臨月の内診出血とおしるしの違いを教えて!内診後の出血はいつまで?

記事監修 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 続きを読む

妊娠10ヶ月に入ると、陣痛のサインである「おしるし」のほかに、「内診出血」といわれる内診後の出血に見舞われることもあります。おしるしと内診出血は見分けがつきにくく、どちらが自分の体で起こっているのか分からない妊婦さんはたくさんいます。今回はそのおしるしと内診出血の違いについてご紹介します。

内診後の出血とは?

妊婦 寝る おなか

内診とは、生殖器内の診察のことで、妊婦健診でよく行われます。そして内診を行ったあとに見られる出血のことを「内診出血」といいます。

もともと妊娠中は膣がデリケートで、普段よりも傷つきやすくなっています。そこに内診時の刺激が加わると、膣壁が傷つき、少量の出血を起こすことがあるのです。これは、医師の内診が下手だったということではありません。どんなに気をつけても、内診後の出血は起こりやすいものです。

膣が傷ついたという場合のほかにも、それまで膣内にあった老廃物や不要物が内診の刺激によって、おりものと一緒に出てくることもあります。いずれの場合もおしるしとは違い、陣痛の前触れではありません。

内診出血が起こるのは、まさに「内診後」であり、そのタイミングに注目すれば、おしるしと区別がつきやすいかもしれません。

臨月のおしるしとは?

赤 ピンク

おしるしとは、あと少しで出産があることを知らせる体の合図です。分娩が近づくと子宮口の蓋をしていた「粘液栓」と呼ばれるゼリー状のかたまりが剥がれ落ちます。子宮口が開き始めて子宮が収縮し、粘液栓が子宮頸管の粘液と混ざって外に出てくると、おしるしになるのです。また、「卵膜」という赤ちゃんを包んでいる袋が剥がれることで出血し、その血液が混ざっている場合は、おしるしがピンク色になっています。

一般的なおしるしの特徴としては、色はピンクや褐色、赤色です。しかし、おしるしには個人差があり、この特徴に当てはまらないおしるしが起こる人も多くいます。

また、おしるしは陣痛の前兆として起こるため、多くの場合はおしるしから数日内に陣痛が来ます。ただし、おしるしから陣痛までの時間にも個人差があり、1週間たっても陣痛が来なかったというケースもあります。おしるしを見て、陣痛がいつ起こるのか予想するのはなかなか難しいです。

臨月の内診出血とおしるしは、色や量で見分けられる?

子供 女の子 ルーペ

内診後の出血とおしるしを、色や量だけで見分けるのは困難です。しいていえば、内診出血でそれほど大量に血が出ることはないので、量が多ければおしるしの可能性が高いといえます。しかし内診後の出血量が多い人もいるので、一概にどちらと決めつけるのはやはり難しいものです。

ピンク色で粘り気のある状態であればおしるしの可能性が高いといえますが、内診出血におりものが混じった場合は、内診出血に粘り気を伴います。

もし内診後に、褐色で少量の出血があったのであれば、状態とタイミング的に内診出血の可能性が高いと考えておきましょう。いずれの場合も体調の危険信号というわけではないので、落ち着いた気持ちで様子を見てくださいね。

内診は必要なの?臨月は何をチェックしているの?

病院 お医者さん 医師

婦人科検診で行われる場合もありますが、体のプライベートな部分を触られる内診は「やりたくない」という方も少なからずいるかと思います。ましてや、内診後に出血が起こりやすいことを考えると、避けたくなる気持ちはますます強くなりがちです。

しかし内診では、エコー等で確認できない大切なことが分かります。例えば、膣の固さや子宮口の開き具合や硬さを知ることができます。子宮が開いていて柔らかくなっていたら、出産が間近に迫っているサインです。

内診を不快に感じる方もいるかもしれませんが、出産のためには避けて通れないものだと割り切ることも必要かもしれません。

内診後の出血はいつまで続く?どう対処したらいい?

妊婦 おなか 寝る

内診出血が起こること自体は異常なことではありませんが、出血が続き、量や回数など気になる場合は、医師に相談してください。その場合、お風呂に入るときはシャワーだけにして、湯船につからないようにしましょう。膣壁などが傷ついている可能性があります。

また、1~2日ほどで止まるのが一般的ですが、それ以降もサラサラと流れるように血が出続けるような場合には、おしるし以外の症状の可能性もあります。異変を感じたら、すぐに病院に連絡するようにしてください。

臨月の内診出血とおしるしの違いは、タイミングと状態で判断

妊婦 笑顔 公園

内診後の出血とおしるしを見分けるのは難しく、「タイミング的に内診の後で、粘り気や量が少ないから、内診出血なのかな」くらいの予想しかできません。

ただし、内診出血とおしるし、いずれの場合も体内に出てきた血が、少量ですぐに治まります。また、どちらも体の異常から起こっているものではないので、それほど神経質になって見分ける必要もありません。

おしるしの可能性が高い場合は、間もなく陣痛が始まるかもしれませんが、病院の連絡先を確認し、出産時の入院に必要なものをあらかじめ準備しておくと、落ち着いた気持ちで陣痛を迎えられますよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう