出産時にうんちは出る?浣腸は必要?体験談でわかる便意・排便対策!

出産予定日が近づくと、様々な不安や疑問を感じる妊婦さんも多いですよね。そんな出産にまつわる不安の一つに、うんちのことがあります。「出産時にいきむとうんちやおならが出ちゃうの?」と気になると、事前の対策が必要なのではと心配になりますよね。そこで今回は、出産時に便意を感じるのか、うんちやおならが出ることはあるのか、浣腸をしたほうがいいのかなど、先輩ママの体験談も合わせてご紹介します。

出産時にいきむとうんちが出るの?

出産 分娩

便意をもよおすのは普通の生理現象なので、出産中だからといって止まるわけではありません。出産時にいきんだときに、うんちが出ることはよくあります。

出産のときにうんちが出た経験のあるママの体験談をご紹介します。


分娩台に上がっていきみ始めたら、便意を感じました。最初は恥ずかしかったけど、産むことに必死過ぎて途中からはすっかり忘れていました。

Tさん 30代


いきみながら便意を感じたけど、できるだけうんちを出すのは避けたいなと思っていました。しかし便意を我慢していきむのは不可能だし、陣痛の痛みに負けて途中からはどうでもよくなりました。

Yさん 40代

恥ずかしいと思うかもしれませんが、これは自然なことで、多くの先輩ママたちも経験しているんですよ。いきんだときにうんちが出るのは、腹筋に力が入っている証拠なので、上手にいきめているといえます。うんちが出るのは当たり前なんだと考えて、お産に集中してくださいね。

出産時にうんちが出たら?立ち会いでは?

出産 入院 病院 臨月

出産時にうんちが出てしまったらどうしようという不安はあると思いますが、そこは安心してください。出産中にうんちが出るのはよくあることなので、医師や助産師は手慣れた手つきでサッと処理してくれますよ。

出産のときにうんちが出たときの処理について、体験談をご紹介します。


助産師さんに「先にうんち出して!」と言われたので、特に我慢せずにいたら、いつの間にかうんちが出ていたみたいです。しかしタイミングもよく分からず、気づいたら処理も終わっていました。

Tさん 30代


いきんでいるうちにうんちが出てしまったけど、助産師さんがささっと片付けてくれました。分娩に必死すぎてよくわからなかったけど、すごく対処が早かった気がします。うんちを出した後の方がいきみやすく、赤ちゃんも出やすくなった気がします。

Yさん 40代

出産時にうんちが出てしまったときは、立ち会い出産で同席している旦那さんも気づかないほど素早く処理をしてくれるようです。すぐに処理してくれるので、ママ自身うんちが出たことに気づかないこともありますよ。

出産前にうんちを浣腸で出したほうがいい?

付箋 OK NG どっち

一昔前は、分娩前は浣腸をしてうんちを出し切っておくのが普通でした。分娩前にうんちを出しておくと腸内が空になって骨盤にスペースができ、赤ちゃんが産道を通りやすくなると考えられていたからです。子宮の近くにある腸を刺激すると子宮も刺激されて陣痛が促されるとも考えられていました。

しかし、現在では腸がすっきりしていることとお産の進み具合には関係がないと考えられるようになり、お産前に浣腸をすることはほとんどなくなりました。ただし、出産時にうんちが出たのをどうしても人に見られたくないという妊婦さんは、分娩前に浣腸を希望することもできます。

ただし、浣腸をしてもうんちをすべて排出できないこともありますし、浣腸で母体に余計な負担がかかってしまうこともあります。浣腸をしてくれるかどうかは事前に産婦人科医に確認しておきましょう。心配事を少しでも減らし、安心して出産を迎えられるようにしたいですね。

出産前に浣腸するなら、いつするの?

時間 砂時計 

出産前に浣腸をしてもらうことになったら、どのタイミングで実施されるのでしょうか。実際に浣腸をしてもらった体験談をご紹介します。


陣痛間隔がすでに狭くなっていたので、病院に入院してすぐのタイミングで、助産師さんにトイレの個室でしてもらいました。

Kさん 30代


帝王切開をすることになったのですが、その手術の数時間前に浣腸をしました。

Hさん 40代

一般的には、陣痛が始まって、子宮口の開きや痛みが軽い段階で浣腸を行うようです。浣腸をする場所は、分娩室やトイレ、病室と様々。病院によって処置の仕方が異なるので、気になる人は事前に確認しておきましょう。

出産前に浣腸した先輩ママの体験談は?

女性 母親 ママ 会話

出産前に浣腸をしたほうがいいかどうか悩みますよね。そこで出産前に浣腸を希望した先輩ママの体験談を紹介するので、参考にしてくださいね。


陣痛時に便意が来て、陣痛で痛いなかうんちをするのが当時は大変だった…。だけどあとから振り返ると、陣痛間隔も痛みもゆるやかな段階でうんちが出せていてよかったと思います。

Yさん 40代


陣痛中にトイレで浣腸をしてもらったあと、1分もたたないで便意が来て、そのままうんちを済ませました。便意がすぐに来てくれたので、ある程度すっきりした気持ちでお産に臨めました。

Kさん 30代


浣腸をせずに分娩に臨んだら、いきんでいるときに便意が訪れて、「浣腸をしておけばよかった…」と最初は後悔しました。結局分娩中にうんちが出てしまったけど、気づかないうちに助産師さんが対処してくれたので恥ずかしい気持ちはありませんでした。

Yさん 30代

分娩時にうんちをすることが恥ずかしいママが、浣腸を希望するケースが多いようです。しかし、浣腸を希望していてもお産の進み具合によっては浣腸ができずに終わることや、浣腸しても排出が間に合わないこともあります。また、浣腸をしてうんちを出せたとしても、出産時に残っていたものが出ることもあります。

事前に浣腸をしたとしても、出産中にうんちが出るのを絶対に防げるわけではないことは覚えておいてくださいね。

出産時の便意・排便対策はある?

女性 下痢 トイレ 腹痛

出産時のうんちやおならは女性なら誰でも気になるものです。妊婦さんの中には食事を減らしてしまうぐらい心配になる人もいるようですが、出産は体力勝負なので、食事制限はおすすめできません。

出産時のうんちが気になるときには、陣痛が軽いうちにトイレを済ませたうえで、産婦人科医や看護師に不安な気持ちを伝えておきましょう。「サッと拭き取るので大丈夫!」と心強い言葉をかけてくれるはずですよ。

うんちを心配しすぎず出産に臨もう

ママ 赤ちゃん

うんちが出てしまうのは生理現象ですし、誰にでも起こりうることです。うんちが出るのは恥ずかしくないと割り切って、心配し過ぎずに出産に臨めるのが理想ですね。

どうしても気になるという人は、浣腸をする方法も踏まえて、対処を検討しましょう。出産時の不安や心配は尽きませんが、自分がリラックスした状態で出産できる方法を選べるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう