排卵障害とは?妊娠できる?原因や症状、治療、改善方法は?

排卵がうまくいかない排卵障害は、女性不妊の原因の約3割といわれています。ただし、一口に排卵障害といっても、ホルモン環境に原因のあるものから、卵胞、卵巣に原因のあるものまで様々です。妊娠を希望するカップルにとっては改善したい症状ですよね。そこで今回は、排卵障害の原因や症状、改善方法などをまとめました。

排卵障害とは?

メモ ノート 携帯

月に一度、脳下垂体からのホルモン分泌によって、一個の卵胞が成長、成熟し、やがて卵膜を破った卵子が卵巣の外に飛び出すことを「排卵」といいますが、排卵障害とは、何らかの理由によって排卵がうまくいかないトラブルのことをいいます。

妊娠には卵子と精子の受精が必要で、卵子が卵巣から飛び出す排卵がないと妊娠につながりません。妊娠を望んで性交を行っているのに妊娠せず、不妊の原因の一つとして見つかることの多い障害です。

排卵障害の原因は?

? 疑問

排卵障害の原因は明確にはなっていません。月経不順の女性に多いとされていて、排卵が起こらない原因に、甲状腺などの女性ホルモンを出す器官にトラブルがあること、極度の肥満や体重減少、男性ホルモンが増えすぎてしまうバランスの異常(多嚢胞性卵巣症候群)などが挙げられます。ほかにも、普段の生活でのストレスや、全く月経がなく早発閉経を起こしている女性もいます。

排卵障害は無月経や月経不順とも関係している?

陰部 かゆみ 悩み 女性

排卵障害には、不妊治療などの一環で気づくことが多いのですが、月経が起こらない無月経や月経不順が排卵障害のサインになっていることもあります。月経に関する不調に気づいたら、ぜひ婦人科を受診しましょう。

また、無月経の一般的な治療方法としては、ホルモン療法などで排卵を促しますが、月経がない期間が長ければ長いほど効果が薄くなってしまいます。妊娠中や産後、授乳中を除いて、3ヶ月以上月経がないときには、早めに病院を受診してください。

排卵障害の検査方法は?

血液検査 注射 女性

排卵障害の検査は、基礎体温グラフで高温期と低温期の二相に分かれているかどうかのチェック、血液によるホルモン値の検査、経腟エコーの検査などで判断されます。基礎体温が二相性になっているだけでは排卵障害がないとは言いきれず、ホルモン値の計測やエコーによる卵巣、卵胞の状態チェックと重ね合わせ、どのタイプの排卵障害が起こっているのかを絞り込んでいきます。

排卵障害の症状は?種類によって違う?

卵子 受精 核分裂

具体的な排卵障害には、どのようなものがあるのでしょうか?排卵障害には、排卵自体がなくなってしまう無排卵のほか、卵胞が育たない、あるいは排卵できないといったトラブルがあります。

高プロラクチン血症

「プロラクチン」は、出産後おっぱいの分泌を促すホルモンですが、高プロラクチン血症では、妊娠出産とは関係なくプロラクチンが過剰に分泌されてしまい、生理が止まったり排卵がなくなったりする原因になります。

卵胞刺激ホルモンの分泌低下

排卵は、脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンによってコントロールされていますが、それらのホルモン分泌が十分でなかったりバランスが崩れたりすると、卵胞が育ちきらず、排卵できない状態となります。

多嚢胞性卵巣症候群

卵巣の表面に小さな卵胞がいくつもできてしまい、それぞれがある程度まで育つものの成熟まではいかず、排卵できない病気です。男性ホルモンの分泌過多により卵巣の表面がかたくなり、卵子が外に飛び出すことができずに無排卵となります。

黄体化非破裂卵胞症候群

排卵していないのに、卵の中に黄体ができてそのまま黄体ホルモンと化してしまう症状のことです。一過性のものもありますが、繰り返すこともあり、その場合は子宮内膜症を起こしていないかの検査が必要になります。黄体化未破裂卵胞症状ともいいます。

卵巣機能不全

精神的なストレスなどが引き金となって女性ホルモンのバランスが崩れ、卵巣の機能が低下し、月経周期の乱れや排卵障害を引き起こすこともあります。

早期閉経

一般的な閉経は50歳くらいと言われていますが、40歳より前に生理が止まってしまう症状のことで、原子卵胞の減少、放射線や化学療法によるガンの治療が原因となることが多いようです。

太りすぎ(肥満)

太りすぎて内臓脂肪が肥大化すると、ホルモンバランスが崩れ、排卵障害が起きます。

痩せすぎ

もともとの体型が痩せ形なのではなく、強度のストレスや無理なダイエットが原因で極端に体重が減った場合、生理不順が起き、放っておくと排卵自体がなくなり無排卵となってしまう可能性があります。体重と排卵は関係が深いので、適度な体重を保つことが大切です。

排卵障害の治療、改善方法は?

葉酸 サプリ 飲む 手 薬

軽度から重度まで様々ある排卵障害は、改善方法もそれぞれです。

排卵誘発剤の使用

多嚢胞性卵巣症候群などでは、根本的な治療法が見つかっていないため、クロミフェンやシクロフェニール(商品名セキソビット)と呼ばれる排卵誘発剤を使用することが多くあります。それでも排卵が起きないときには、hMG-hCG注射が使用されることもあります。

高プロラクチン血症の治療

高プロラクチン血症にもいくつか原因があり、腫瘍などの明確な原因があればその治療を行い、抗鬱剤などでホルモンバランスが崩れているときには、薬の使用を控えます。原因が明確でないときには、プロラクチンを抑える「プロモクリプチン(商品名:パーロデルなど)」を使用することも。

生活習慣の改善

太りすぎ、痩せすぎが原因とされるときには、生活習慣の改善が必要です。また、肥満の解消に極端な食事制限などをすると、逆にストレスを溜めたり、体の調子を崩す恐れもあるので、栄養バランスを考えた食事を心がけるようにしましょう。

漢方の利用

ホルモンバランスの改善や自律神経の乱れの解消、血流や気の流れの改善など、不妊に効くといわれる漢方もあります。不妊治療の一環として、産婦人科医に利用を相談してみるのも一つの手ですね。

排卵障害でも妊娠できる?

顕微授精 受精 顕微鏡 体外受精 不妊治療 卵子

排卵障害であっても、妊娠したという先輩ママは多くいます。排卵誘発剤で排卵を起こし、タイミングをみて性交を行い妊娠率を高める「タイミング法」からスタートすることが一般的です。

タイミング法で妊娠が難しい場合には、女性から卵子を、男性から精子を取り出して人工授精や体外受精を行ったり、顕微鏡で行う顕微受精という方法もあります。

ただ、費用や絶対に妊娠するとは言い切れないことからも、不妊治療を行うときにはパートナー同士での話し合いも十分に行ってから取り組みましょう。

排卵障害の種類を知って、タイプにあった改善方法を

男女 カップル 検査 受診 不妊検査 不妊治療

排卵障害の原因はさまざまで、改善されやすいものもあれば、治療の次のステップに進んだほうが良いという結果になるものもあります。また、ホルモン検査はそのときの体の状態によって変化の幅があるので、一度調べただけでは把握できず、体の状況把握には何度かチェックしていくことが必要になります。まずは自分がどのタイプなのか、正しい診断を受けることが大切ですね。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい