出産・陣痛の痛みを例えると?体験談も知りたい!

臨月が近づいてくると、出産に向けて本格的な心の準備を始めますよね。自然分娩や経腟分娩を選択した人は、出産や陣痛の痛みがどんなものなのか、想像するだけで不安に感じる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、出産・陣痛の例えや体験談をまとめました。心構えをするつもりで、参考にしてみてくださいね。

出産・陣痛の痛みとは?

妊婦 出産 陣痛 病院

「出産の痛み」と一言で言っても、その痛みにはいくつか種類があります。大きく分けて、陣痛の痛みと、分娩時の痛みの2つ。

陣痛の痛みとは、子宮が収縮をしているときの痛みです。はじめは微弱で不規則ですが、少しずつ強く規則的になります。陣痛から出産に至るまでの時間には個人差があり、数時間で出産する人もいれば、10時間以上かかる人も。

分娩時の痛みは、赤ちゃんが骨盤を通るときの腰回りの痛みと、子宮収縮する子宮の痛み、産まれるときの膣の痛みが一度に来るのが特徴です。

この一連の流れで生じる痛みはママだけが体験するもので、様々な例え話があります。

出産・陣痛の痛みを例えると?

妊婦 スイカ 例え

出産や陣痛の痛みは個人差があり、例え話もそれぞれ個性がありますが、どれを聞いてもだいたいのママが共感するといいます。特に有名な出産時の痛みの例えは、「スイカを鼻から出すような痛み」ではないでしょうか?

以下に、出産時と陣痛時の痛みを例えるときに、共感されることが多い表現をまとめました。

出産の痛みの例え

● 鼻からスイカやボーリングの球が出てくる感覚
● 肛門からボーリングの球を無理矢理ひねりだした感じ
● 10日~1ヶ月くらい溜まったお通じを一気に出す感じ
● 喉に詰まったグレープフルーツが口からスポッと出た感覚

陣痛の痛みの例え

● 生理痛の1000倍くらいの痛み
● 車やダンプがお腹や腰の上を走って、腰が砕けそうになる痛み
● ボクサーに10時間くらい思い切りお腹を蹴り続けられているような痛み
● お腹の中で妖精が激しいダンスを踊っているような、不思議な痛み

ママたちの出産・陣痛の体験談!

記号 ふきだし 手 発言

出産・陣痛は、実際に体験した人にしか分からないものですが、これから出産を控えている人にとって、心構えの一つとして知っておきたいというケースもあります。

また、パパが読めば、心の準備をしておいてもらうこともできますよね。以下に、実際に出産をしたママの、出産・陣痛の体験談をまとめたので参考にしてみてください。

最初は軽い生理のような痛みだったのに、段々生理痛と我慢できない下痢(普段の50倍くらい?)のような感覚になって、早く出したいと思いました。

便秘気味だったので、1ヶ月溜まっていた便を一気に出したい感覚になりました。「もういやだー、出ちゃうよー」と叫びまくってしまいましたが、助産師さんに「それ、赤ちゃんだから」といわれて冷静になりました。

「こんなに痛いのはおかしくないですか!」「尋常じゃない痛みなんですけど!」と助産師さんに怒ってしまい、産後我に返ったら恥ずかしかったです。

腰や肛門、背中が全部痛かったです。夫がさすってくれるのですが、見当違いなところばかり触るので、途中で「そこじゃない!」と怒鳴ってしまいました。

出産より陣痛の方が痛いってホント?

女性 天秤 疑問 クエスチョン 比較 検討 謎 悩み

出産よりも陣痛の方が痛いということもよく聞く話です。出産はすでに赤ちゃんが出てくる準備が整っているため、痛みは大きいですが、いきむことさえできれば短時間で終わることも。痛みの感覚より出産後の「スッキリした」という気持ちが印象に残りやすかったり、胎盤を出すときの後陣痛の方が痛く感じたというケースもあります。

陣痛は、今まで感じたことがない激しい下腹部の痛みが長時間続きます。次から次に起こる痛みの波を耐え続けなければならず、「辛かった」「痛かった」と感じる人が多いようです。陣痛はタイミングが揃わないと、いきみたくてもいきむことができなかったり、痛みに耐えながら我慢をしなければならなかったりします。

陣痛は、いかにうまく「いきみ逃し」をするかが重要です。楽な姿勢で痛みに耐え、看護師や助産師、実母やパパの手を借りながら腰回りや尾てい骨、肛門をマッサージしてもらいましょう。事前にマッサージ方法を指導してくれる病院もありますよ。

出産・陣痛の痛みは男性には耐えられないの?

女性 男性 カップル 夫婦 びっくり 驚き クエスチョン

出産や陣痛の痛みは、「男性には耐えられない」「同じ痛みを感じると気絶してしまう」と、よくいわれます。男性は女性よりも痛みに弱く、また、体の内部が痛む生理痛なども普段からないので、なかなか想像することができません。

最近は海外で、男性が行う「陣痛体験」も話題になっていますよね。「ノコギリでお腹を切られているようだ」というほどの痛みに、体験してからはじめて自分の母親や奥さんに感謝をしたという話もあります。

しかし、これはあくまで男性の体験談なので、かなりオーバーな表現かもしれません。それでも、普段感じることのない痛みを乗り越えるママにとって、パパの一言はとても重要。決して軽視せずに、労りながら寄り添ってあげたいですね。

出産・陣痛の痛みを乗り越えた先に赤ちゃんが待っています

新生児 出産

出産や陣痛の痛みは、出産した後は笑い話になったり、ママ友同士で共感したり、過ぎてしまえば良い経験だったという女性も多くいます。「痛みは嫌だけど、出産はまたしたい」というママもいるほどです。

先輩ママのなかには、事前に情報収集しておくことで痛みを覚悟し、ゆっくり来る鈍い痛みのときから「来たぞ、来たぞ、早く出てこーい」と語りかけて、なかなか味わえない体験を楽しんだというケースもあります。

大変な思いをして産んだ子供はとても愛おしく感じますし、乗り越えることで両親への感謝の気持ちも沸いてきますね。赤ちゃんに会えることを心待ちにしながら、出産に臨めるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう