おしるしがきてもお風呂に入れる?陣痛の後にシャワーは?

入浴には、血行促進効果やリラックス効果があるため、長風呂が好きな妊婦さんも少なからずいると思います。しかし、臨月に入っておしるしがあった場合、その後、入浴していいものかと悩んでしまいますよね。今回は、臨月におしるしが来た後も、お風呂に入っていいのかという疑問についてお答えします。

そもそもおしるしとは?

グッズ 赤 布 おしるし

お産が近づくと、子宮口が少しずつ開いていきます。すると、子宮の入口に蓋をしていた「粘液栓」と呼ばれるゼリー状のものが剥がれます。粘液栓が子宮頸管の粘液と混ざって外に出てきたものが、おしるしです。

おしるしは、医学用語では「産徴」(さんちょう)と呼ばれていて、出産が近い合図です。ただし、おしるしが来たからといって、すぐに陣痛が始まるわけではありません。一般的に、おしるしが来てから数日以内に、陣痛が起こりますが、陣痛が始まるまでの時間には個人差があります。おしるしから1週間以上、陣痛が来なかったという人もいます。

おしるしが来たら、まずは生理用のナプキンをあてて落ち着き、産婦人科に連絡をして指示を仰ぎましょう。

臨月におしるしが来ても、お風呂に入っていいの?

女性 入浴 お風呂

おしるしがきた後に、お風呂やシャワーに入っても問題ありません。卵膜が破れて起こる破水は、破れたところから雑菌が入らないように注意しなければいけないのですが、おしるしであれば、その心配をする必要がありません。

赤ちゃんを産んだ後は、シャワーを浴びられるまでに2~3日、お風呂に浸かれるまで1ヶ月ほどかかります。今のうちにゆっくり入浴して、リラックスしておきましょう。

また、妊婦さんの体が冷えていると陣痛が起こりにくいので、湯船につかって体を芯から温めるといいですよ。

臨月のおしるしの後に、お風呂に入るときの注意点は?

妊婦 子供 注意

おしるしが来た後に、お風呂に入るとなると、それなりの準備が必要です。大変かもしれませんが、あと少しで産まれてくる赤ちゃんのためだと思って、以下のことに注意して入浴してください。

長風呂や熱いお風呂は避ける

出産は体力を消耗します。陣痛が10分間隔になってから出産を終えるまでの分娩所要時間は、初産だと12時間前後、経産婦だと8時間前後が平均だといわれています。「そろそろお産が近づいたよ」という合図であるおしるしが来てからは、長丁場の出産に備えて体力を温存しておきたいところです。

1時間以上など長時間の入浴や42度以上の熱いお風呂は、必要以上に体に負担をかけるので、控えてくださいね。

水分補給をしっかりする

お風呂に入ると体温が上がり、汗をかきやすくなるので、水分補給が大切です。妊娠中は、お腹まわりの脂肪が増えたり、代謝がよくなったりするので、もともと汗をかきやすい状態になっています。

お風呂に入る前と、お風呂から上がった後に、それぞれコップ1杯分の水を飲むように心がけましょう。

転倒に注意する

「出産後はしばらくお風呂に入れないから、今のうちに入っておこう」と急いで入浴しようとすると、足元への注意を怠り、転倒してしまう恐れがあります。また、浴槽を出入りするときは、バランスが崩れやすいので要注意です。

お風呂に入るときは、まずは浴室の床が滑りやすくなっていないか、洗い桶やせっけんなど足を取られやすいものが落ちていないかを確認しましょう。そして、浴槽に入るとき、出るときは、手すりや浴槽のせりを両手でしっかりつかむようにしてください。

おしるしが来ると「もうすぐ出産だ」と思って焦ってしまうものですが、慌てず、ゆっくり行動するようにしましょう。

すぐに助けを呼べるようにしておく

家に誰かいるときに入浴するようにすると、問題が起こっても、すぐに助けを呼ぶことができます。もし、自分一人しかいないときに、お風呂に入らないといけない場合は、浴室の入り口付近に携帯電話を置いておきましょう。何かあっても、病院への連絡が迅速にできて、安心ですよ。

陣痛が来た後に、お風呂に入ってもいい?破水の後のシャワーは?

疑問 女性 クエスチョン 謎 はてな

おしるし以外で、気になるのが陣痛と破水。それぞれ体で起こっていることが違うので、その後の対処も変わってきます。

陣痛が来た場合

産後はしばらくお風呂に入れないからといって、陣痛が来た後に、お風呂に入る妊婦さんも少なからずいます。しかし、陣痛は出産が間近に迫っている証です。もしかしたら、入浴中に、急に分娩が始まってしまうかもしれません。

本陣痛が来たら、万全を期して、お風呂に入らないようにしておいた方がいいでしょう。どうしても入りたいという人は、陣痛間隔がまだ20分以上あって痛みが治まったあとに、さっとシャワーだけ浴びてください。

破水した場合

破水は、羊水が入った卵膜が破れて起こり、破れたところから雑菌が入る恐れがあります。したがって、破水した後は、お風呂に入らないでください。

破水が起こると、赤ちゃんを守っている羊水がどんどん失われていくので、すぐに病院に連絡しましょう。

臨月のおしるし後のお風呂は、無理せず自分のスタイルで

女性 入浴 リラックス お風呂

出産を目の前に控えた臨月は、何をするにしても「大丈夫なのかな?」と心配になってしまうかと思います。ましてや、おしるしが来た後だったら、なおのこと。

おしるしの後に、お風呂に入るのに抵抗があるのなら、無理に入る必要はありません。嫌々入浴する方がストレスになり、出産に悪影響を及ぼしかねません。お風呂の代わりに、温めたタオルで体を拭くというのも、ひとつの手です。

おしるし後に入浴するときは、安全面と健康面に注意してお風呂を楽しみましょう。入浴中に何か問題が起こっても、落ち着いて対処することが肝心ですよ。

最新情報をお届けします

あわせて読みたい