陣痛とは?どんな痛み?始まりの感じ方は?

妊娠期間も長くなり、「もうすぐ赤ちゃんに会える!」と思うとワクワクしますよね。でも、出産時の陣痛による痛みは、どんな妊婦さんでも不安に感じるものです。そこで今回は陣痛について、仕組みやどんな痛みか、痛む場所はどこか、などをまとめました。

陣痛とは?

妊婦 妊娠後期 陣痛 おなかの張り

お産が始まると、子宮は赤ちゃんを押し出すために、規則的な収縮を繰り返します。陣痛とは、この収縮のときに感じる痛みを指します。最初は不規則な痛みやお腹の張りから始まり、次第に規則的な痛みへと変わっていきます。

初産の妊婦さんの中には「陣痛に気づかなかったらどうしよう…」と心配する人もいますが、段階的に痛みが強くなり、波のように痛みが来たり収まったりを繰り返すので、知識があれば必ず気づくことはできます。安心してくださいね。

陣痛の仕組みは?

お腹 妊婦 クエスチョン はてな ?

陣痛が起こるメカニズムははっきりしていませんが、胎盤の寿命により妊娠を維持する黄体ホルモンが減少すること、子宮の中で赤ちゃんの位置が下がることによって、子宮収縮を促すホルモン「オキシトシン」が分泌されて陣痛が引き起こされるのではないかといわれています。

また、赤ちゃんの脳から分泌されたホルモンによって陣痛が始まるという説もあります。陣痛は、赤ちゃんが生まれたいと思ったときに起こるのかもしれませんね。

陣痛の始まりの痛み方は?

女の子 ルーペ 公園 緑

臨月に入ると、産婦人科医から「陣痛が始まったら痛みの間隔を計って、10分間隔になったら病院に連絡してくださいね」などと指示があることが多いようです。この産婦人科医が指示する陣痛とは、「本陣痛」のことを指し、本陣痛の前には「前駆陣痛」という体調の変化が始まります。陣痛の始まりともいえる前駆陣痛と本陣痛の違いを押さえておきましょう。

前駆陣痛

前駆陣痛は赤ちゃんの通り道である子宮の下部や子宮頸管の動きを柔らかくしておくための痛みです。痛みは陣痛に比べるとそれほど強くなく、規則的でもありません。また、前駆陣痛の後にすぐ本陣痛が起こり、出産、という妊婦さんもいれば、変化を感じてから本陣痛まで数日かかる妊婦さんもいます。前駆陣痛を感じたときは慌てず、「そろそろ出産が近づいているな」と心構えをしておきましょう。

本陣痛

本陣痛とは、正式には分娩陣痛といいます。子宮口が広がり、子宮が強く収縮するため激しい痛みをともないます。本陣痛は、それまでのおなかの張りや前駆陣痛とは明らかに違い、規則的な痛みを感じ、どんどん間隔が短くなり、その痛みも強くなっていきます。この陣痛間隔を計ることで、出産タイミングが近づいているかどうかがわかります。

初産の方は、前駆陣痛なのか本陣痛なのかはわかりにくいもので、「これが陣痛かな?」と思っても、しばらくは様子を見て、痛みの長さや間隔を記録しておきましょう。「本陣痛が始まった!」と思って産婦人科に行っても子宮口が開いておらず、一度自宅に帰らされた、という話もよく聞きますよ。

陣痛はどんな痛み?

出産

陣痛の痛みは個人差も大きいのですが、一般的には前駆陣痛から本陣痛にかけて、不規則な痛みやお腹の張りから始まり、次第に、強くて規則的な痛みに変化していきます。

例えば前駆陣痛では、「お腹を下したときのようなゴロゴロ、シクシクした痛み」「生理痛のような痛み」だったものが、本陣痛は「下腹部がぐっと締め付けられる、激しい痛み」「立てないくらいの痛み」を感じるようになります。

ただ、痛みが引いたタイミングでは体を動かすこともできるので、痛みが収まったときに産婦人科に連絡をするようにしましょう。

陣痛の痛みを感じる場所は?

陣痛 妊婦 臨月

前駆陣痛から本陣痛へとお産が進むにつれ、痛む場所や痛み方も少しずつ変化します。

お産の始まり

お産が始まったばかりの頃は、下腹部をギューッと締め付けられるような痛みが起こります。軽い生理痛のような不規則な痛みから始まり、しだいに強く規則的に痛むようになります。

お産の中頃

お産が進んで赤ちゃんが下がってくると、骨盤が押し広げられるため、腰や足の付け根、太ももがギリギリと痛むようになります。腰が割れるように痛いと表現するママもいます。

出産直前

いよいよ赤ちゃんが生まれるという直前には、出てくる赤ちゃんの頭に押され、膣口周辺が痛みます。この時の痛みは排便時の痛みと似ているので、思わずいきんでしまいそうになりますが、子宮口が全開になるまではいきみを我慢する必要があります。

陣痛の痛みに関する体験談

陣痛 出産 分娩 分娩台

赤ちゃんが産道を通る痛みのピークのことを「鼻からスイカがでるくらい痛い!」とは、出産時の痛みの例えでよく聞きますよね。先輩ママたちも、陣痛の痛みでは様々なことを体験したようです。

痛みを感じて「これが陣痛でしょ!」と思って産婦人科に行ったのに、子宮口が開いていなくて自宅に帰ることに。本当の陣痛は痛みがすごくて、たしかに違ったな、と思いました。

ハンカチを強く握りしめて、陣痛の痛みをじっと動かずに我慢していました。痛みが過ぎると、なんともなかったかのように私が動き回るので、夫はびっくりしていました。

腰や肛門、背中が全部痛かったです。夫がさすってくれるのですが、見当違いなところばかり触るので、途中で「そこじゃない!」と怒鳴ってしまいました。

「痛いよー、痛いよー」とずっと言い続けて喉もカラカラ。電話が可能な場所で夫が実家に連絡をしてくれたのですが、痛みが強くて、「早く戻ってきて!」と叫んでいました。

キックボクサーに10時間くらい思い切りお腹を蹴り続けられているような痛みでした。

赤ちゃんの頭が出てきた瞬間は、まるでボーリングの玉を無理矢理ひねりだした感じでした。産後は、本当に爽快感でした。

男性だったら気絶してしまう、ともいわれる陣痛の痛み。でも出産後には可愛い赤ちゃんに出会えて「痛みのことはどうでもいい!」と思う先輩ママさんがほとんどですよ。出産まであともう少し。お腹の中に赤ちゃんがいる幸せも噛み締めながら、出産準備を進めていきましょうね。

陣痛の痛みの間隔は?

病院 妊婦 妊娠後期

陣痛は、お産の始まりから終わりまで、ずっと同じように痛いわけではなく、子宮の収縮に合わせて、痛いときと痛くないときを誕生の瞬間まで繰り返します。「陣痛の間隔」とは、痛みのピークから次のピークまでの時間のことをいいます。

そして、陣痛の間隔が10分おきになった頃が、病院に連絡する目安。痛みが始まったなと思ったら、痛むタイミングをメモや陣痛アプリなどに記録し、間隔を計るようにしましょう。ただし、産婦人科が遠い妊婦さんや経産婦、既往症などがある際には、もう少し長めの間隔を指示されることもありますので確認してくださいね。

陣痛は徐々に痛みが変化し、慣れも出てくるもの

出産 新生児

「陣痛は痛い」といっても、最初から大きな痛みに襲われるわけではありません。お産が進むに連れて少しずつ痛みが強くなるので、慣れも出てきます。痛みにばかり気を取られているとパニックになってしまいますので、リラックスして過ごしたいですね。陣痛に合わせた呼吸法を学んで、パートナーと一緒に出産を乗り越えましょう。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい