お迎え棒とは?臨月の性行為は大丈夫?陣痛を促す効果があるの?

記事監修 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 続きを読む

「お迎え棒」という言葉をご存知ですか?臨月に性行為をすると陣痛が促されるというジンクスで、実際に試している人もいるんですよ。しかし、そもそも妊娠後期や臨月に性行為をしても大丈夫なのでしょうか?臨月に性行為をして何かトラブルになったらと不安になりますよね。そこで今回は、お迎え棒の効果について、臨月に性行為をする安全性や胎児への影響など、気になるポイントをまとめました。

そもそも妊娠中に性行為はできるの?妊娠後期は?

妊婦 カップル 夫婦 仲良し

そもそも妊娠中に性行為をしても大丈夫なの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、妊婦さんの体調さえ問題なければ、基本的には性行為をしても構いません。赤ちゃんは子宮と羊水に守られているので、性行為で悪影響を与えることはほとんどありませんよ。

一般的に、性欲は妊娠初期に減退し、妊娠中期を過ぎる頃には戻ってくる人が多いので、妊娠中でもパートナーと性行為をしたいと考えるのは普通のことです。妊娠の経過が順調で、お腹に張りや痛み、出血、切迫早産などの兆候がなければ、無理をしないように楽しんでください。

子宮内に精子を出しても、子宮口の粘液が膣との間を遮断しているため、赤ちゃんへの影響を心配しすぎる必要はありません。ただし、性行為が原因で感染症にかかると、早産や母子感染、前期破水を起こす恐れがあるため、性行為をするときはパートナーに避妊具をつけてもらいましょう。

また性行為を行うと、お腹が張ったり、出血したりしやすくなるので、不安なときは、性行為以外のスキンシップを図るとよいですよ。

お迎え棒とは?臨月の性行為が陣痛を促す効果があるの?

疑問 女性 クエスチョン 謎

お迎え棒とは、臨月の時期に性行為をすることをいいます。性行為で陣痛を促して、赤ちゃんが生まれるのをお迎えするというジンクスです。

しかし、お迎え棒には医学的な根拠はありません。出産が遅れていると不安になってしまうため、陣痛を促す方法を探す中で生まれたのではないかと考えられます。精液中には子宮収縮を促す「プロスタグランジン」というホルモンが含まれるので、子宮内に精子を出すことで陣痛が促されるという俗説から始まったようです。

臨月に性行為をすること自体は問題ありませんが、陣痛を促す効果があるわけではないので、スキンシップの一環として考えておきましょう。ただし、性行為の刺激をきっかけに陣痛が始まる可能性もあるので、お迎え棒をするときは注意してくださいね。

またほかにも、オーガズムを感じたり乳首を刺激したりすると陣痛を促すというジンクスがありますが、これらも医学的な根拠はありません。ただし、乳頭を刺激すると「オキシトシン」というホルモンが分泌され、お腹が張りやすくなるため、注意が必要です。

お迎え棒を控えたほうがいい人は?

妊婦 カップル

以下のような人は、妊娠中の性行為を控えてください。

● 出血がある
● 切迫早産の徴候がある
● 羊膜が破れている
● 前置胎盤である
● 多胎妊娠である
● 妊娠合併症を併発している
● 流産や早産の経験がある

出産が間近に迫っている時期だからといって、お迎え棒をきっかけにトラブルが起きないとはいい切れません。今の妊娠の経過が順調でも、今までの経験も踏まえて判断してください。

臨月に入っても、お迎え棒は慎重に

妊婦 医師 診察 相談

臨月に入ったばかりの妊娠36週は、実はまだ正期産の時期ではありません。正期産は妊娠37週0日〜41週6日までの間を指すので、妊娠36週で陣痛が促されて出産すると「早産」に当たります。

臨月に入れば赤ちゃんの体は十分に成長してはいますが、早産になると発育が不十分で胎児にトラブルが起こる可能性は否定できません。性行為をすることは問題ありませんが、過度に刺激することがないように注意してくださいね。

臨月のお迎え棒で注意すべきことは?

記号 女性 ダメ ストップ

妊娠経過が順調に進んでいて医師からも何も言われていないのであれば、臨月に性行為をしても問題はありません。ただし、妊娠前と比べて体力も落ちていますし、万が一のことも考えて以下のポイントを守ってくださいね。

無理はしない

とにかく無理をしないことです。体調がすぐれないときはすぐに休みましょう。お腹の赤ちゃんのためにも体をいたわることを優先に考えてくださいね。

お腹が張ったら中断する

性行為をした後でお腹が張る場合があります。もしお腹が張ったり体調が悪くなったりしたらすぐに中断してください。しばらく横になってお腹の張りが治まるようなら心配はありません。

特に臨月はお腹が張りやすいので、張り方や腹痛の有無などに注意しましょう。

体を冷やさない

体を冷やすとお腹が張りやすく、切迫早産につながりやすくなってしまいます。部屋の中を暖め、長時間裸でいるのは控えましょう。

避妊具を装着する

妊娠中は抵抗力が低下しています。羊水や粘液で赤ちゃんは守られているとはいえ、子宮内に細菌が入る可能性があるので感染症を防ぐためにも避妊具としてコンドームは必ず装着し、性交前には必ず体を洗って清潔にしましょう。

お腹や子宮を圧迫しない

男性側がお腹や子宮内を傷つけないように注意する必要があります。できれば挿入はせず、スキンシップだけにとどめた方が安心です。

挿入する場合には、お腹を圧迫したり子宮口を直接刺激したりする体位は避け、浅い挿入になるようにしましょう。時間もできる限り短くすませることを心がけてくださいね。

臨月のお迎え棒でトラブル!出血やお腹の張りはどうする?

男女 カップル ベッド 驚き 困惑 

臨月のお迎え棒は絶対に安全というわけではありません。お迎え棒をしていて気になる症状が現れた場合に落ち着いて対処できるようにしておきましょう。

オーガズム後にお腹が張る

お腹が張ったら安静にして様子を見ましょう。子宮の血液量が増えたり、生殖器が充血したりしたことが原因だと考えられます。安静にしていてもお腹の張りが取れない場合は、すぐに病院を受診してください。

オーガズム後に胎動がなくなる

性行為後に赤ちゃんの胎動がなくなって不安を感じる人もいると思います。胎動は赤ちゃんの生活サイクルに合わせて周期的に起こるものなので、胎動を感じなくても慌てないでください。性交の動きによって眠ってしまう赤ちゃんもいますよ。

胎動を感じにくいときは、しばらく安静にしたあとに、胎動があるかどうかをもう一度チェックしてみてください。

お迎え棒後に出血がある

お迎え棒の後に出血があれば医師に相談しましょう。妊娠中は子宮口や子宮頚管がやわらかくなっており、出血しやすくなっています。臨月や妊娠後期は内診後にも出血しやすいので、過度に心配する必要はありませんが、お腹の張りが続いていると切迫早産の可能性もあるので、様子を見て異変があればすぐに病院へ連絡しましょう。

また、おしるしの可能性もあるので、おしるしと不正出血の違いも見分けられるようにしておきましょう。

臨月のお迎え棒は互いをいたわる気持ちを大切に

カップル 男女 夫婦 妊婦

性行為は夫婦の大切なコミュニケーションの機会でもありますが、妊娠中はお互いをいたわりあいながら楽しんでください。二人の絆を確かめ合いながら、新しい家族について語り合う大切な時間になるといいですね。

ただし、何事も無理は禁物です。少しでも気になる症状が現れたときはすぐに止めて安静にしましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう