陣痛でも子宮口が開かない原因は?開く方法はあるの?

記事監修 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 続きを読む

臨月に入ると「いよいよお産!」という気分が高まりますよね。陣痛が始まり、自然と子宮口が開いてくればスムーズにお産も進んでいきますが、なかなか開かずに陣痛に耐える時間が長くなる妊婦さんもいます。今回は、妊婦さんが少しでもお産を安心して迎えられるように、子宮口が開かない原因や、開くための方法などをご説明します。

子宮口が開くとはどういうこと?

陣痛 出産 

子宮口から腟、外陰部へと続く部分は「軟産道」と呼ばれ、お産のときの赤ちゃんの通り道となります。

陣痛が起きて子宮が収縮すると、ホルモンの分泌により軟産道付近の筋肉がやわらかくなり、それにともなって子宮口が開き始めます。

子宮口は、お産が始まる直前には7~10cm程度まで開き、赤ちゃんが通りやすくなります(※1)。

子宮口の開き方とお産の関係は?

妊婦 部屋 窓 穏やか リラックス

陣痛が来てから、お産が進むにつれて、次のように子宮口が開いていきます。

前駆陣痛・本陣痛

痛みを感じる波が不規則な段階は、「前駆陣痛」です。痛みの間隔が規則的になり、10分程度になったら「本陣痛」です。

一般的に、陣痛の間隔が10分おきくらいになると、子宮口は3cmほどに開きます。

分娩第一期(開口期)

本陣痛の間隔が10分以内になり、子宮口が全開大(約10cm)になるまでの期間が「分娩第一期」です。

初産婦で10〜12時間、経産婦で4〜6時間が所要時間の目安です(※1)。ただし、子宮口の開き方には個人差があるので、もっと短い人もいれば、12時間以上かかる人もいます。

分娩第二期(娩出期)

子宮口が全開大になったら、いよいよ分娩台に上がります。

ここから赤ちゃんが生まれるまでにかかる時間の目安は、初産婦で1.5~2時間、経産婦で0.5~1時間(※2)。助産師からのアドバイスに合わせて、いきんだり、いきみを止めて短い呼吸に切り替えたりします。

分娩第三期(後産期)

赤ちゃんが生まれてから胎盤が出るまでの時期を「分娩第三期」といいます。しばらくは胎盤を押し出すための「後産陣痛(後陣痛)」があり、軽い子宮収縮が起こります。

陣痛がきても、子宮口が開かない原因は?

? 疑問

一般的には、お産が進むにつれて子宮口が開いてくるものですが、なかには軟産道の筋肉がやわらかくならず、お産がスムーズに行かない人もいます。この状態を「軟産道強靭」といいます。

軟産道強靭には、次に挙げるようにいくつかの原因があると考えられています(※1)。

● 子宮下部に筋腫がある
● 子宮頸部円錐切除術などによる手術跡がある
● 子宮下部から頸管、腟管にかけて熟化が不十分である

特に、子宮頸管の熟化が不十分で伸びが悪いと、子宮が全開大になるまでの「分娩第一期」の時間が長くなります。年齢が高い初産婦の場合、熟化不全が見られやすいとされていますが、その原因ははっきりとわかっていません(※1,3)。

軟産道強靭の影響でお産が長引くと、妊婦さんの体力が落ちてしまうだけでなく、微弱陣痛になってしまったり、逆に過強陣痛を引き起こしたりする可能性もあります。

子宮口が開かないときに、治療で開く方法は?

出産 手術 分娩 

軟産道強靭により、分娩が滞ってしまうと、母体にも胎児にも命の危険が及ぶリスクがあるため、原因と状況にあわせて次のような治療法が選択されます(※1,3)。

バルーンなどの挿入

子宮頸管がなかなかやわらかくならず、子宮口の開きが十分ではない場合、「ラミナリア」などの頸管拡張剤や、「メトロイリンテル」というバルーンを挿入することがあります。

陣痛促進剤の投与

陣痛は来たものの、子宮口がなかなか開かない、または陣痛が弱まってしまい、お産が長引いている、といった場合には、プロスタグランジンなどの陣痛促進剤(子宮収縮薬)を投与することがあります。

ただし、薬の副作用で過強陣痛が起きると、子宮破裂や胎児機能不全などが引き起こされるリスクもあるので、医師が母体と胎児の状態を慎重に見ながら投与します。

帝王切開

子宮口を開く方法ではありませんが、微弱陣痛が長く続いていたり、お産が長引いて胎児機能不全を起こしている場合には、緊急帝王切開を行い、できるだけ早く赤ちゃんを外に出します。

子宮口を自分で開く方法はあるの?

妊婦 運動 ヨガ

子宮口をスムーズに開くには、硬くなった産道の筋肉を、赤ちゃんが通りやすいようにほぐしてあげることが効果的です。

医師や助産師さんにもやり方を確認しながら、無理のない範囲で次のような方法に取り組んでみましょう。

積極的に体を動かす

陣痛が来たあとも、動ける余裕があるうちは、家や病院の中を歩いたり、階段の上り下りやスクワットをするなど、股関節をやわらかくする動きをすると効果的です。

腰痛があるときには無理をせず、あぐらをかいて座った状態などで、ストレッチをするのがおすすめです。

体を温める

体が冷えると血行が悪くなり、筋肉が硬直してしまいます。

妊娠中でも飲める種類のハーブティーを飲んだり、ひざ掛けを使ったりして下半身を温め、強張った体の筋肉をできる範囲でほぐしてあげましょう。

できる限りリラックスする

お産に向けた緊張により、知らず知らずのうちに体に力が入ってしまうと、子宮口がなかなか開かないこともあります。できるだけリラックスを心がけましょう。

陣痛の痛みでなかなか落ち着けないかもしれませんが、付き添ってくれている家族や助産師さんと話したり、もうすぐ会える赤ちゃんのことを想像したりすることで、心身の緊張をほぐすように意識できるといいですね。

子宮口が開かないときも、落ち着いて

妊婦 リラックス 公園

陣痛が来たのに「なかなか子宮口が開かない」と医師や助産師から言われると、焦ってしまうかもしれませんが、お産には必ず終わりがあります。赤ちゃんと対面できる瞬間を楽しみに、落ち着いて臨みましょう。

お産には体力が必要なので、ずっと緊張したままの状態では疲れてしまいます。いざ分娩、というときにうまく力を入れたり抜いたりできるよう、自分がリラックスできる呼吸の仕方を、妊娠中から練習しておくと安心ですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう