分娩まで長くかかったのは?

同アンケートの結果、「第一子の方が、陣痛から出産まで長く時間がかかった」と答えたママが66%でした。ただし、「第二子以降の方が長かった」という人も11%いるので、実際にお産を迎えてみないとわからないと考えておきましょう。

経産婦と初産婦それぞれについて、分娩にかかる時間の目安は、下表のとおりです(※1)。

分娩第1期 分娩第2期 分娩第3期 合計
初産婦 10~12時間 2~3時間 15~30分 12~15時間
経産婦 4~6時間 1~1.5時間 10~20分 5~8時間

陣痛から出産までの流れは?

分娩第一期(開口期):陣痛の痛みが次第に強くなる

妊婦 おなか 苦しい

本陣痛の間隔が10分以内になってから子宮口が全開(10cm)になるまでの分娩第一期が、分娩期の大半を占めます。子宮口の開き方にも個人差があるので、あくまで目安ですが、所要時間は初産婦で10〜12時間、経産婦で4~6時間です(※1)。

この分娩第一期はさらに準備期・進行期・極期の3段階に分けられます。

準備期

厳密には、規則的な陣痛が始まってから10分間隔になるまでの期間も準備期に含まれます。

● 子宮口の開き:0〜3cm
● 陣痛間隔:8〜10分おき
● 1回あたりの陣痛継続時間:20~30秒

痛みはあるものの、まだ気持ちに余裕がある時期なので、自由に過ごしましょう。眠ったり食事をとったりして、お産に備えて体力をつけておくのが大切です。

なかなか陣痛が強くならない場合や間隔が縮まらない場合は、階段をゆっくり上り下りすると効果的ですよ。経産婦は、この段階で入院となることが多くあります。

進行期

本陣痛が10分間隔になって、子宮口が徐々に広がっていく過程です。

● 子宮口の開き:4~7cm
● 陣痛間隔:4~7分おき
● 陣痛時間:30~45秒

陣痛間隔が短くなるにつれて、痛みも強くなります。この時期になると、初産婦の人も入院してお産に臨みます。

陣痛が次から次へとやってきますが、呼吸法などで乗り切り、陣痛と陣痛の間はゆっくり休みます。水分補給をして、こまめにトイレへ行っておきましょう。四つん這いやあぐらなど、できるだけ楽な姿勢を探してみてください。

極期

子宮口が全開になるのも目前。あと、もう一息です。

● 子宮口の開き:8~9cm
● 陣痛間隔:2~3分おき
● 陣痛時間:45~60秒

痛みが非常に強く、力を入れていきみたくなりますが、子宮口が全開大になるまで、いきみはNG。このときにいきむと、かえって子宮口が開きにくくなったり、会陰が裂けたりすることもあるので注意してください。

医師や助産師から許可が出るまでは、つらいですが「いきみ逃し」をしながら乗り切りましょう。

分娩第二期(娩出期):いよいよ、いきみから出産へ

出産

子宮口が全開になり、あとは赤ちゃんを生み出すだけです。このタイミングで分娩台に上がります。赤ちゃんが生まれるまでの所要時間の目安は、初産婦で2〜3時間、経産婦で1〜1.5時間です(※1)。

● 子宮口の開き:10cm
● 陣痛間隔:1~2分
● 陣痛時間:60~90秒

子宮口が全開になったら、助産師の指示に従いながら、いきみ始めます。いきむタイミングや力の入れ具合は助産師からもアドバイスをもらえるので、心配しないでくださいね。

子宮口全開のときに破水が起きると、さらに陣痛が強くなりますが、赤ちゃんに会える時が確実に近づいている証拠です。なるべくリラックスして出産の山場を乗り越えましょう。

いきむときの姿勢

しっかりといきむには姿勢も大切です。「絶対にこれでなければいけない」という姿勢はなく、産院によってアドバイスは様々ですが、以下を参考に事前に練習しておきましょう。

● ベッド脇の手すりなど、しっかり握れるものに両手でつかまり、目はしっかり開ける
● あごを引き、顔はおへそをみて上体を起こす感じ
● 足はしっかり外側に開く
● 体をよじらず、背中をそらさない
● お尻(肛門)を突き上げるように

陣痛の波に合わせて何度もいきみ続けると、赤ちゃんの頭が見えたり隠れたりする「排臨(はいりん)」の状態になります。赤ちゃんがさらに降りてくると、赤ちゃんの頭がひっこまずに膣から見えたままになる「発露(はつろ)」の段階へと進みます(※1)。

このときに会陰切開が行われることもあります。助産師からいきみを止める合図があれば、いきむのを止め、力を抜いて「ハッハッハッハ」と短く呼吸する短促呼吸に切り替えます。赤ちゃんの頭が出たら、あとは全身が取り出されるのを待ちましょう。

分娩第三期(後産期):出産後から胎盤が出るまで

出産 赤ちゃん

赤ちゃんが生まれてから胎盤が出るまでの時期を「分娩第三期」といいます。赤ちゃんが生まれた後は、「後産陣痛(後陣痛)」という軽い子宮収縮が起こって胎盤を体の外に押し出します。

所要時間は初産婦さんで15〜30分、経産婦さんで10〜20分とされ、長くても1時間程度です(※2)。赤ちゃんを生み出すときのようにいきむことはなく、自然と胎盤が娩出されるのを待つという感覚に近いと考えてください。

このときに会陰切開や裂けた部分があるときは縫合されます。出産で力を使い果たして、気づいたらすべて終わっていたと感じる人も。出産後は、弛緩出血が起こる可能性もあるので、分娩室で1~2時間ほど安静にして経過をみます。ママのお腹の上でカンガルーケアをする病院もありますよ。

陣痛から出産までの時間は焦らず、落ち着いて

妊婦 マタニティヨガ 運動 公園 リラックス

陣痛から出産までにかかる時間は人それぞれで、想像している以上に長丁場になることもあります。妊娠中は運動不足になりやすく、筋肉が衰えるなど体力も低下しがちですが、長時間のお産を乗り切るためにも、積極的に体を動かして体力をつけておくことが大切です。

リラックスした気持ちで陣痛が来るのを待ち、陣痛が始まっても慌てず、落ち着いて間隔をはかりましょう。「痛みが強くなるごとに赤ちゃんと対面できる時が近づいている」と考えて、お産を乗り切れるといいですね。

※アンケート概要
実施期間:2017年5月26日~6月4日
調査対象:陣痛・出産の経験がある「こそだてハック」読者
有効回答数:369件
収集方法:Webアンケート

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう