分娩費用はいくら?出産の入院費用の平均は?

出産には、意外とお金がかかることをご存じですか?入院費や分娩費だけでなく、「新生児管理保育料」などのさまざまな諸費用がかかるうえに、出産時にトラブルが起こると、さらに費用がかさんでしまいます。総額では大体どれくらいかかるのでしょうか?今回は分娩に必要な費用や、赤ちゃんを産むうえで必要な他の費用の平均・相場などをご紹介します。

分娩費用の内訳は?

はてな 疑問 クエスチョンマーク 

分娩にはさまざまな費用がかかり、内訳のうち大きな割合を占めるのは主に「入院費」「分娩費」「新生児管理保育料」です。

入院費

入院費とは出産における入院にかかる費用のことで、部屋代と食事代を合わせたものです。利用する病院や入院日数によって異なりますが、1泊1万5000円~3万円程度かかると考えておきましょう。

大部屋でなく個室に入院すると、上記の金額に、1泊5,000円~1万円ほど上乗せされるようです。産後に何日間入院するかはママと赤ちゃんの具合にもよりますが、5~7日ほどが一般的だとされています。

分娩費

分娩費とは、分娩介助や手術にかかる費用のことです。分娩費は、分娩を朝に行うのか夜に行うのか、平日に行うのか土日に行うのかなどで変わり、手術を要しない自然分娩と手術を要する帝王切開でもその費用は異なります。

自然分娩

自然分娩だと健康保険は適用されず、全額自己負担となります(※1)。自然分娩の分娩費は、約15~25万円が相場です。

帝王切開

帝王切開は健康保険が適用されます(※1)。そのため、費用は自然分娩とそこまで変わらないか、場合によっては自然分娩より安く収まることもあります。

無痛分娩・和痛分娩

無痛分娩・和痛分娩とは、麻酔の投与により痛みを取り除く、あるいは痛みを和らげる分娩のことをいいます。無痛分娩・和痛分娩には健康保険は適用されません。

無痛分娩・和痛分娩を行うと、通常の分娩費に10~20万円程度が上乗せされることが多いですが、病院によって大きな開きがあります。

新生児管理保育料

新生児管理保育料とは、生まれた赤ちゃんを保育するための費用のことで、おおよそ5万円ほどかかります。


分娩にはこの他にも、検査・薬剤料、各種処置料、産科医療補償制度の保険金などがかかります。

分娩費用の平均や相場はいくら?

お金

正常分娩の費用の平均は、入院費や分娩費、新生児管理保育料などを合計すると、およそ51万円です(※3)。一方、帝王切開の相場は約40~100万円、無痛分娩だと約50~100万円程度が相場だとされていて、病院によって大きく異なります。

「国民健康保険・健康保険に加入していること」「妊娠85日以上(妊娠4ヶ月以上)で出産していること」の条件を満たしていれば、ここから「出産育児一時金」の42万円を引いたものが自己負担額になります。

出産育児一時金とは、1人の出産につき42万円が行政から支給される制度のことで、双子や三つ子だと、支給額は2倍・3倍になります(※4)。

ここで紹介している分娩費用はあくまで目安であり、出産時の状況や出産後のママや赤ちゃんの健康状態などによって大きく変わります。細かい金額は病院によって異なるので、分娩にかかる費用について疑問があれば、病院に詳細を説明してもらうようにしましょうね。

分娩費用以外で出産にかかる費用は?

妊婦健診

赤ちゃんを産むには分娩費用以外にも、妊婦健診の費用がかかります。妊婦健診とは、妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を定期的に見るためのものです。

妊娠してから出産するまでに、妊婦健診は14回ほどあります(※5)。基本検査で約3,000~5,000円、血液検査などの特別な検査で約1万~1万5000円かかり、全部で10~15万円ほどの費用になるのが一般的なようです。

しかし、地方自治体からの補助金によって妊婦健診の費用は助成されます(※6)。そのため、約5~10万円の費用が最終的な自己負担額になることが多いようです。

助成内容や金額は自治体によって異なるので、妊娠したら役所で必要な手続きをする際に確認しましょう。

分娩費用は事前に病院に問い合わせておこう

病院 相談 女性 医者

自分が想定していた分娩費用よりかなり多くの金額を支払わなければならないとわかると、精神的ショックも大きいかと思います。そういった事態を避けるためにも、出産する病院を選ぶうえで、できるだけ早めに、分娩費用の内容や金額についてきちんと確認しておくようにしましょう。

出産に関する不安や疑問を解消して、心に余裕がある状態で赤ちゃんを産むことができるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう