子宮口が柔らかい・硬いとは?柔らかくする方法はある?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

出産予定日が近づいてくると、妊婦健診で医師から「子宮口が柔らかくなっているから、お産が近いね」「子宮口が硬いから、もう少し先かな」などと言われることがあるかもしれません。しかし、子宮口が柔らかい・硬いというのは具体的にどんな状態なのでしょう?出産にはどんな影響があるのでしょうか?そこで今回は、子宮口が柔らかい・硬いとはどんな状態で、どのような影響があるのか、子宮口を柔らかくする方法などについてご説明します。

子宮口とは?妊娠・出産で変化する?

妊婦 お腹 ハート

子宮口とは子宮の出口のことをいい、お産のときに開いて、赤ちゃんが産まれる通り道になる場所です。

妊娠中の子宮口は、赤ちゃんが生まれてこないように硬く閉じていますが、出産時には陣痛やホルモンの影響などによって柔らかくなり、開いていきます。その結果、赤ちゃんが産道を通ってスムーズに出てこられるようになります。

子宮口が柔らかい・硬いという状態は、内診で確認することができます。

臨月の子宮口が柔らかい・硬いで何がわかるの?

記号 疑問 クエスチョン はてな

分娩が始まる前から子宮口は少しずつ変化し始めるので、子宮口の柔らかさや硬さの度合いによって、お産の進行状況を把握することができます。

分娩前から分娩にかけて、子宮口は下記のように変化します(※1)。

分娩開始前

分娩が始まる前は、子宮口はまだ柔らかくなく、閉じています。ここから分娩に向けて、陣痛やホルモンの影響を受けて少しずつ柔らかくなっていきます。

分娩開始(第一期)

分娩が始まる頃には柔らかくなり始め、子宮口は1~2cmほど開き、陣痛は5~10分間隔で起こるようになります。ここから3~4cmになるまでは、比較的陣痛も軽く、リラックスして過ごせる時間も多いようです。

子宮口が4~6cmまで開くと、陣痛間隔が3分ほどになり、徐々にお産の時間が近づいてきます。

分娩中(第二期)

子宮口が10cm開くと、「全開」といわれ、赤ちゃんが出てこられるように柔らかく広がった状態になります。陣痛は2分ほどの間隔になり、痛みも増していきます。

ただし、子宮口が柔らかい・硬いというのを客観的に計測する方法はなく、医師の主観に左右されることが多いようです。

また、胎児の頭の位置や妊娠週数なども考慮に入れた上でお産の進行状況を判断するので、子宮口の硬さはあくまでも目安ということを覚えておきましょう。

臨月前に子宮口が柔らかいのは大丈夫?

妊婦 病院 診察

妊娠37週を過ぎ、いつお産が始まってもよい正期産の時期に入っていれば、子宮口が柔らかくなっていても問題ありません。

しかし、妊娠37週より前に柔らかくなりすぎると、妊娠を維持できず、早産になる可能性が出てきます。この場合、早産予防で、陣痛が起こらないよう安静にする必要があり、お腹や胎児の状態次第では入院して経過観察をすることもあります。

また、妊娠中期頃に子宮口が柔らかくなっていると「子宮頸管無力症」の可能性があります。その場合は程度によりますが、流産や早産になる危険があるので早めに病院を受診する必要があります(※1)。

臨月に入って子宮口が硬いと難産になる?

出産 陣痛 分娩 呼吸法 病院 妊婦

子宮口が柔らかくなる時期には個人差があり、お産の数週間前から柔らかくなる人もいれば、陣痛が起こってから一気に柔らかくなる人もいます。また、初産婦より経産婦の方が柔らかく、開きやすいという特徴もあります。

そのため臨月に入っていたとしても、出産予定日頃までであれば、「子宮口が硬い」と診断されてもそれほど気にする必要はありません。

しかし出産予定日を過ぎても子宮口が硬いままだと、正期産の期間中にお産にならず、その結果、胎盤機能が低下するなどし、胎児に悪影響を及ぼす可能性もあります。

子宮口を柔らかくするために病院ですることは?

病院 診察 受診 医師 聴診器

子宮口が硬く、おしるしや陣痛などの出産兆候も見られない場合、医師の判断で子宮口に指を入れて卵膜を刺激する「卵膜剥離」を行ったり、プロスタグランジンなどの薬を投与したり、あるいはバルーンを挿入したりして、子宮口を柔らかくして広げるなどの対策を行います。

しかし、こうした刺激を与えれば子宮口が柔らかくなることもありますが、必ずスムーズにいくとは限りません。また、「軟産道強靭」などで体質的に子宮口が開きにくい人もいるので、その場合は子宮口を柔らかくするのではなく、帝王切開を行うこともあります(※1)。

子宮口を柔らかくする方法は?運動や体操が効果的?

妊婦 マタニティヨガ 運動 公園 リラックス

臨月に「子宮口が硬い」といわれたら、運動をするといいと聞いたことがあるかもしれません。

子宮口が柔らかくなる仕組みはまだはっきりとわかっていないので、「これをすれば必ず子宮口が柔らかくなる」という明確な方法はありませんが、臨月に運動をすると、お腹が張りやすくなり、前駆陣痛が促されます。

また、赤ちゃんの頭が、お産に向けて骨盤のなかに下がってきて、その結果、子宮口が柔らかくなりやすいと考えられます。

運動は気分転換にもなるので、スクワットや階段の上り下りなど、無理のない範囲で行えるといいですね。

子宮口が硬いといわれても焦らないで

妊婦 リラックス 健康 安静

出産予定日が迫ってきているのに「子宮口が硬い」といわれると、どうしても不安を感じてしまうと思います。

しかし、子宮口が柔らかい、あるいは硬いというのは体質によるものが大きく、柔らかくなる時期にも個人差があるものです。

「子宮口を柔らかくしなければ」と焦ると、かえってストレスになり、お腹の赤ちゃんによくありません。出産予定日がくるまでは、できるだけリラックスをし、出産に備えて十分な体力をつけておきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう