無痛分娩とは?費用は?デメリットやリスクはある?

記事監修 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年に山梨医科大学(現 山梨大学)医学部を卒業。板橋中央総合病院を経て、現在は沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターに勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救... 続きを読む

出産のときの痛みは「鼻の穴からスイカを出すくらい」「肛門からボウリングの球をひねり出す感じ」などいろいろな言葉で表現されます。そんな先輩ママの体験談を聞くと、分娩時の痛さを少なくする「無痛分娩」が気になりますよね。「痛みを緩和する」というメリットがある一方で、注意したい点はあるのでしょうか?今回は無痛分娩について、費用やデメリット、リスクなどをご説明します。

無痛分娩とは?

妊婦 リラックス 健康

無痛分娩とは、麻酔薬をつかい、陣痛の痛みをやわらげながら出産する方法です。

麻酔で完全に眠ってしまうわけではなく、痛みをやわらげつつも、意識はある状態です。分娩時にいきみが必要なこともあり、出産直後の赤ちゃんを抱っこすることもできます。

つまり、痛みが軽くなるというだけで通常のお産とほとんど変わりません。「無痛分娩」という名前から「まったく痛みがない」というイメージがあるかもしれませんが、あくまでも「痛みが軽くなる」程度である、ということは頭に入れておきましょう。

また、無痛分娩の場合は、あらかじめ分娩日を決め、陣痛促進剤などで陣痛を促す「計画分娩(誘発分娩)」を行うケースが多くあります。

無痛分娩の割合は?

% パーセント 割合

欧米では一般的な無痛分娩ですが、日本での実施数はあまり多くありません。

2007年度に厚生労働省の研究班が行った調査によると、日本にある約2800の分娩施設のうち、無痛分娩の中でも一般的な「硬膜外無痛分娩」を行ったのは250施設程度で、すべてのお産のうち硬膜外無痛分娩の割合は2.6%でした(※1)。

なお、日本産科麻酔学会によると、欧米で無痛分娩が行われた割合は、アメリカでは約61%(2008年)、フランスでは約80%(2010年)と盛んな国もあれば、イギリスでは約23%(2006年)、ドイツでは約18%(2002~2003年)とそれほど多くない国もあります(※1)。

アジアでは全体的に無痛分娩の利用率は低いですが、比較的よく行われる国として、シンガポールで16%、香港と台湾でそれぞれ9%(いずれも1997〜1999年)という調査結果が出ています(※1)。

無痛分娩の麻酔方法は?

注射

無痛分娩には、「硬膜外麻酔」と「点滴麻酔」という2つの方法があります(※1)。

硬膜外麻酔(硬膜外鎮痛法)

背骨の脊髄に近い場所にチューブを入れて麻酔薬を注入する方法で、針をさす際に、少しチクっとした痛みを伴います。

痛みを伝える神経である脊髄の近くに麻酔薬を投与するため、硬膜外麻酔は痛みをやわらげる効果が強いのですが、意識は分娩の最後まではっきりしていて、赤ちゃんへの影響はほとんど見られないといわれています。

麻酔薬の影響が母子ともに少ない点から、海外では硬膜外麻酔が一般的な方法です。

点滴麻酔

点滴で静脈から麻酔薬を入れる方法です。硬膜外麻酔と比べると、鎮痛効果が弱いのですが、事前の処置は簡単です。分娩中に多少眠くなる妊婦さんもいますが、たいていは赤ちゃんが生まれてくるまで意識があります。

点滴によって静脈に麻酔薬が入ると、ママの脳だけでなく、胎盤を通って赤ちゃんの脳にもわずかながら届きます。そのため、赤ちゃんが少し眠そうに生まれてくることも。ただしこれは一時的なもので、麻酔の影響がなくなれば元気になります。

無痛分娩のメリットは?痛みは本当にないの?

道 はてな クエスチョン ?

無痛分娩は完全に痛みがなくなる、というわけではありません。ただ、分娩時の痛みがやわらぐのでお産がスムーズに進みやすく、母体への疲労感が少ないため、出産後の回復が比較的早いというメリットがあります(※2)。

また、分娩中はいきむときに呼吸を止めて力を入れるため、赤ちゃんに届く酸素量が減るといわれています。少し減る程度であれば問題ないのですが、妊娠高血圧症候群などで赤ちゃんへの血流が元々減ってしまっていると、赤ちゃんへの酸素量が少なくなる可能性もあります(※1)。

しかし、硬膜外麻酔を行って無痛分娩をすれば、血流と酸素量を保って分娩できるというメリットがあります。

それ以外にも、心臓や肺に持病を持つ妊婦さんも、母体への負担を軽くするために無痛分娩を積極的に検討した方が良いこともあります。自分の体調面も考えて無痛分娩が気になるときには、かかりつけの産婦人科医に相談してみましょう。

無痛分娩のデメリットは?

女性 妊婦 悩み 考える 困る 悲しい

先述のとおり、無痛分娩にはいくつかのメリットがある一方で、知っておきたいデメリットもあります。

陣痛促進剤による合併症リスクが増える

麻酔の効果により、陣痛が弱くなる場合もあります。そのため、陣痛促進剤を使うことが増えます(※3)。

陣痛促進剤で人工的に陣痛を起こすことで、子宮が強く収縮しすぎてしまい、胎児が圧迫されて胎児機能不全に陥ったり、子宮破裂が起きたりするリスクがわずかにあります(※4)。

器械分娩や帝王切開による負担が増える

前述のとおり陣痛が弱くなることもあり、お産がスムーズに進まないこともあります。

分娩時間があまりに長引くと、母体にも胎児にも負担がかかってしまったり、ママや赤ちゃんの力だけでは分娩までたどり着かないこともあります。

そのため、吸引分娩や鉗子分娩といった器械を使った分娩や、緊急帝王切開に切り替えることもあります(※3)。

母乳育児率・母乳育児期間が減る

これまで行われてきたいくつかの研究によると、無痛分娩で出産した母親のうち母乳育児をする人の割合はやや少なく、母乳育児をする期間が比較的短くなることが指摘されています(※5,6)。

子宮収縮を促し、陣痛を起こす「オキシトシン」というホルモンは、産後に母乳の分泌を助けるなど母乳育児にも関わっています。

無痛分娩では、人工のオキシトシンを含む陣痛促進剤の使用が増えるため、ママの体内で自然に作られるオキシトシンが減ることもあり、それにより母乳の分泌が減少すると考えられています。

自然分娩よりも費用がかかる

後述のとおり、無痛分娩は保険が適用されないため、通常の出産費用に加えて10万円程度の自己負担が必要となることがあります。

無痛分娩にリスクはあるの?

リスク

無痛分娩により無事に出産した妊婦さんがほとんどですが、非常にわずかながら母体・胎児ともに命の危険に及んだり、重い後遺症が出たりした事例も報告されています。

麻酔を使ったあと、母体が低血圧に陥ったり、頭痛が起こったり、硬膜外血腫ができたりすることもあります。また、血管やくも膜下に誤って麻酔が注入されてしまい、神経麻痺や呼吸のトラブルなどを起こすリスクもあります(※1)。

麻酔によって母体の血圧が下がりすぎると、胎児機能不全になる恐れもあり、先述のとおり緊急帝王切開になるケースもあります(※3)。

このようなリスクがあることを踏まえたうえで、無痛分娩を行う前に医師や家族と十分に相談をしましょう。

無痛分娩の費用はいくらかかる?

グッズ お金 費用

無痛分娩の費用は、通常の出産と同じく保険適用外のため、自己負担となります。

2004年の日本産科麻酔学会の調査によると、無痛分娩にかかる費用は個人施設で0〜5万円、一般的な総合病院だと3~10万円、大学病院では1〜16万円程度という結果でした(※1)。

また、計画分娩になる場合、陣痛促進剤などを投与する回数や入院日数などによって、さらに追加費用がかかることになります。

無痛分娩に必要な費用は病院によっても異なるので、詳しくは病院に確認しておきましょう。

無痛分娩の病院の探し方は?

婦人科 病院 器具

妊娠が分かったときから無痛分娩を希望していれば、日本産科麻酔学会が公開している「無痛分娩施行施設リスト」を参考にして、近隣の実施病院を探してください(※7)。

妊娠週数が進んでから無痛分娩を検討しはじめた場合は、妊婦健診を受けている産婦人科で、担当医や助産師に相談してみましょう。無痛分娩を行っている施設を紹介してもらえることもあります。

なお、分娩施設の変更を考えている場合はできるだけ妊娠32週より前に相談することが推奨されています(※1)。無痛分娩を検討するときも、早めにかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

無痛分娩は産婦人科医にしっかり相談しましょう

医師 相談 受診 女性 診察

はじめて出産を迎えるママにとって、陣痛や出産がどれだけ痛いのか想像できず、怖いイメージを抱く人も多いかもしれません。

しかし、お産はママ1人で頑張るものではありません。周りの人にサポートしてもらうことで、痛みや不安がやわらぐことも多くあります。腰の圧迫やマッサージ、アロマセラピーなど痛みを緩和する方法は多くあるので、医師や助産師とも相談をしましょう。

また、陣痛はただ痛いというだけでなく、分娩中から産後、そして育児中にわたってママと赤ちゃんに様々な良い影響を与えていることもわかってきています。

無痛分娩は、お産の痛みがやわらぐなどのメリットがあり、分娩を控えたママにとって不安が軽くなるでしょう。そのうえで、注意しておきたい合併症もあるので、事前に医師から十分な説明を受け、疑問点があれば相談してください。

お産は、母子ともに健康に終えられることが最優先です。無痛分娩のメリットと注意すべきことをふまえたうえで、かかりつけの産婦人科医と相談しながら、家族と一緒に自分に合った分娩方法を選択できるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう