おしるしから陣痛まで時間はどのくらい?おしるしがきたらどうする?

出産も間近になると「おしるしかも?」となんだか気になってしまいますよね。「おしるし」はお産が近づいているサインですが、おしるしがあってから陣痛や出産まで時間がかかることもあり、「まだかな?」「大丈夫かな?」と不安になる妊婦さんも多いようです。そこで今回は、おしるしがあってから陣痛まではどれくらい時間がかかるのか、またこないときはどんなことに気をつけたらいいのかをまとめました。

おしるしとは?

赤 ピンク

おしるしとは医学用語で「産徴」といい、お産が近づいて子宮出口(子宮頚管)が開いてきた兆候です。子宮出口が開いてくると、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮壁の間にすき間ができ、少量の出血が起こります。これが「おしるし」です。

見た印象は「ピンク色の、血の混じったおりもの」で、初めての妊婦さんだと、臨月の出血でびっくりしますよね。量が少なければ何の心配もいりませんよ。一般的には、「前駆陣痛→おしるし→本陣痛」という順番でお産を迎える妊婦さんが多いようです。


おしるしから陣痛まで時間はどのくらい?

手帳 カレンダー

おしるしから陣痛までの時間や期間には個人差があります。一般的には数日の間には陣痛が始まるといわれていますが、陣痛が始まってから「おしるし」がみられる妊婦さんもいますし、おしるしから1週間後という人もいます。中には「おしるし」がなかった妊婦さんも半数近くいるといわれているので、なくても不安になることはありませんよ。

おしるし後、陣痛がこないときはどうする?

おしるしが来てから1週間以上も陣痛がこないこともあります。「赤ちゃんは大丈夫かな?」と心配する妊婦さんもいるようですが、陣痛がくるまでの時間には個人差があるので神経質になる必要はありませんよ。

また「陣痛に気づかなかったらどうしよう…」という初産の妊婦さんも少なくないようですが、かなりの痛みを感じますので気づかないということはありません。リラックスして、陣痛が来たときのための準備を進めておきましょう。

もしおしるしの後、陣痛がなかなかこなくて赤ちゃんが心配になったら、胎動に気をつけてあげましょう。臨月になるとお腹も大きくなり胎動を感じにくくなる妊婦さんもいますが、急に長時間胎動が感じられなくなったなどがあれば、早めに産婦人科の医師に相談してくださいね。

おしるしがきたら何をすればいいの?

妊婦 準備

おしるしがあっただけなら、特に安静にする必要はなく、様子をみながら、家事や買い物、お風呂など、いつもと同じ生活をして構いません。すぐにお産がはじまるわけではないので、焦らず冷静に対処しましょう。しかし、流れるように出血する場合や固まりで大量に出血する場合は、お腹の痛みの有無にかかわらず、かかりつけの産婦人科へ連絡をしましょう。

おしるしがあった後、しておくべきことは入院準備です。いつお産になってもいいように、荷物をひとつにまとめておきます。いざ陣痛となったら、パニックになってしまうこともよくあります。前もって入院の荷物を準備しておき、玄関先など目につきやすい場所に置いておくといいですね。

陣痛かなと思ったら、痛みが起こる時間の間隔などを測り、かかりつけの産婦人科へ連絡します。病院側とのやりとりは、本人が一番正確にできますし、妊婦さんの声の感じからも医師や病院スタッフはたくさんの情報を読み取りますので、できるだけ妊婦さんご自身で連絡するようにしましょう。

おしるしがこんなときはすぐ病院へ!

妊娠後期 妊婦 受診 病院

妊娠37週以降の正産期に、粘り気のある少量の出血があれば、通常のおしるしです。しかし、ちょっと違うなと思ったら、自己判断はせず、病院へ連絡しましょう。

37週以前に出血があった

早産の兆候かもしれません。必ず病院に連絡をしましょう。

出血+お腹が痛い

出血量が少なくても、お腹に激痛がある場合、胎盤が剥がれかけているかも知れません。とくにお腹がカチカチに張っている場合は危険な状態である可能性があります。すぐ病院へ連絡し受診しましょう。

出血量が多い、出血が止まらない

生理の始まりくらいの出血なら問題ありませんが、それ以上の出血量だと多いといえます。また、ダラダラ出血が止まらない場合、痛みがなくても、必ず病院へ連絡をしましょう。

おしるしから陣痛までは落ち着いて過ごそう

妊婦 本 読書 リラックス

おしるしがあるとお産までもうすぐ!焦らずゆったりとした気持ちでお産に向けて心と身体の準備ができるといいですね。おしるしがなくても心配になったり焦ったりする必要はありませんよ。不安やストレスを抱えて過ごすのはスムーズなお産に逆効果です。あまり神経質にならずリラックスしてお産のときを待ちましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう