生理で血の塊が出る原因は?レバー状で大きいときは病院へ行くべき?

女性を悩ます毎月の生理。特に経血量が多かったり、急に血の塊が出てきたりして不安になった、という女性は多いようです。実は生理で血の塊が出ることは珍しくないのですが、病気のサインの可能性も。そこで今回は生理でレバー状の血の塊が出る原因や、量が多いとき、大きい血の塊だったときの対処法をご説明します。

生理時に現れる血の塊とは?レバー状なの?

女性 生理 下半身 

排卵日近くになると、女性の子宮内では、妊娠に備えて子宮内膜が厚くなります。しかし、妊娠が成立しなければ子宮内膜は必要なくなるので、剥がれ落ちて血液と一緒に体外へ排出されます。これが生理です。

生理の際に流れ出る血は子宮内膜の組織を含んでいますが、ほとんどは体内にあるうちに酵素の力で溶かされるので、体外に出るときには液状になっているのが一般的です。

しかし、なんらかの理由で子宮内膜の組織が溶かされないまま排出されると、血の塊として出てくることがあります。生レバーのような見た目をしているので、「病気なの?」と心配になってしまいますよね。

生理で血の塊が出る原因は?

女性 寒気 毛布 コーヒー

では、どうして酵素で溶かしきれずに、生理で血の塊が出てしまうのでしょうか?その原因は以下の2つが考えられます。基本的には重大な病気によって現れるものではないので、安心してくださいね。

女性ホルモンの分泌バランスが乱れている

子宮内膜を充実させるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が増えすぎると、子宮内膜が大量に形成されて酵素で溶かしきれなくなることがあります。健康な女性でも、20代後半~30代前半にかけてはエストロゲンの分泌量が多くなりやすいため、血の塊が現れやすい傾向があります。

子宮の血流が悪くなっている

血流が滞って血液自体がドロッとした状態になっていると、溶かしきれずに血の塊となって現れることがあります。子宮の血行不良は、不規則な生活習慣や過度なストレス、不摂生、体の冷えといった様々な要因が重なって引き起こされます。

生理で大きい・大量の血の塊が出たら病院へ行くべき?

注意

健康な女性であっても、生理中に小指の爪ほどの小さな血の塊が2~3回出ることは珍しくありません。この程度なら心配しなくても大丈夫です。

しかし、血の塊が大量に出たり、大きな血の塊が出たり、血の塊が何度も続いたりする場合は注意してください。子宮筋腫や子宮内膜症といった子宮の病気の可能性も考えられます。少しでも違和感があれば、婦人科を受診することをおすすめします。

特に、5cm前後の梅干大の血の塊が出るようなときは病気の可能性が高いので、できるだけ早めに病院を受診してくださいね。

生理時の血の塊と合わせて確認したい症状は?

女性 虫眼鏡 チェック 注意

生理での血の塊が大きい、量が多いなどあれば病気が疑われますが、以下のような症状も合わせて判断するようにしましょう。

子宮筋腫

● 生理時の経血量が多い
● 生理が10日以上続く(過多月経)
● ひどい生理痛、貧血、動機や息切れ
● 頻尿、便秘、下腹部痛や腰痛
● 下腹部のしこり

子宮内膜症

● 生理時の経血量が多い
● 生理痛
● 下腹部痛、腰痛、慢性骨盤痛
● 性交痛
● 排便痛

生理で血の塊が出ると妊娠しにくい?大きいときは?

女性 腹痛 卵巣痛 痛み

基本的に生理で血の塊が出ても、小さい塊であれば妊娠しにくい、ということはありません。しかし、量が多い、大きいなどで子宮筋腫や子宮内膜症といった子宮の病気が見つかったときには、妊娠への影響を気にする必要があります。

ただ、子宮筋腫や子宮内膜症でも妊娠・出産した先輩ママはたくさんいますので、治療法を産婦人科医と相談してくださいね。

生理時の血の塊を予防するには?

運動

血の塊に悩まされているという方は、一度生活習慣を見直してみましょう。ホルモンバランスの乱れや子宮の血行不良は、日々の暮らしの影響を受けやすいといわれています。生活習慣を見直すだけで改善することもありますよ。

冷え対策をする

血行不良は体の冷えが大きな原因。室内でも靴下を履いたり、腹巻をしたりしましょう。特に子宮あたりが冷えないよう下半身を温めるように心がけてください。お風呂もシャワーのみですませず、湯船に浸かるようにするといいですね。

冷え症は不妊にもつながってしまうので、妊娠しやすい体作りのためにも冷えの解消は大切です。

衣類で身体を締めつけない

体をギュッと締めつけるような下着、スキニーパンツのような服装身体を締めつける服装は血の巡りを悪くします。「きつい」と感じることのない、少しゆったりとした服装を選ぶようにしましょう。

適度な運動をする

適度な運動をするのは血行改善に効果的です。ストレス発散にもつながりますよ。激しい運動をする必要はなく、定期的にじっとりと汗をかく程度の軽めの運動を続けているだけで大丈夫です。ウォーキングやヨガ、ストレッチで簡単に体をほぐすのもおすすめです。

ストレス解消を心がける

過度なストレスは血行不良やホルモンバランスの乱れの原因になります。ストレスをゼロにすることは難しいですが、ストレスを解消する時間を設けることが大切です。好きな音楽を聴いたり、友達とおしゃべりしたり、リラックスできる余裕を持ちましょう。

食事の栄養バランスを考える

食事内容は血行にもホルモンバランスにも影響します。できるだけ健康的な栄養バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。また、血行改善に効果のある生姜や根菜類、青魚などを積極的に食べるのもおすすめですよ。

生理時に血の塊が出たら貧血に気をつけて

立ちくらみ めまい 貧血

血の塊が出ているということは、出血量が多いということでもあります。そのため生理中は貧血の症状に気をつけてくださいね。急に体を動かすとめまいがすることもあるので、無理をしないようにしましょう。

日常生活に支障があるようなときには、一度婦人科で診てもらってくださいね。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい