吸引分娩とは?障害や後遺症のリスクはあるの?

お産には、さまざまなトラブルがつきもので、思い描いていた通りに進まないこともよくあります。分娩をスムーズに進めるための「吸引分娩」という方法も、そういったトラブルが起きたときの対処法のひとつ。しかし、一体どんな状況で、どういう方法で行われるのでしょうか?今回は吸引分娩の方法やリスクについてご紹介します。

吸引分娩とは?

出産 手術 分娩 

吸引分娩とは、お産で赤ちゃんがなかなか出てきてくれない場合に、シリコンもしくは金属製のカップを赤ちゃんの頭につけて、吸引圧をかけて体全体を引き出す分娩方法です。

このように介助が必要な分娩としては、他にも「鉗子分娩」があり、こちらは大きなスプーンのような形をした鉗子で赤ちゃんを引き出します。

吸引分娩をするのはどんなとき?

疑問 クエスチョン

普段は指二本ほどしか入らない産道が、分娩時には赤ちゃんの頭の大きさに合わせて10cmまで開きます。ただし、この産道が開き切らないために、赤ちゃんが引っかかり、お産が滞ってしまう場合があります。

お産が滞ってしまうと、母体にも赤ちゃんにも影響が出る可能性があるため、吸引分娩のようなサポートが必要になります。吸引分娩を行うための条件には、次のようなものがあります。

吸引分娩の条件

・子宮口が全開になっている
・赤ちゃんの頭が見えるくらいまで下降してきている
・破水している
・児頭骨盤内不均衡がない
・すぐに帝王切開に切り替えられる状況にある

これらの条件を満たした上で、下のような場合に吸引分娩が行われます。

吸引分娩が行われる状況

・子宮口が全開になったのに、赤ちゃんが降りてこない場合
・微弱陣痛などでお産が進行しない、あるいは途中で止まってしまった場合
・赤ちゃんの回旋異常で、下がってこない場合
・胎盤機能不全で赤ちゃんの心音が急激に低下した場合
・母体の健康上、いきむことがリスクが高いと判断される場合

これらの分娩状況のほか、医師が妊婦さんの体力の消耗具合を見ながら、吸引分娩が必要かどうかを判断します。一般的に、吸引分娩でも赤ちゃんが下がってこない場合は鉗子分娩を行い、それでも分娩できないと帝王切開をするという流れで進みます。鉗子分娩を行わず、吸引分娩からすぐに帝王切開となるケースも多いようです。

吸引分娩のリスクは?障害や後遺症は出ない?

女性 悩み 不安

吸引分娩は、赤ちゃんをいわば強引に引き出すことになるため、まれに母体や赤ちゃんに次のような影響が出る場合があります。

母体への影響

・会陰裂傷
・腟壁裂傷
・頚管裂傷
・尿道膀胱裂傷

会陰や産道、尿道、膀胱が裂けてしまう現象です。場合によっては医師がわざと少し切ることで、裂傷を和らいでこともありますが、切られたときには陣痛の影響もあって痛みを感じることはほとんどありません。

ただ、お産が終わったあとで腫れて痛む場合があります。

赤ちゃんへの影響

・分娩損傷
・産瘤が大きくなる
・頭血腫
・帽状腱膜下出血
・頭蓋内出血
・黄疸

頭に圧力がかかることで、頭に大きなふくらみができて、頭の形が変わったり頭に血が溜まって血腫ができたりする場合があります。それらは、そのあと自然に消えるので心配はありません。

まれに頭蓋骨の中で出血することもあり、その場合に障害や後遺症が出る可能性はゼロではありません。しかし、最近では吸引分娩の技術も進歩していて、障害や後遺症が残る可能性は少なくなってきているといわれているので、過度な不安を抱かないようにしましょう。

吸引分娩を回避する方法はあるの?

陣痛 出産 分娩 分娩台

吸引分娩は母体や赤ちゃんへの影響がゼロとは言い切れないため、できればしたくないというママも多いかと思います。吸引分娩以外の方法をいくつかご紹介しますが、母体と赤ちゃんの状態を見て医師が判断するため、自由に選べるわけではありません。

バルーン

バルーンとは、赤ちゃんがなかなか出てこない場合に使われる、分娩を促す方法のひとつです。具体的には、「メトロイリンテル」というゴム風船のような医療器具を子宮内に入れ、水を注入し、子宮口を広げて分娩を促します。

陣痛促進剤

陣痛促進剤には、子宮収縮を促す「オキシトシン」もしくは「プロスタグランジン」というホルモンが含まれており、名前の通り陣痛を促進させます。

赤ちゃんが産道まで降りてくるのに不可欠な陣痛が弱い場合に、陣痛促進剤で強制的に陣痛を引き起こすことで、分娩を促すことができます。

クリステレル胎児圧出法

クリステレル胎児圧出法とは、妊婦さんの腹部を強く圧迫し、赤ちゃんがスムーズに出てこられるようにする方法です。通常は助産師が分娩台に乗り、妊婦さんにまたがった形で腹部を圧迫し行います。

ただし、緊急的な処置としての有効性は認められているものの、子宮破裂や常位胎盤早期剥離を引き起こすリスクもあります(※1)。

ラミナリア悍

ラミナリア悍とは、海藻からできた棒状の医療器具です。これを子宮に入れると、子宮内の水分を吸収して、ゆっくりと膨張します。これによって子宮口が広がり、分娩を促すことができるのです。

吸引分娩になっても大丈夫なように、心の準備を

女性 本 知識 勉強

分娩では、なによりも赤ちゃんと母体の安全が優先されます。どんなに妊娠期間を順調に過ごしていても、いざ分娩の際には状況に応じて最適な方法がとられます。

そのため、分娩の際にどんな方法をとるのかを事前に知ることは難しいですが、何があっても冷静に対応できるように、知識をつけて心の準備をしておきたいですね。バースプランを書いて、医師としっかりと話しておくことも大切ですよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう