多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?妊娠できる?治療法はあるの?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という病名を聞くと、「いったいどんな病気?大丈夫なの?」と心配になってしまいますよね。実は婦人科系疾患の中でも患者数は多く、日常生活への影響や不妊の可能性もある病気です。今回は多嚢胞性卵巣症候群の原因や症状、治療法、妊娠はできるのかをご説明します。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?

疑問 クエスチョン

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣の中でできる卵胞の発育が遅く、さらに、ある程度の大きさになっても排卵されずに卵巣内に多数の卵胞がたまってしまう疾患です。英名の「polycystic ovary syndrome」を略して、PCOSと呼ぶこともあります。

20代〜40代の女性のうち、5〜8%で発症の可能性があるとされ、月経異常や無排卵月経など、不妊の症状に悩む女性も少なくありません(※1)。毎月起こるはずの排卵がなんらかの原因でうまく行われない状態を総称して排卵障害と呼び、多嚢胞性卵巣症候群もその中の一つですが、特に患者数が多い病気です。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因は?

? 疑問

多嚢胞性卵巣症候群の原因ははっきりとは分かっていませんが、内分泌異常と糖代謝の異常が原因ではないか、と考えられています。

内分泌異常

脳下垂体からの指令で、卵胞の発育を促進するLH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)というホルモンが分泌されます。

ですが、指令がうまく働かずLHの分泌が増えてFSHとの分泌バランスが乱れてしまうと、卵胞がうまく発育できなくなり、排卵が起きにくくなると考えられています。

糖代謝異常

すい臓から分泌されるインスリンには、血中の糖濃度を調節する機能がありますが、甘いものを食べすぎるなどして血糖値が高い状態が続くとすい臓が疲弊し、インスリンがうまく効かなくなります。

こうしたインスリン抵抗性が卵巣や子宮などでも起こるようになると、各臓器の働きが悪くなり、多嚢胞性卵巣症候群といった排卵障害や着床障害を引き起こすと考えられています。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状は?

女性 腹痛 具合悪い 悩み 落ち込む

多嚢胞性卵巣症候群の主な症状として以下のものが挙げられます。気になる自覚症状があれば、婦人科を受診しましょう。

稀発月経・無月経

稀発月経と無月経は多嚢胞性卵巣症候群の代表的な症状です。ホルモンが正常に分泌されることで、女性の体には一定の周期で生理が訪れます。しかし、ホルモンバランスが乱れることで、生理周期が39日以上になる「稀発月経」や、生理そのものが来ない「無月経」という状態になります。

無排卵月経

無排卵月経は、月経は来ているが排卵されていない、という状態です。生理不順や無月経と同じで、ホルモンの分泌バランスが乱れることで、うまく排卵が起こっていません。無排卵月経の場合、「基礎体温が低温期と高温期の二相に分かれない」という兆候があり、基礎体温が一定を保ったり、ガタガタになったりするときは注意が必要です。

過多月経

LH(黄体化ホルモン)の分泌以上は、基礎体温を上げ、子宮内膜を厚い状態に維持する作用がある「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の過剰分泌を引き起こします。黄体ホルモンが過剰分泌されると、生理中に出血量が多くなる「過多月経」を引き起こすことがあります。生理痛がひどい場合も注意が必要です。

多毛、にきび、低音声などの男性的特徴

卵胞に含まれる男性ホルモンが血中で増加することによって、男性的な特徴が現れる場合もあります。生理が来ないで、口周りや腕、すねなどに毛が増えたり、にきびが増えたりする場合は注意が必要です。また、稀ですが、声が低くなることもあります。

肥満

肥満も多嚢胞性卵巣症候群の代表的な症状の一つ。肥満になるとインスリンがうまく作用せず、多嚢胞性卵巣症候群を引き起こすと考えられるため、その原因ともいえますね。なかなか肥満が解消されず、稀発月経や過多月経がある場合は、多嚢胞性卵巣症候群の可能性があります。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になると妊娠できないの?

妊娠初期 妊婦

多嚢胞性卵巣症候群は排卵に影響があるので、一般的な女性よりも妊娠しづらく、不妊と診断されることもあります。ただ、排卵障害であっても完全に無排卵なのか、何ヶ月かに1回は排卵しているなど、状況によっても異なります。そのため、多嚢胞性卵巣症候群になると妊娠率がどれくらい下がるかには個人差があります。

生活習慣の改善で排卵を起こしやすくしたり、排卵誘発剤や手術での対処で自然妊娠できたという先輩ママも多くいます。不妊治療での妊娠の可能性もあり、悲観的になりすぎずに、産婦人科医と相談して治療に取り組みましょう。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療法は?

病院

多嚢胞性卵巣症候群の根本的な治療法はまだ見つかっていないため、対症療法として次のような治療に取り組みます(※2)。

排卵誘発剤の利用

不妊につながる排卵の問題に対処するために、クロミフェンなどの排卵誘発剤を投与して排卵を促す治療が行われます。クロミフェンはゆるやかに効果を発揮するタイプの排卵誘発剤で、副作用は比較的軽い反面、効果が出るまで時間がかかることがあります。

排卵誘発剤を使っても排卵が起こらないときには、hMG-hCG療法という注射療法が行われます。この治療法はクロミフェンなどよりも排卵誘発効果は高いのですが、人によっては誘発効果が高すぎて卵巣が腫れたり、お腹に水がたまったりする「卵巣過剰刺激症候群」を引き起こすリスクがあります。

肥満、生活習慣の改善

多嚢胞性卵巣症候群の原因の一つ、血糖値の増加によるインスリン抵抗性を改善することが重要です。BMI≧25を基準とした肥満の症状があるときには、食事などの生活習慣を変えることが治療になります。

ダイエットによって体重を5〜7%減量するだけでも排卵や妊娠確率の改善が見られるため、適度な運動や甘いものの制限などに取り組みましょう。

メトホルミンなどのインスリン抵抗性改善薬の投与

ダイエットなどによる肥満の改善が難しいときなどには、メトホルミンといったインスリン抵抗性改善薬で血糖値を低下させ、卵巣機能を改善して、排卵につなげる、という治療法もあります。クロミフェンとメトホルミンを組み合わせて使うことも多いようです。

腹腔鏡下卵巣多孔術

クロミフェンなどによる排卵誘発剤や肥満の改善でも排卵が起こらないときに、腹腔鏡下にて電気メスやレーザーによって卵巣表面に多数の小さな穴を開けて排卵を促すという手術法を検討します。高確率で排卵が起こるようになることがメリットです。

ほかにも、まずは月経が周期的に起こるように低用量ピルなどのホルモン剤を使うホルモン療法、月経に関係しているエストロゲンやプロゲステロンのホルモン剤を周期に合わせて投与するカウフマン療法などがあります。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の予防法は?

女性 運動 ストレッチ

多嚢胞性卵巣症候群にはこれをすれば大丈夫という予防法はまだありません。しかし前述したように糖代謝と関連が深いのではないかと考えられているため、甘い物が好きで毎日大量に食べている人は控える、肥満にならないよう定期的に運動するなど生活習慣を改めることが予防法の一つです。

東洋医学の考え方では、多嚢胞性卵巣症候群といった各臓器の症状は、気や血の流れの悪化が原因とされます。そのため、根菜類や海藻類、イモ、豆、生姜といったデトックス効果のある食べ物を食べることもおすすめですよ。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は早期発見が大切

カップル 手をつなぐ

多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害が起きていても、治療法によって排卵をコントロールすることもできます。放置することで症状が悪化し、いざ妊娠したいとなった時に長期間の治療が必要だったり、強い薬を使わなければいけなくなったりするのは避けたいですよね。

女性にとって妊娠や出産はライフプランに関わることなので、気になる症状が出ていたら早めに婦人科を受診しましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう