自然分娩とは?経膣分娩と違う?流れや費用、リスクは?

自然分娩と聞くと、どのような分娩方法を思いつきますか?医療介入が一切ない分娩方法?それでは、陣痛促進剤を使ったら、それは自然分娩でなくなるのでしょうか?今回は出産にあたって知っておきたい自然分娩の定義や流れ、費用、メリット・デメリットなどをご紹介します。

自然分娩とは?経膣分娩とは違うの?

本 ノート

自然分娩とは、一般的に経膣分娩で医療介入をせず、自然の流れに沿った出産のことをいいます。しかし、陣痛促進剤やバルーンなどの医療介入をした場合でも、「経膣分娩であれば自然分娩である」という捉え方もあり、医療施設によって定義が異なります。

つまり、「これが自然分娩である」という明確な定義はないというのが現状です。なお、経膣分娩とは膣を通じて胎児を出産することで、無痛分娩も経膣分娩のひとつですが、無痛分娩は医療介入があるため自然分娩には入らないと捉えられるのが一般的です。

自然分娩の流れは?

妊婦 分娩

自然分娩の流れは人それぞれですが、代表的な出産の始まり方をいくつかご紹介します。

陣痛から始まる場合

陣痛とは、子宮が赤ちゃんを押し出すために行う収縮の際に感じる痛みです。陣痛らしきものを感じたら、痛みが治まって次の痛みが来るまでの時間を計りましょう。

定期的に起こる痛みがだんだん強くなり、間隔が狭まってきたら、陣痛の可能性があります。基本的に初産婦の場合は間隔が10分、経産婦の場合は間隔が15分になったら、病院に連絡をして指示を仰ぎます。

おしるしから始まる場合

おしるしとは、子宮口の蓋をしていた粘液栓と子宮頸管の粘液が混ざって外に出てくるもので、卵膜からの出血が混じることもあります。

おしるしがきてすぐに陣痛が始まり、数時間で出産する人もいますが、おしるし後に特に何もないまま1週間以上経ってから出産したという人もいます。

破水から始まる場合

破水とは、赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ、中に入っていた羊水が外に出てくることをいいます。破水は排尿に近い感覚で、透明もしくは薄い黄色の液体が流れ出てきます。ちょろちょろと少量ずつ出ることもありますし、バシャっと勢いよく流れ出ることもあります。

多くの場合は陣痛の後に破水が起こるのですが、「前期破水」といって陣痛の前に破水が起きることもあります。破水すると感染症の恐れがあるため、すぐに連絡して病院に向かいましょう。

破水したときのために、事前に大きめのバスタオルや夜用ナプキンを用意しておくと安心ですね。尿漏れと勘違いしやすいので、注意深く見分けてください。

自然分娩の方法は?

出産

一口に自然分娩といっても、その方法はさまざまです。呼吸法によって陣痛の痛みを和らげるもの、産む姿勢にこだわらず自由な姿勢で産むものなど種類は豊富で、出産に対する自分の考え方に合ったものを選びます。

ラマーズ法

「ヒッ、ヒッ、フー」というリズムが有名な呼吸法です。陣痛中は息を止めていきんでしまいがちですが、赤ちゃんに酸素を送るためにも、呼吸をしっかりと行いましょう。病院によって呼吸法が多少異なることがあるので、助産師の誘導に従って呼吸を整えてください。

リーブ法(RIEB法)

Relaxation(リラックスすること)、Imagination(イメージすること)、Exercise(効果的に身体を動かすこと)、Breathing(しっかり呼吸すること)の頭文字をとった、中国気功法をもとに考案された呼吸方法です。

ゆったりとした腹式呼吸を学び、分娩のときは赤ちゃんの具体的な位置が示され、赤ちゃんと子宮口に意識を集中させます(※1)。

ソフロロジー法

ソフロロジー法は、自分の心を平安に保つための考え方です。普段から赤ちゃんに話しかけて母性愛を育んだり、イメージトレーニングで陣痛に備えたりすることで、安心して出産に臨めるようになるといわれています。

痛みは他の分娩方法同様にあるのですが、イメージトレーニングを繰り返すことで、「赤ちゃんに会えるんだ」と陣痛を前向きに捉えられるようにしていきます。

アクティブバース

アクティブバースは、自分の好きなスタイルで産む方法です。フリースタイルとも呼ばれ、呼吸法や産む姿勢を自分で自由に決めます。

自分が生みやすいと感じるスタイルを選べるので、スムーズに出産することができるといわれています。分娩の際に横になる人や上半身を起こす人、椅子に座る人もいます。

自然分娩の費用は?

お金

医療機関によって異なりますが、一般的には自然分娩の費用は40~80万円ほどです。

「国民健康保険・健康保険に加入していること」と「妊娠85日以上(妊娠4ヶ月以上)で出産していること」の条件を満たしていれば、出産育児一時金として42万円が行政から支給されるので、実際の負担費用はかかった金額から42万円を差し引いた金額になります。

自然分娩のメリットは?

笑顔 女の子 グッド いいね メリット 利点

一般的に、帝王切開と比較して産後の体調回復が早いのは大きなメリットのひとつです。また、帝王切開の場合、病院の方針や母体・胎児の状態によっては立ち会い出産ができないこともあり、自然分娩の方が立ち会い出産できやすいという点もメリットだといえます。

自然分娩のデメリットは?

リスク

陣痛促進剤やバルーンなどの医療介入を一切行わないものを自然分娩とした場合、自然分娩のデメリットには、陣痛の激しい痛みに耐えなければならないことがあります。無痛分娩も麻酔を注射する際に痛みを感じますが、陣痛の痛みの方が強いといわれています。

また、自然分娩は出産にかかる時間が分からないというデメリットもあります。帝王切開だと手術が1時間ほどで終わるため、それに向けて心の準備はできますが、自然分娩だと陣痛が24時間以上続くこともあり、「いつ終わるか分からない」という不安や焦りから精神的に疲れる可能性があります。

妊婦健診で問題がなければ、経膣での自然分娩になるのが一般的ですが、分娩途中で胎児や母体に問題が起きてリスクがあると判断されると、緊急で帝王切開に切り替わることもあります。

自然分娩で分からないことがあったら医師に聞こう

医師 医者 病院 診察 診断

自然分娩の定義ははっきりしておらず、医師によって自然分娩の意味が違っていることがあります。医師の説明のなかで「自然分娩」という言葉が出てきて、どの意味で使われているか分からないときはすぐに尋ねるようにしましょう。

疑問に思うことは1人で悩まず、医師に聞くようにして、自分の理想の分娩方法を見つけられるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう