無排卵月経とは?原因や症状、検査・治療方法は?生理は来るの?

妊娠したいと思ったときに、ふと気になるのが月経のこと。「排卵をしていること」が、妊娠の第一歩ですが、「無排卵月経」といって、月経がきていても「排卵していない」ことがあります。月経について「あまり気にしてこなかったけど、実は不規則」という女性に当てはまることが多いようです。今回は、そんな無排卵月経の原因、症状、特徴、治療法や妊娠はできるのかなどについてまとめました。

無排卵月経とは?

本

月経はあっても排卵していない状態を「無排卵月経」といい、排卵障害の一つで不妊の原因となります。ほかに「無排卵性周期症」とも呼ばれることがあります。30代の女性に多いといわれ、生理として月経自体は生じるため、症状に気づかずに不妊治療の一環で発見されることも少なくないようです。

無排卵月経の症状とは?生理はくるの?

おなか 痛い 辛い

無排卵月経の症状は、周期がバラバラで生理が月に2度くる、生理が遅れる、量が少なくダラダラと続く、月経痛があまりない、などといわれています。もちろん、周期はきちんとしているけど排卵していないというケースもあります。

たとえ少し不規則な周期が続いても、そのあと自然な周期に戻るということなら、あまり心配はいりません。ちょっとしたストレスで周期が乱れるのはよくあることですし、20歳以前ならまだ周期が安定していないこともありえます。長期間不規則になるようでしたら婦人科受診を検討してくださいね。

無排卵月経の特徴は?生理でわかる?

生理 出血 ナプキン

無排卵月経になると通常の月経・生理とは異なる特徴を示すことが多いようです。無排卵月経の症状でも記しましたが、無排卵の可能性がある生理のタイプは次の通りです(※1)。

● 頻発月経:月経周期が短くなり24日以内で生理になる


● 稀発月経:月経周期が長くなり39日以上の周期でしか生理がこない

● 過短月経:出血日数が短く2日以内で生理が終わってしまう

● 過長月経:出血日数が長く8日以上生理が続く

● 過少月経:生理の出血量が少なく1回の生理で20g以内の月経

● 過多月経:生理の出血量が異常に多く1回の生理で140g以上。1時間に1度ナプキンを取り変える程度

頻発月経のうち19日以内になると約60%、稀発月経のうち51日以上になると約30%は無排卵だといわれています(※2)。妊娠を望んでいて症状が続くときには、やはり早めの婦人科受診がおすすめです。

無排卵月経と基礎体温の関係は?

基礎体温

無排卵月経かどうかは、月経や生理の状態だけでなく基礎体温をつけることで確認できます。正常な月経は、排卵が起きるとプロゲステロンが分泌され、基礎体温が上がりますが、無排卵月経の場合は、プロゲステロンが正常に分泌されず基礎体温がずっと低温のままになります。ただし、基礎体温も体調によって上下するものなので、3ヶ月程度しか計っていなくて…というときには、もう少し様子をみてみましょう。

基礎体温を測り始めて数ヶ月低温のままが続くという状況であれば、放置せず早めに婦人科の先生に診てもらってくださいね。無排卵月経かどうか、その病気の種類、原因を特定するために、血液検査でホルモンが正常に分泌されているかを確認します。

無排卵月経だと排卵検査薬はどうなるの?

排卵検査薬 検査 

無排卵月経を疑って排卵検査薬を使用する女性も多いようですが、実は無排卵であっても排卵検査薬は陽性になることがあります。排卵検査薬は卵子が成長して「間もなく排卵」というときに急上昇する黄体形成ホルモン(LH)を感知するものです。

ただ、卵子が成長しても排卵できないことや、水分量の違いで尿中の黄体形成ホルモン(LH)の濃度が高い場合など、無排卵でも陽性になってしまうことがあります。基礎体温も合わせて、生理不順が続いているかどうかがポイントになります。

無排卵月経になる原因は?

疑問 why なぜ

無排卵月経の原因はいくつかありますが、主に脳の中枢部分もしくは卵巣機能の異常とされています。月経がくるには、脳から卵巣へ「女性ホルモンを出しなさい」という指令が出て、それを受けた卵巣が女性ホルモンを分泌されて卵子を育てます。ところが、卵巣がうまく機能しなかったり、脳がストレスを受けて卵巣へうまく指令が出せていなかったりすると、月経不順や無排卵月経を引き起こしてしまうのです。

卵巣や脳のストレスとなる要素としては、いくつかあります。無理なダイエットや急激な体重減少、激しい運動、強いストレス、不規則な生活習慣、過度な喫煙、冷えによる血行不良など、日常生活に密接に関わるものもあれば、服用している薬が影響していることもあります。また、多嚢胞性卵巣症候群などの病気も無排卵月経に含まれます。

無排卵月経の検査方法は?

女性 検査 医師 病院 診断 婦人科

基礎体温や生理不順、排卵検査薬だけでは無排卵月経かどうかを確定することはできず、黄体機能不全の可能性もあります。無排卵月経を病院で検査する方法としては、主に以下2つがあります。

ホルモン検査

血液を採取して血中のホルモン値を調べることによって、女性ホルモンが正常に分泌されているかどうかがわかります。

超音波検査

超音波を使って卵巣の中にある卵胞の大きさを調べます。卵胞が2cmより大きくなっていたら排卵している可能性が高く、逆にそれ以下の場合は無排卵だと診断される可能性が高くなります。

無排卵月経の治療法は?

漢方薬

無排卵月経の治療法としては、ストレスの原因をとりのぞくことと、漢方薬などで体質を改善すること、ピルなどのホルモン剤や排卵誘発剤を使用することが挙げられます。

ストレス軽減のために生活習慣を改善する

まず取り組みたいのは、ストレスによる原因をとり除くことです。例えば無理なダイエットは、自分ではストレスに思っていなくても身体には重い負担をかけていることがあります。適度な運動も組み合わせて生活習慣を整えることを行ってくださいね。

漢方薬などで体質を改善する

次のような漢方薬で体質改善をめざす女性も多くいます。それぞれ生理不順を整える働きがあると言われていますが、しばらく続けても体調が改善されないときには漢方薬が体質に合っていないことも考えられます。その際には購入元の専門機関に相談してみましょう。

● 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
● 加味逍遥散(かみしょうようさん)
● 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

ホルモン剤でホルモンバランスを整える

すぐに妊娠を望んでいないのであれば、ピルを使うことでホルモンバランスを整えていくのも一つの方法です。規則的な月経周期に改善することで、排卵が起きるホルモン状態にしていきます。

排卵誘発剤で排卵を起こす

妊娠を希望していて、不妊治療として無排卵月経を治療するときには排卵誘発剤を使用します。排卵誘発剤の種類によって異なりますが、排卵率は70〜80%程度といわれています。十分な効果を得るためにも、副作用なども産婦人科の先生に確認した上で使用を決めてくださいね。


無排卵月経でも妊娠できるの?

女性 メモ チェック ノート

完全に無排卵が続いている状況では、受精可能な卵子が排出されないということなので、妊娠は難しいといえます。妊娠を望む場合は治療が必要で、不妊治療によって妊娠することができたという方もたくさんいるので、無排卵月経だと診断されても、深刻に考えすぎずに対処していきましょう。

無排卵月経は早期治療が大切

妊婦 ウォーキング 散歩 カップル 夫婦

無排卵月経に限りませんが、婦人科系の病気は放っておいた期間が長ければ長いほど、治療も長くかかってしまいます。特に成人女性で60日以上生理がこない場合は、卵巣の働きが低下しているといえますので、妊娠したい方は早めに婦人科で相談してくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう