妊娠糖尿病とは?原因と症状、治療法、予防法は?入院は必要なの?

妊娠すると体調が大きく変化し、妊娠前には考えられなかったトラブルに見舞われることがあります。そのなかでも注意したいのが「妊娠糖尿病」。「体重が増えすぎないように注意していたのに、まさか糖尿病なんて…」と驚く人もいますが、妊娠中は誰でも発症しやすくなるものなんです。今回は、妊娠糖尿病の原因と症状、治療では入院が必要なのか、予防する方法や産後への影響についてもご説明します。

妊娠糖尿病とは?

妊婦 妊娠後期 フルーツ ジュース スムージー

妊娠糖尿病とは、妊娠の影響で発症する糖代謝異常の一種です。妊娠中に初めて発見・発症したもので、糖尿病には至らない軽度のものを指します。妊娠中に判明した糖代謝異常が重度の場合は、「妊娠中に診断された明らかな糖尿病」として区別されます。また、妊娠前に糖尿病と診断されていた人が妊娠した場合は「糖尿病合併妊娠」と呼ばれます。

妊娠糖尿病の発症率は約12%で、今まで糖尿病とは縁がなかった人でも発症することがあります(※1)。妊娠糖尿病は軽度なので産後には元通りになるものではありますが、産後に糖尿病を発症しやすくなるといわれているので注意が必要です。

妊娠糖尿病の原因は?

お菓子 マカロン おやつ

妊娠糖尿病は、妊娠して血糖値が上がりやすくなることが大きな原因です。お腹の赤ちゃんはブドウ糖をエネルギー源に成長するので、ママの体は赤ちゃんにブドウ糖を優先的に供給するように変化します。食べ物から取り込んだブドウ糖は膵臓から分泌されるインスリンというホルモン作用して体に取り込まれてエネルギーになりますが、妊娠するとインスリンの働きを抑えるホルモンが胎盤から分泌されてブドウ糖は取り込まれにくくなり、胎盤を通じて赤ちゃんへと流れていくのです。

妊娠中は血液中のブドウ糖が分解されにくくなるので、そのときに甘いものをたくさん食べると血糖値が急増してしまうのです。また、はっきりしたことはわかっていませんが、インスリンを抑えるホルモンが過剰に分泌されてブドウ糖をさらに分解しにくくなることもあります。

妊娠糖尿病になりやすい人は?

離乳食 注意

以下に該当する方は妊娠糖尿病を発症しやすいので、ご注意ください。

● 糖尿病の家族・親族がいる
● 肥満
● 妊娠中に体重が急増した
● 35歳以上の高齢出産
● 巨大児を出産した経験
● 尿糖で頻繁に陽性が出ていた
● 妊娠高血圧症候群

妊娠糖尿病の症状は?母体や胎児への影響は?

危険 看板 テープ 注意

妊娠糖尿病に自覚症状はほとんどありません。喉が渇きやすくなったりトイレが近くなったりすることもありますが、妊娠に伴って起こる症状と似ているので、見分けることはです。

ただし、自覚症状がなくても、母体や胎児に悪影響を及ぼすことは覚えておきましょう。悪化すると、妊娠高血圧症候群や流産・早産を引き起こしやすくなったり、胎児発育不全や胎児機能不全を起こす可能性が高まります。また、先天的な奇形、高ビリルビン血症が現れる場合もあります。赤ちゃんが大きくなり過ぎて難産になったり、出生後に新生児低血糖を引き起こすリスクもあるので、自覚症状がないからと安心せずに早期発見・早期治療を心がけましょう。

妊娠糖尿病に気づく方法は?どんな検査でわかる?

頭痛 原因

妊婦健診では妊娠糖尿病を防ぐために血糖値を測定します。妊娠初期の段階で血糖値を測定し、100mg/dl以上なら要注意です。妊娠糖尿病が疑われるので、75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)と呼ばれる検査で、糖分接種後の血糖値の変化を調べます。

75gOGTTで、以下3つのうち1つでも満たした場合に妊娠糖尿病と診断されます。数値を大きく超える値が出たら、「妊娠時に診断された明らかな糖尿病」に当たります(※2)。

1. 空腹時血糖値 ≧ 92mg/dl
2. 1時間値 ≧ 180mg/dl
3. 2時間値 ≧ 153mg/dl

妊娠初期に血糖値が適正だった方でも、妊娠中期・後期はインスリンの機能がさらに弱まるので注意が必要です。

妊娠糖尿病の治療法は?入院が必要なの?

飲食 果物 野菜 

妊娠糖尿病の治療は、血糖値を厳しく管理する食事療法と運動療法から始めます。食事療法では、3大栄養素である「糖質」「たんぱく質」「脂質」のうち、食後の血糖値を上げやすい糖質を過剰摂取しないように気をつけます。また、運動療法は無理のない範囲で体を動かします。

食事療法

● 糖分を減らし、栄養バランスのよい食事を心がける
● ご飯やパン類、穀物類など、糖質に変わる炭水化物の摂取量を抑える
● 決められた1日の摂取カロリーを守る
● スポーツ飲料などの飲み物や果物も取り過ぎないようにする

運動療法

● 食後に30分程度のウォーキングをする
● マタニティヨガ、マタニティビクス、マタニティスイミングなど妊婦さん向けの運動を始める。

食事や運動であまり改善が見られなければ、血糖値をコントロールするためにインスリンが投与されます。通院での治療が一般的ですが、75gOGTTの数値が基準を大きく超えるときは、数日~1週間程度の管理入院が必要になることも。

妊娠糖尿病は産後にも影響するの?

生活リズム

妊娠糖尿病は、胎盤から分泌されるインスリンを抑えるホルモンが影響しているので、ほとんどの場合、出産後に胎盤が排出されると自然治癒します。妊娠糖尿病と診断された人は、産後に血糖値が元に戻っているか、きちんと検査をしましょう。

また、一度妊娠糖尿病を発症した人は、将来的に糖尿病になりやすくなるといわれています。ある研究では、産後の糖尿病発症する確率は7倍以上になるという報告も(※3)。産後も生活習慣に気をつけながら、糖代謝異常を起こしていないかを定期的に検査することをおすすめします。

妊娠糖尿病を予防するために

イメージ 手の平 朝日 希望

妊娠糖尿病を予防するには、普段からバランスのとれた食生活で、適度な運動をしておくことが大切です。妊娠中は様々なトラブルが重なって大変ですが、食生活と運動の習慣は安産にもつながるので、規則正しい生活を心がけてくださいね。

※1参考文献: 日本糖尿病・妊娠学会「糖尿病と妊娠に関するQ&A ●妊娠中の注意点」※2参考文献: 日本糖尿病学会「科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013 16 妊婦の糖代謝異常」※3参考文献: 日本糖尿病・妊娠学会「糖尿病と妊娠に関するQ&A ●産後の注意点

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい