前駆陣痛とは?症状や痛み、間隔は?時期はいつから?

記事監修 看護師・助産師 岡 美雪
岡 美雪 看護師・助産師を免許を取得後、未熟児病棟、脳神経外科病棟、産科病棟で医療業務に従事。その後、医療現場での経験を活かして、青年海外協力隊の看護職としてアフリカに2年間駐在し、現地の医療技術向上に貢献。日... 続きを読む

赤ちゃんを出産するときに起こる「陣痛(本陣痛)」とは別に、「前駆陣痛」というものがあります。耳にしたことはあっても、実際にどんなものなのか想像しにくいですよね。「前駆陣痛と本陣痛を見分けられるのか?」と不安に感じるかもしれません。そこで今回は、前駆陣痛とはどういうものか、時期はいつから始まるのか、症状や痛み、間隔などについてご説明します。

前駆陣痛とは?なぜ起こるの?

本

前駆陣痛とは、出産前に起きる不規則な子宮収縮のことで、間隔や痛みの強弱も不安定で、規則的ではありません。本陣痛に先駆けて起こるので、「前駆(ぜんく)」陣痛という読み方をします。「偽陣痛」という言葉で呼ばれることからもわかる通り、お産につながる本陣痛とは異なります。

前駆陣痛は本陣痛の予行練習のようなもので、お産の準備に必要な過程です。本陣痛が始まる前に子宮収縮を起こして、子宮の下の部分や子宮頸管を柔らかくするなどの作用があります。

前駆陣痛があれば出産が近いことを意味するので、これを合図に出産に向けた心の準備を始めましょう。

前駆陣痛はいつから?出産間近に起こるの?

コーヒー iPad スケジュール カレンダー

前駆陣痛は、妊娠36~40週頃の臨月に入ってから起こることが多いようです。ただし、個人差が大きく、臨月に入る前からすでに前駆陣痛を体験する人もいれば、本陣痛が来る前日に前駆陣痛があったという人も。

出産間近に起こるものではありますが、前駆陣痛を感じてから本陣痛が始まるまでは個人差があり、妊娠した回数でも変わることは覚えておいてくださいね。

前駆陣痛の症状は?生理痛のような痛みが出る?

妊娠後期 妊婦 不安 痛い 痛み

前駆陣痛の痛みや症状は個人差が大きく、一概にはいえません。お腹が痛くなったり、張りを感じたり、人によっては腰痛が現れたりするなど様々です。

また、「赤ちゃんがお腹の下を蹴っているような痛み」「生理痛のような痛み」「お腹を下したときのようなゴロゴロ、シクシクした痛み」など表現の仕方も人それぞれです。

そのため、前駆陣痛と気づかないことも多く、「臨月に入ってお腹に違和感を覚えたら、その翌日に突然本陣痛が始まった」ということもあります。

ただし、お腹の痛みと一緒におしるしなどの症状が現れた場合は「お産が始まるサイン」です。じきに本陣痛が始まると思って、心の準備をしておきましょう。

前駆陣痛の間隔はどれくらい?痛みの長さは?

妊娠後期 妊婦

前駆陣痛は、強さ、長さ、間隔などが不規則な子宮収縮で、痛みの感じ方もさまざまです。本陣痛のように何分間隔で痛みが現れることや、間隔が徐々に短くなることはありません。

忘れた頃に痛みが戻ってきたり、息をつく暇もなくお腹が張り続けたりと、本人も予測できません。夜遅くに前駆陣痛が始まって、なかなか眠れないこともあります。

1時間に6回以上、もしくは陣痛周期が10〜15分以内の、ある程度規則的な陣痛周期になったら本陣痛に移行したサインです。つまり、その前の不規則な子宮収縮が前駆陣痛ということになります。

痛みは本陣痛に比べれば弱く、時間が経つごとに強くなっていくこともありません。ほとんどの場合、しばらく安静にすると痛みがなくなります。

妊娠中の迷信の一つに「前駆陣痛がひどければ難産になる!」と聞いたことがある人もいるかもしれませんが、医学的な根拠はないので過度に心配しないでくださいね。

臨月に前駆陣痛が起きたらいつ受診すればいい?

妊娠後期 妊婦 受診 病院

臨月に前駆陣痛があったからといって急いで産婦人科を受診する必要はありません。本陣痛が始まるまでは、安静に休んでください。

ただし、以下の症状が当てはまる場合には、かかりつけの産婦人科へ連絡してください。

お腹の痛みや張りが治まらない

前駆陣痛は間隔や長さ、痛みが不規則で、時間が経てば治まります。ただし、激しい痛みを感じるときや、お腹がカチカチに張って治まらないときはなんらかのトラブルが起こっている可能性があります。

このような症状がみられたらすぐに産院に連絡し、いつから痛みがはじまったのか、また出血があるかどうかを伝え、指示を仰ぎましょう。

胎動を感じない

胎動の強弱や回数には個人差がありますが、出産間近までわずかに胎動を感じるのが一般的です。安静にしていてもまったく胎動が感じられない場合は、胎児の身に何かが起こっている可能性もあるので、すぐに産院に連絡しましょう。

破水・おしるしがあった

破水やおしるしはお産が始まるサインです。特に、破水の場合は感染症を引き起こす可能性もあるので、自己判断で様子を見ずに産院に連絡しましょう。

痛みが規則的で強くなってきた

前駆陣痛と思っていても、痛みが規則的になって強くなってきたら本陣痛の可能性があります。規則的な痛みを感じたら間隔を測り、10分を切ったら産院に連絡しましょう。

規則的な弱い痛みは微弱陣痛かもしれない?

天秤 メジャー 重量 重さ 

前駆陣痛のように弱い痛みでも、規則的に現れるときには注意が必要です。これは前駆陣痛ではなく、本陣痛の一つ「微弱陣痛」かもしれません。名前の通り、陣痛の頻度や強さが足りないことですが、難産になる恐れがあります。

前駆陣痛か微弱陣痛かは、見極めづらいものです。痛みが弱くても規則的な場合は微弱陣痛の可能性を疑って、産院に連絡してください。

臨月に前駆陣痛が来れば出産間近!落ち着いて対応しよう

妊娠後期 妊婦

前駆陣痛はすべての人に起こるわけではなく、前駆陣痛がないまま本陣痛が来たという人もいますし、「今思えばあれは前駆陣痛だったのかも…」と気づかなかったという人もいます。

前駆陣痛の自覚症状がなくてもお産に向けた準備は進んでいるので、前駆陣痛が起きても起きなくても、本陣痛に向けていつでも入院できるように準備をして、穏やかな日々を過ごせるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう