排卵誘発剤の副作用は?効果やリスク、使うタイミングは?

妊娠したい方がみな自然妊娠から出産できれば良いのですが、なかには医療の力を借りないと難しい場合もあります。不妊治療に使われる薬はたくさんありますが、もっともポピュラーなのが排卵誘発剤です。今回は、排卵誘発剤の妊娠への効果や副作用、使用するタイミングなどをまとめました。

排卵誘発剤とは?

医療 薬 

排卵誘発剤は、名前の通り、排卵を促す薬です。不妊の原因は色々ありますが、生理は来ているものの排卵していない「無排卵月経」や、月経周期が異常に長い「希発月経」など、排卵障害のある場合に使用されるのが一般的です。

1年以上タイミング法を試していても妊娠しないなど、婦人科で最初の治療方法を試しても妊娠しないときに、次のステージとして使われることが多いようです。

排卵誘発剤の効果は?

勉強 本 虫眼鏡

排卵誘発剤には、卵巣を間接的または直接刺激することで、卵胞を育て排卵を起こす効果があります。そこで、排卵障害がある場合はもちろん、ない場合でも、より確実に排卵を起こすため、ホルモンの状態を整える目的で使用される事もあります。

もちろん、充分な効果を得るためにも、必ずお医者さんの指示に従って使用してくださいね。排卵誘発剤の種類や不妊の状態によって異なりますが、排卵率は70~80%、妊娠確率は20~40%程度とされています(※1)。

排卵誘発剤を使うタイミングは?

カレンダー

排卵誘発剤を使うのに適したタイミングがあります。例えば、内服薬であるクロミッドであれば、生理3〜5日目から1日1〜3錠を5日間服用することになります。また、注射薬のhCG注射による排卵誘発の場合には、超音波検査等で卵胞の成長具合をみて、産婦人科医がタイミングを見計らって誘発剤を注射します。

排卵誘発剤の種類によって違うので、事前に産婦人科と相談しておくと安心です。

排卵誘発剤を使った後の排卵日はいつ?

基礎体温 表 グラフ

排卵誘発剤を使うときのポイントは、「排卵と性行為のタイミングを合わせること」です。うまく排卵できたとしても、精子と受精できなければ妊娠は成立しません。そのため、誘発剤を使った治療の後、いつ排卵日が来るかは大事ですよね。

内服薬のクロミッドを利用したときは、だいたい服薬後7〜10日後に排卵が起こるのが一般的とされています。また、クロミッドを服薬した後の基礎体温は低温期に入るため、この低温期の基礎体温が約0.3〜0.5度上昇したタイミングを排卵日としてみてもいいでしょう。

ほかにも、下腹部あたりがチクチク痛む排卵痛を感じたときも、いいタイミングですね。

排卵誘発剤には副作用やリスクもある?

子宮外妊娠 リスク 早期発見 医師

排卵誘発剤は排卵が促進できる不妊治療には効果のある薬ですが、いくつかの副作用やリスクがあります。特に大きな副作用は、「多胎妊娠」と「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」です。

多胎妊娠

排卵を薬によって誘発するため、複数の卵子が排卵される可能性があります。そのため、自然妊娠では1%未満である双子以上の多胎妊娠が、飲み薬で約5%、注射療法では約20%と確率が上がります。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)は、排卵誘発剤によって刺激された卵巣が大きく腫れ、重症になると腹水や胸水が溜まり、呼吸困難を起こすこともある重篤な副作用です。飲み薬の服用で起こることはまれで、注射療法の際に起こることがほとんどです。

子宮内膜が薄くなる・子宮頸管粘液が少なくなる

排卵誘発剤によって、子宮内膜が薄くなり、受精卵の着床率が下がることがあります。また、子宮頸管粘液が減ることで、精子が子宮までたどりつきにくくなり、受精率が下がることも。

どの副作用も、症状がみられたときには投薬を中止したり、より穏やかな排卵誘発剤を使用するなど、近年では回避策や重症化を防ぐ対策が取られるようになっています。

排卵誘発剤は、注射と飲み薬で違うの?

注射 薬 薬品

排卵誘発剤には、飲み薬と注射があります。飲み薬の方が、副作用も少なく安全性が高いとされていて、代表はクロミッドという内服薬です。クロミッドは脳下垂体に作用してFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体刺激ホルモン)の分泌を促します。この二つのホルモンが分泌されることで卵胞が成熟し、排卵が促されます。

一方、注射(筋肉注射)は卵巣を直接刺激するので効果も高い排卵誘発剤といえますが、副作用が起こる頻度も高くなるので、卵巣の反応を見ながらの使用となります。hCG注射やhMG注射というものが用いられます。

排卵障害がそれほど重くない場合やタイミング療法などの場合は内服薬から治療を始めることが多いですが、それでも効果が出ないと注射療法に切り替えていくのが一般的です。

排卵の促進に普段の生活で気をつけることは?

大豆 豆乳 飲み物

排卵の促進には、やはり普段の生活から適度な運動や栄養バランスのよい食事は大切です。排卵を促すホルモンである「エストロゲン」の働きをサポートしてあげましょう。

例えば、豆乳などの大豆製品にはエストロゲンに似た働きをする「大豆イソフラボン」が多く含まれます。ほかにビタミンCもエストロゲンの生成を促すといわれており、ビタミンCが含まれる食品を意識して食べていきたいですね。

排卵誘発剤の効果と副作用を踏まえて判断しましょう

女性 受診 病院 医師 産婦人科 婦人科

排卵誘発剤は、いまや不妊治療にとってなくてはならない薬になりつつあります。ただ、副作用のリスクもある薬なので、薬の目的や効果とそのリスクをきちんと理解した上で、産婦人科医とよく相談して治療方針を決めることが大切です。


免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい